待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

箕面ハイク

お天気が良ければ時間を見つけて歩きたい明治の森箕面国定公園。休日のせいか、上りが続く府道豊中亀岡線には本格的なウェアに身を包んだサイクリング集団が列を連ねています。この日は政ノ茶屋に車を置いて、なだらかな自然研究路4・5号線を歩き勝尾寺までを往復。木漏れ日の中、柔らかい山道をスタスタ。

2016 箕面自然研究路1
スポンサーサイト

| ◇北摂 | 00:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

とんど祭 上新田天神社

千里の小っちゃな天神さんの行事にして大阪府下最大級の火祭り、豊中市の重要無形文化財・とんど祭。毎年行こうと思いながら、何となく行かずじまいのまま何十年()も経ちました。今年は、雨や雪も降らず風もほとんどなく、これは千載一遇の好機とばかりに、20分ほど歩いて上新田天神社へ。

住宅街の細い道を抜けると鳥居が見えてきました。石段を上がり、まずは本殿に参拝。社務所で紅白の丸餅を長い竹串に刺した破魔餅を求めます。さして広くない境内には、すでに櫓(やぐら)が組まれており、高さも15メートル以上と大きく立派。中心に立てた1本の松を丸竹や藁で円錐形に囲み、中には古い御神札やお守り、神矢、しめ縄、門松などが納められています。

とんど祭とんど祭とんど祭

ぐるりを歩いて風下を避け待ちます。8時を過ぎた頃、松明を持った人が櫓の中に入り、伊勢音頭を唄う低い声が聞こえたかと思うと、櫓の下の方から煙が上がり、やがてパチパチと赤い炎が立ち上がってきました。

とんど祭とんど祭とんど祭

おお、けっこうデンジャラス 頬が焼けそうに熱いこと! 時々火の粉も飛び散り、たまらず皆後ずさり。


火の勢いが少し弱まったところで神職の方々が、奉納された火焚串を火柱の中に勢いよく投げ入れていきます。そしていよいよ下火になると、破魔餅を焼く人たちが櫓を囲み和やかな雰囲気に。このお餅を食したり、提灯で火を持ち帰って翌朝小豆粥を炊いて食すると、今年一年の無病息災が叶うとか。

地元の老若男女が、寒さを忘れて楽しむ真冬のローカルイベントでした。

| ◇北摂 | 13:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

桜満開! 千里さくら通りと服部緑地

火曜日はワンコを連れてこの時期しか行かない千里さくら通りへ。ところが、来てみてビックリ! 車道の両側に駐車禁止の車止めが置かれています。

千里さくら通り千里さくら通り

千里さくら通り

傷んだ枝をバッサリ切られた大木や、寿命を迎えた桜に代わって植えられた若木が目立ち、以前のような桜のトンネルという景観はどこへやら。しかもお花見に似合わない紅白の車止めがズラーッと並んで何て無粋なこと。その所為か人通りも少な目。これならわざわざ足を運ぶこともなかったとガッカリ。

そして今日木曜日はワンコを連れて服部緑地へ。木陰にはお弁当を広げる楽しげなグループがいっぱい。竹林と桜のコラボが清々しいいなり山をぐるっと回り、円形花壇を通って山ヶ池を1周、門から覗く桜があまりにきれいだったので日本民家集落博物館にも行ってみました。

服部緑地服部緑地

服部緑地 日本民家集落博物館服部緑地 日本民家集落博物館

2014 服部緑地 日本民家集落博物館22014 服部緑地2

いつもの散歩道だけど、この季節は別ものですね 帰りに駐車料金を払おうとしたら値上がりしていました、嗚呼。

| ◇北摂 | 23:58 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

箕面公園&三色彩道 紅葉なう 2013

週明けの晴れ間に箕面公園へ。
リュック背負って足取りも軽く滝道をズンズン歩きます。

箕面の紅葉 2013

箕面の紅葉 2013 箕面の紅葉 2013

梅屋敷休憩所辺りや紅葉橋辺りがきれいに紅葉しています。

箕面の紅葉 2013 箕面の紅葉 2013

滝周辺は日当たりがよくないせいか、きれいに色づくまでもう少し。
一汗かいて、帰りに三色彩道へ回り道。

三色彩道 2013 3 三色彩道 2013 2

三色が重なり合い見頃です。

今晩からさらに冷え込んできました。今週末ぐらいが紅葉も人出もピークかな。

| ◇北摂 | 00:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

千里の竹あかり

何というか、ちょっとシュールなんですよね。ええ、あの半沢直樹が東京中央銀行 大阪西支店勤務時代、社宅に帰るたびに大写しになっていた太陽の塔でお馴染みの千里ニュータウンにある、千里北公園で毎年開催される吹田市の超ローカルなイベント。

千里の竹あかり3 千里の竹あかり1

今年は北千里高等学校吹奏楽部・軽音楽部の演奏で始まり、18時から斜面に並べられた約3000本の竹筒にあかりが灯されました。暗闇に包まれた竹林の中で、竹筒内に浮かべたロウソクのあかりが揺らめいています。

いつも賑わいが過ぎた頃に訪れるからでしょうか、竹筒のあかり以外何もなくて、幻想的だけど何処となくもの淋しい雰囲気。でも、この素朴さに癒されます。

一昔前まで千里周辺には其処此処に竹林がありました。しかし、いつの間にか開発が進んでマンションが建ち並ぶと、竹林は姿を消してしまいました。この街らしさが無くなっていくようで残念ですね。こちらのイベントも『千里の竹林の保全意識の普及啓発を図ることを目的』とされ、今年で13回目を迎えます。

千里の竹あかり すいたん

| ◇北摂 | 23:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

能勢の秋、長谷の棚田

昨日の朝刊に’棚田染める秋’の見出しで、奈良県明日香村のヒガンバナが見頃を迎えたと報じられていました。お彼岸の頃に咲くから彼岸花。別名は曼珠沙華、サンスクリット語で天界に咲く花。私は、『まんじゅしゃか』という呼び方が一番好きです。

毎年訪ねてみたいと憧れながら今年もまた間に合いそうにありません。今日は北摂の秋を探しに能勢方面へ。池田からR173を通って、知明湖を右に見ながら幾つかトンネルを抜け長谷の棚田に向かいます。

能勢長谷の棚田 能勢長谷の棚田

まだ茅葺き屋根の家も残っていて、のどかな里山の風景。棚田はすでに大部分が刈り取られていました。畦道の所々に曼珠沙華が咲いています。秋桜(コスモス)も風にそよいでいます。

能勢長谷の棚田 能勢長谷の棚田

浄土から降り立った幾つもの魂が、ここよここよと紅く燃えている・・・  昔、母とよくドライブした道をひとり辿り、亡き人をしみじみ偲ぶ一日。明日は彼岸明けですね。

| ◇北摂 | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

久安寺のアジサイ

日曜日は友人が出演するというので、生田流新絃社の定期演奏会へ。華やかなステージでは、次々とバラエティーに富んだ筝曲が披露され、奏者のしなやかで優雅な指さばきにうっとり。兵庫県立芸術文化センター中ホールは満席、大盛況でした。

翌日月曜日は京都で美術講座3単位を受講。時々意識が飛んでましたけど、いつもながらに有意義な時間を過ごせました。そして今日、周辺のアジサイの様子も気になるので、多少疲れは残るものの、車で池田伏尾の久安寺へ。

こちらは奈良時代に創建された「安養院」が前身。平安時代の久安元年に再興されて久安寺と改称された高野山真言宗のお寺です。近場なのに、実は参拝するのは今回が初めて。

久安寺1

国道に面した立派な楼門は閉ざされているので、バス亭横の通路から入ります。本堂の奥にある虚空園のバン字池は、築山にツゲや黄金ヒバなど様々な緑が重なり合って見事。本堂の白い壁や朱色の欄干などともよく調和しています。

久安寺3久安寺4

久安寺2 久安寺7

アジサイは7分咲きぐらいでしょうか。特にガクアジサイはこれからですね。

久安寺6 久安寺5

雨上がりにフラリと訪ねてみたくなるお寺です。

| ◇北摂 | 00:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

第十四回 いけだ薪能

18日土曜日、池田・五月山を少し下った池田城跡公園で、恒例の 『いけだ薪能』 が開催されました。運良くチケットを入手、近くで早めの夕食を済ませてから車で会場へ。開演時間を過ぎていたので、公園手前から鼓や笛の音が聴こえてきました。

まだ空は明るく、薄雲がやんわり日差しを遮って格好の日和です。今回は、屋外で上演される薪能。緑に囲まれた池田城跡公園は、コンパクトながら池を配した日本庭園に、池田城を模った展望休憩舎を備えた見晴らしの良い公園です。能舞台は、池田城を背景に池を挟んで特設されています。

いけだ薪能

いけだ薪能

演目は 『源氏供養』 、狂言 『盆山』 をはさんで 『野守 黒頭』 。正直なところ、伝統芸能の中で浄瑠璃の次に馴染みの無いのがお能ですが、たまには高尚なお能にも親しんで、古の人々のように楽しめればと思います。

いけだ薪能 いけだ薪能 

かがり火が灯され、日が沈みあたりが暗くなると、ライトアップされた舞台が闇に浮かび上がり、謡や鼓の音色が響く幽玄の世界。そして見上げれば朧月。

いけだ薪能

いけだ薪能 いけだ薪能

知識が無いのでお能自体の精神性に踏み込むことは難しけれど、この独特な空気感は貴重な体験でした。

| ◇北摂 | 11:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

勝尾寺の桜

下界の桜が散る頃、満開になる箕面・勝尾寺の桜。週末の嵐もなんのその、穏やかな青空の下で、艶やかに咲き誇っておりました。

勝尾寺2
勝尾寺1
勝尾寺3 勝尾寺4
勝尾寺6 勝尾寺5
勝尾寺 モネボクは花より団子ですけど・・・

こんなにきれいなのに人はまばら。穴場ですね

| ◇北摂 | 16:10 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

千里 桜ウォッチング

日に日に桜の開花が進んでいます。焦ってみても、桜は待ってくれません。とりあえず開花状況を確認しようと、ワンコを連れて自宅周辺へ桜ウォッチングに。

千里の桜 3千里の桜 4
         千里さくら通り        新千里南町天竺川沿い           
千里の桜 1千里の桜 2
      津雲台              北千里

日当たりの良い場所では、ほぼ満開。 さん、どうぞゆっくりお願いします

| ◇北摂 | 01:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。