待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

グラグラグラッと大きく揺れました。

週明けの月曜日、7時58分に地震発生。またあのイヤな揺れです。スマホは「地震です、地震です」と連呼。リビングではガシャーンと食器の割れる音や、何かが倒れる音が。阪神大震災の記憶が頭をよぎり、心臓がパクパクします。

揺れが収まり、テレビをつけようとしたら電気が止まっていました。呆然としていたら、LINEの通知音が次から次に鳴っています。ほどなく電気は復旧し、ライフラインは正常に戻りました。午前中は、ほぼ電話やLINE対応に追われ、気が紛れて良かったかも。有難いことです。

同じ北摂でも地域によっては阪神大震災の時より大きな被害が出ているようです。まさに「災害は忘れた頃にやってくる」です。必要なものをリュックに詰めて、いつでも持ち出せるよう玄関に置きました。また、お風呂に水を張り断水に備えています。懐中電灯も準備OK。

あっ、今も余震が・・・ホント怖いですわ~~~ 今日も明日も予定キャンセルして家に篭ります。

| ◇大阪 | 00:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

生駒山ぬかた園地 あじさい園

そろそろ見頃かと、梅雨の晴れ間に生駒山へ。この時期、毎年ハイキングの予定を立ててみるものの、雨天に阻まれ一度も実現していません。この日は時間の都合で、生駒山上まで車で。

一応ハイキングの装備で出掛けるも、駐車場から近道を歩くと15分ぐらいであじさいプロムナードに到着。残念ながら、まだ蕾も多くて色づきは三分ほど。見頃まであともうちょっとでした。

2018 生駒山1

2018 生駒山2

2018 生駒山3

2018 生駒山4

2018 生駒山5

2018 生駒山6

2018 生駒山7

帰りはあじさい新道を通って生駒山上遊園地経由で駐車場へ。平日のお昼間とあって訪れる人も少なく、静かな遊園地に陽が降り注いでいました。

2018 生駒山8

| ◇大阪 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

久宝寺緑地 シャクヤク園

ゴールデンウィーク最後の日、早めに家を出て久宝寺緑地へ。近畿自動車道の八尾インターを下りた側道沿いという抜群のアクセスで、千里から30分で到着。前からずっと来たかったシャクヤク園です。

syakuyaku2018表syakuyaku2018裏

2,300㎡の敷地に51品種、約1,600株。思ったより規模は小さいけれど、品種が多くて見ごたえあります。それにさすがボタン科、ふんわりと高貴な香り♪ 見どころは肥後シャクヤク。一重咲きで黄金色のおしべが大きい凛とした清楚なこのシャクヤクは、平成2年の花博まで門外不出だったとか。名前も素敵です。

2018 久宝寺緑地1

2018 久宝寺緑地2

2018 久宝寺緑地3

2018 久宝寺緑地112018 久宝寺緑地5

2018 久宝寺緑地6

2018 久宝寺緑地7

2018 久宝寺緑地8

2018 久宝寺緑地9

大事に育てられたお花を見ていると優しい気持ちになりますね。いつまでも何度でも見ていたいけれど・・・日差しが暑い

| ◇大阪 | 23:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ふたたび天野山金剛寺、そして観心寺へ

まあまあにしつこい性分かもしれません。でも、好きだから仕方ない。ずっと、ずーっと観ていたい、国宝 大日如来坐像と脇侍の不動明王坐像と降三世明王坐像。金堂落慶記念 特別拝観の最終日、天野山 金剛寺へ。

2018 金剛寺

2018 天野山 金剛寺7

ついでに天野山八十八ヶ所巡りを。ステンレスの手すりがついて足元も安心、所要時間は30分。未明までの雨にしっとり潤った森林に癒されながら登り始めて、ふと顔を上げると・・・ところどころに赤い木が。鳥居の朱色よりもさらに赤い、それは血潮のような赤。なんだか神秘的な光景です。

2018 金剛寺2

2018 金剛寺3

檜皮を剥いだ直後は幹が赤いと後で知りました。昼食を挟んで、観心寺へ。今日はご本尊 国宝 如意輪観音菩薩像の年に2日間だけの御開帳日。豊満で肉感的な仏さまと紹介されることが多いけれど、全然違う印象だったのは発見であり感動でもありました。

2018 観心寺

| ◇大阪 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

祝!新国宝 天野山金剛寺 & 観心寺

大阪 南河内の天野山金剛寺では、平成21年から始まった300年振りの平成大修理が完成。その間、御本尊の大日如来と不動明王は京都国立博物館、降三世明王は奈良国立博物館へ。この度、ようやく三尊がお揃いになりました。

2018 天野山 金剛寺1

2018 天野山 金剛寺2

2018 天野山 金剛寺3

2018 天野山 金剛寺4

2018 天野山 金剛寺5

2018 天野山 金剛寺6

2018 天野山 金剛寺7

御本尊の大日如来は昨年、日月四季山水図 六曲屏風(非公開)は今年国宝に指定されたばかり。美しくなった金堂で三尊が間近で拝観できるのは4/18まで。

河内長野駅前で昼食後、天野酒のお店を覘いて、観心寺へ。

2018 観心寺1

2018 観心寺2

2018 観心寺3

2018 観心寺4

| ◇大阪 | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大阪天満宮 梅まつり

日差しがポカポカと暖かいある日、天満の天神さんへ。参集殿で開催中の盆梅と盆石展は、今年一番の春の香り。最後に名物・梅ノ木餅をいただきます。

天神さん1

天神さん2

天神さん3

天神さん4

| ◇大阪 | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

箕面山瀧安寺 辯財天秋祭り

急に秋めいてよく晴れた連休最後の日、朝からいつものように箕面の滝道を歩きます。大滝の前は若干人出も多め。

箕面龍安寺

あまりに気持ちいいので、回り道しようかと思ったら倒木のため通行止め。また来た道を戻ります。すると、箕面市PRキャラクター・滝ノ道ゆずるくん発見!

箕面龍安寺箕面龍安寺

今日は瀧安寺 辯財天秋祭りというので、参加してみることに。こちらは日本で最も古い山嶽修行地の一つで、役行者が大滝で悟りを開き弁財天をお祀りしたのが起源とか。しかも江戸時代に流行った宝くじの一種・富くじ発祥の地。その昔、『箕面富』の福を求めて大いに賑わったのだそうです。

本堂前で筑前琵琶が奉納され、続いて復活した『箕面富』が始まりました。

箕面龍安寺箕面龍安寺
箕面龍安寺
箕面龍安寺
箕面龍安寺

この後、当たりの発表があり、何やら超ビッグサイズの大福御守が授与されていました。和やかなローカル行事にほっこり

| ◇大阪 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大阪城3Dマッピングスーパーイルミネーション

TVでも度々取り上げられている大阪城3Dマッピングスーパーイルミネーション。端正で勇壮な大阪城の天守閣が幻想的に七変化するとあって、これは見ない訳にはいきませんね。大手門に着いたのは8時前。見上げれば夜空にきれいなお月さまが。時間が遅い所為か、このあたり拍子抜けするほど人影はまばら。

大阪城3Dマッピングイルミネーション

事前に手数料210円払って前売り券購入していましたが、当日券の販売所はガラガラ。今回はレギュラーチケットでの入場です。まずは”光の回廊”から。

大阪城3Dマッピングイルミネーション 大阪城3Dマッピングイルミネーション
大阪城3Dマッピングイルミネーション 大阪城3Dマッピングイルミネーション

次に青い光の海が波打つ”光のビッグブルー”と、高さ15mの”光のキューブ”。そこを通り抜けると、バロック音楽に合わせて”ジュエルイルミネーションショー”が繰り広げられる光の庭園があります。

大阪城3Dマッピングイルミネーション 大阪城3Dマッピングイルミネーション

そして振り向くと大阪城天守閣。立体映像を投影する3Dプロジェクションマッピングで、様々な映像が映し出されています。レギュラーチケット鑑賞エリアからは、ちょっと距離があって迫力に欠けるのが残念。

大阪城3Dマッピングイルミネーション大阪城3Dマッピングイルミネーション大阪城3Dマッピングイルミネーション大阪城3Dマッピングイルミネーション
大阪城3Dマッピングイルミネーション
大阪城 炎上!
平日この時間帯だからかもしれませんが、待ち時間も長くて手持ち無沙汰。3Dマッピングが終わっても歓声が上がったり拍手があるでもなく、あまり盛り上がる様子はありませんでした。プレミアムチケットにしたら、もっと楽しめたのでしょうか!??

| ◇大阪 | 00:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

天神祭 船渡御に奉納花火!

天神祭おめでとうございま~す。それでは、大阪じめお願いしま~す。

「打ちまーしょ」 チョンチョン  
「もひとつせー」 チョンチョン  
「祝うて三度」 チョチョン ガ チョン


賑やかに灯りがともった船のあちらこちらから、浴衣を着た男衆が威勢のいい声を響かせます。それに呼応して、こちらも負けじと声を張り上げ手を打ちます。

7月25日は、蒸し暑い大阪の夏をいっそう熱くする、陸渡御→船渡御と奉納花火のクライマックス。天満橋・造幣局の対岸に設けられた特別観覧席に陣取り、正面から西日をモロに受けながら、早々と配給された折詰め弁当を広げ、まずは腹ごしらえ。

ようやく日が沈み川面にかがり火が揺らめく頃から、大川にたくさんの船が行き交い始めます。その数、約100艘。天満橋あたりから飛翔橋までの往復7キロを2時間かけて巡航するそうです。そして、船と船がすれ違うたびに行なわれるのが大阪じめ。なにわの商人っぽい独特の間がいい感じ。

天神祭 天神祭 文楽船

不意にヒューと音がして花火が始まりました。おお、川を挟んだ真正面から上がっています。みんな待ってましたと声を上げて大喜び。知らないもの同士が盛り上がります。

もう1ヶ所、桜ノ宮・OAPの対岸からも、大玉が空高く打ち上げられています。花火の音に船からの祭囃子、それに大阪じめの掛け声が入り混じって、お祭の喧騒も最高潮に。

どんなに大人になっても、お祭や花火は童心に戻れて、何度行っても楽しいのです

| ◇大阪 | 06:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新世界&あべの・天王寺イルミナージュ

大阪人なら知らずに済まされない?! 勇んで新世界へ探検に出掛けたら、アレッ何だかイメージが違う! 一昔前は動物園前駅を降りると、カップ酒片手によたっている人が路上にたくさんいましたよね。 「ねーちゃん」 とか声掛けられて、ビビッたこともありましたっけ

猥雑でちょっとデインジャラスなおっちゃんの街だと思っていたら、何と若者がいっぱい。ほとんどが観光客。韓国語がそこここに飛び交ってます。ジャンジャン横町も本通商店会も想像していたより明るくてきれい。普通すぎて拍子抜けするぐらいです。

天王寺  びりけんさん

通天閣の5階から天王寺方面を眺めれば、駅前再開発が進んで、建設中のあべのハルカスがそびえ立っています。手前が大阪市立美術館、そのまた手前が天王寺動物園。お決まりなので、びりけんさんの足の裏をナデナデ。

新世界

真冬の平日だからでしょうか、夕方でもそれほど人通りは多くありません。一番人気の串かつ店、だるま本店にはすんなり入れました。2度づけ禁止のルールを守り、10本食べるともう満腹。次は、あべの・天王寺イルミナージュの会場へ。

あべの・天王寺イルミナージュ

あべの・天王寺イルミナージュ あべの・天王寺イルミナージュ あべの・天王寺イルミナージュ

 動物のイルミネーションが可愛い。キリンやシマウマなど大型動物もいます。が、全体を見回すと、これまで見たどんなイルミネーションよりも原色が多くてドギツイ! 新世界に負けていませんね~ 浪速カラーですか? 

その後もう一度新世界に戻って、通天閣から今度は夜景を眺めます。最後に3階のぐりこ・やでコロンの棒を買って本日の予定終了。

外に出ると、向うから何やら超ド派手なバスが・・・そして目の前で停まった  

新世界~難波 無料送迎バス

何と難波までの無料送迎バスでした。大衆劇場で芝居を見終わった人たちと一緒に乗り込み、難波ビッグカメラ前で下車。

ずいぶんと変わりましたね、新世界は。昔、朝からよたっていたおっちゃんたちは、どこに消えてしまったのでしょうか。

| ◇大阪 | 13:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>