待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

箕面山瀧安寺 辯財天秋祭り

急に秋めいてよく晴れた連休最後の日、朝からいつものように箕面の滝道を歩きます。大滝の前は若干人出も多め。

箕面龍安寺

あまりに気持ちいいので、回り道しようかと思ったら倒木のため通行止め。また来た道を戻ります。すると、箕面市PRキャラクター・滝ノ道ゆずるくん発見!

箕面龍安寺箕面龍安寺

今日は瀧安寺 辯財天秋祭りというので、参加してみることに。こちらは日本で最も古い山嶽修行地の一つで、役行者が大滝で悟りを開き弁財天をお祀りしたのが起源とか。しかも江戸時代に流行った宝くじの一種・富くじ発祥の地。その昔、『箕面富』の福を求めて大いに賑わったのだそうです。

本堂前で筑前琵琶が奉納され、続いて復活した『箕面富』が始まりました。

箕面龍安寺箕面龍安寺
箕面龍安寺
箕面龍安寺
箕面龍安寺

この後、当たりの発表があり、何やら超ビッグサイズの大福御守が授与されていました。和やかなローカル行事にほっこり
スポンサーサイト

| ◇大阪 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大阪城3Dマッピングスーパーイルミネーション

TVでも度々取り上げられている大阪城3Dマッピングスーパーイルミネーション。端正で勇壮な大阪城の天守閣が幻想的に七変化するとあって、これは見ない訳にはいきませんね。大手門に着いたのは8時前。見上げれば夜空にきれいなお月さまが。時間が遅い所為か、このあたり拍子抜けするほど人影はまばら。

大阪城3Dマッピングイルミネーション

事前に手数料210円払って前売り券購入していましたが、当日券の販売所はガラガラ。今回はレギュラーチケットでの入場です。まずは”光の回廊”から。

大阪城3Dマッピングイルミネーション 大阪城3Dマッピングイルミネーション
大阪城3Dマッピングイルミネーション 大阪城3Dマッピングイルミネーション

次に青い光の海が波打つ”光のビッグブルー”と、高さ15mの”光のキューブ”。そこを通り抜けると、バロック音楽に合わせて”ジュエルイルミネーションショー”が繰り広げられる光の庭園があります。

大阪城3Dマッピングイルミネーション 大阪城3Dマッピングイルミネーション

そして振り向くと大阪城天守閣。立体映像を投影する3Dプロジェクションマッピングで、様々な映像が映し出されています。レギュラーチケット鑑賞エリアからは、ちょっと距離があって迫力に欠けるのが残念。

大阪城3Dマッピングイルミネーション大阪城3Dマッピングイルミネーション大阪城3Dマッピングイルミネーション大阪城3Dマッピングイルミネーション
大阪城3Dマッピングイルミネーション
大阪城 炎上!
平日この時間帯だからかもしれませんが、待ち時間も長くて手持ち無沙汰。3Dマッピングが終わっても歓声が上がったり拍手があるでもなく、あまり盛り上がる様子はありませんでした。プレミアムチケットにしたら、もっと楽しめたのでしょうか!??

| ◇大阪 | 00:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

天神祭 船渡御に奉納花火!

天神祭おめでとうございま~す。それでは、大阪じめお願いしま~す。

「打ちまーしょ」 チョンチョン  
「もひとつせー」 チョンチョン  
「祝うて三度」 チョチョン ガ チョン


賑やかに灯りがともった船のあちらこちらから、浴衣を着た男衆が威勢のいい声を響かせます。それに呼応して、こちらも負けじと声を張り上げ手を打ちます。

7月25日は、蒸し暑い大阪の夏をいっそう熱くする、陸渡御→船渡御と奉納花火のクライマックス。天満橋・造幣局の対岸に設けられた特別観覧席に陣取り、正面から西日をモロに受けながら、早々と配給された折詰め弁当を広げ、まずは腹ごしらえ。

ようやく日が沈み川面にかがり火が揺らめく頃から、大川にたくさんの船が行き交い始めます。その数、約100艘。天満橋あたりから飛翔橋までの往復7キロを2時間かけて巡航するそうです。そして、船と船がすれ違うたびに行なわれるのが大阪じめ。なにわの商人っぽい独特の間がいい感じ。

天神祭 天神祭 文楽船

不意にヒューと音がして花火が始まりました。おお、川を挟んだ真正面から上がっています。みんな待ってましたと声を上げて大喜び。知らないもの同士が盛り上がります。

もう1ヶ所、桜ノ宮・OAPの対岸からも、大玉が空高く打ち上げられています。花火の音に船からの祭囃子、それに大阪じめの掛け声が入り混じって、お祭の喧騒も最高潮に。

どんなに大人になっても、お祭や花火は童心に戻れて、何度行っても楽しいのです

| ◇大阪 | 06:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新世界&あべの・天王寺イルミナージュ

大阪人なら知らずに済まされない?! 勇んで新世界へ探検に出掛けたら、アレッ何だかイメージが違う! 一昔前は動物園前駅を降りると、カップ酒片手によたっている人が路上にたくさんいましたよね。 「ねーちゃん」 とか声掛けられて、ビビッたこともありましたっけ

猥雑でちょっとデインジャラスなおっちゃんの街だと思っていたら、何と若者がいっぱい。ほとんどが観光客。韓国語がそこここに飛び交ってます。ジャンジャン横町も本通商店会も想像していたより明るくてきれい。普通すぎて拍子抜けするぐらいです。

天王寺  びりけんさん

通天閣の5階から天王寺方面を眺めれば、駅前再開発が進んで、建設中のあべのハルカスがそびえ立っています。手前が大阪市立美術館、そのまた手前が天王寺動物園。お決まりなので、びりけんさんの足の裏をナデナデ。

新世界

真冬の平日だからでしょうか、夕方でもそれほど人通りは多くありません。一番人気の串かつ店、だるま本店にはすんなり入れました。2度づけ禁止のルールを守り、10本食べるともう満腹。次は、あべの・天王寺イルミナージュの会場へ。

あべの・天王寺イルミナージュ

あべの・天王寺イルミナージュ あべの・天王寺イルミナージュ あべの・天王寺イルミナージュ

 動物のイルミネーションが可愛い。キリンやシマウマなど大型動物もいます。が、全体を見回すと、これまで見たどんなイルミネーションよりも原色が多くてドギツイ! 新世界に負けていませんね~ 浪速カラーですか? 

その後もう一度新世界に戻って、通天閣から今度は夜景を眺めます。最後に3階のぐりこ・やでコロンの棒を買って本日の予定終了。

外に出ると、向うから何やら超ド派手なバスが・・・そして目の前で停まった  

新世界~難波 無料送迎バス

何と難波までの無料送迎バスでした。大衆劇場で芝居を見終わった人たちと一緒に乗り込み、難波ビッグカメラ前で下車。

ずいぶんと変わりましたね、新世界は。昔、朝からよたっていたおっちゃんたちは、どこに消えてしまったのでしょうか。

| ◇大阪 | 13:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大阪 北新地 老舗料理店のおせち料理とは

みなさま、明けましておめでとうございます

元旦は遅い目覚めで、まずはお洗濯から 数十年来、年末はおせち料理のお手伝いと決まっています。コンロ以外火の気なし、玄関・勝手口開放という冷蔵庫のような店内で、30日から31日にかけての徹夜仕事。寄る年波には堪えますわ~

数ヶ月前から慎重に吟味し材料を発注、12月に入ると営業しながら休日返上で仕込みにかかります。ピチピチ跳ねる伊勢海老や車海老など、活きのいい魚介がどんどん運び込まれてきます。北新地に店を構えて早60年近く、おせち料理を始めて40年の老舗ですから、段取りに抜かりありません。

大晦日の早朝に完成するよう逆算し、2,3日前から急ピッチで仕上げていきます。そして、いよいよ盛り付けという段になって登場するのが、超ベテランのオタスケマン(←わたし)。

先に店主が見本を盛り付けます。それをよく見て頭に入れ、ズラリと並べられたお重に盛り付けていきます。ここからは総力戦となり、時間勝負

午前4時頃から、ぐっと冷え込んできます。眠気も少々。そこで、スピードダウンしないよう、皆にハッパをかけるのはベテランのお役目  声に力がこもります。

盛り付けが終わってお重を包み終えた頃には、一同ようやく安堵の笑みがこぼれ、長い一夜が明けて無事終了。まもなくお客様が引き取りに来られます。

こだわりの店主が、一から店内でつくる完全手造りのおせち料理、さて今年の出来栄えは ・ ・ ・

2013 小嘉津 おせち料理 一段目 
2013 小嘉津 おせち料理 二段目2013 小嘉津 おせち料理 三段目

2013 小嘉津 おせち料理 献立表

毎年美味しいおせち料理がいただけて幸せ  でも食べ過ぎてキケン

どうぞ、今年も良い年になりますように。

【 お店データ 】
 小 嘉 津 (こかつ) 
 大阪府大阪市北区堂島1-4-6 和光ビル1F
 Tel 06-6341-3990
 ※伯母が創業、従兄夫婦が引継ぎ、現在は後継者と共に頑張っています。

| ◇大阪 | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

OSAKA光のルネサンス & アートアクアリウム展

ごく稀に、雑踏に身を置いてみたくなることがあります。ことに師走は。

今日も夕方に家を出て、久し振りに地下鉄でミナミへ。目指すは大丸心斎橋店で開催中のアートアクアリウム展。鮮やかな金魚たちが舞うように泳ぐ、音と光と造形のアートです。

金魚 ビョウブリウム
花魁 プリズリウム

私が知っているのは、和金、出目金、琉金、蘭鋳、オランダぐらい。優雅なものからちょっとグロテスクなものまで珍しい品種がずらりと並んでいます。高級なんでしょうね。

大丸を出ると、すでに御堂筋はたくさんのイルミネーションに彩られていました。仕事帰りの人たちと肩を並べて歩きます。冷え冷えした空気の中、灯りが美しい。

光のルネサンス 光のルネサンス2

心斎橋から本町、淀屋橋と歩いて、中之島の公会堂で折り返して今日はおしまい。身体もほどよくホカホカしてきました。

| ◇大阪 | 01:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

とんぼりリバージャズボート

きっかけは小さな新聞記事でした。大阪ミナミの道頓堀川に、期間限定でジャズの生演奏を聴きながら夜景を楽しめる『とんぼりリバージャズボート』が運行していると知ったのは。

折りしも道頓堀界隈では道頓堀川万灯祭が開催されていて、たくさんの提灯でライトアップされているようだし、これはちょっと期待できそうと予約を入れて、蒸し暑い昨夜、湊町リバープレイスにある船着場まで行ってきました。

船は定員20名の小さな屋根なしボートで、前方にジャズ演奏者が3名。紅白の2人掛けソファが並んでいます。湿った風に吹かれて、お馴染みのジャスナンバーに耳を傾けながら、いくつもの橋をくぐり、道頓堀川から眺める夜景はまた格別! ネオンが目に沁みます。

とんぼりリバージャズボート 1

とんぼりリバージャズボート 2

飲み物の持ち込みOK。こんな往復40分の大阪再発見クルーズが1,500円とお手頃で、お得感満載! 夕涼みに最適です。

| ◇大阪 | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大阪城・・・今日の桜

3日連続桜レポートです。この季節、大阪人の定番、ソウルプレイスといえば、そう大阪城ですね。染井吉野は今が盛りの見頃です。

大阪城大阪城

前から見ても横から見ても、なかなかハンサムなお城です。桜がよく似合います。早速お城と桜を眺めながらのお弁当タイム。
その後は大阪城港からアクアライナーに乗船して、船上から川沿いの桜を鑑賞。

アクアライナーアクアライナー

アクアライナー

ちょっと花曇りでしたが、まずまずのお天気。どこを見ても大阪のオバチャンが群れをなしています。声デカイ、話が超オーバー、話し出したら止まらない。いつか私もあんな風になるのでしょうか・・・怖いっ!

| ◇大阪 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。