待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

奈良・若草山焼き & 京都国立博物館 特別シンポジウム

一夜明けてもまだどこか興奮がくすぶっています。幾つになっても新しいことに出合うたび、これほど感動できるんだということに感謝したくなる一日でした。昨日は二つの予定をドッキング、電車でのスムーズな移動が欠かせないちょっとタイトなスケジュール。1月末とは思えない暖かな陽気に大汗かきながら、走ったり駆け上がったりと大忙し。

まずは京都・九条にある京都テレサホールへ。京都国立博物館が主催する『京博があたらしくなります』と題された特別シンポジウムに参加。長い間建て替えのため閉館していた常設展示室「平成知新館」の3月リニューアルオープンに先駆けた決起講演かと思いきや、のっけから9月開館に延期とのこと。

poster_s.png

円山応挙研究の第一人者といわれる館長・佐々木丞平氏の基調講演で始まり、4名の研究員の方々が各ご専門の鳥獣戯画や蒔絵、それに染織や装潢(そうこう)といったテーマで講演されました。特に染織史における袈裟の重要性を挙げられた山川曉氏のお話は興味深く拝聴。平成知新館では、奥行きのある特別な展示スペースで公開されるそうです。そして最後に、あのNHK日曜美術館の司会者としてお馴染みで、現在京都国立博物館文化大使でもある俳優・井浦新さんを交えた特別対談が。

終了時間が押しています。焦りながら外に出て京都駅まで走ること十数分。何とか急行に間に合って近鉄で奈良へ。駅に着いたのが17時過ぎ。あたりはすでに奈良公園に向かう人たちでいっぱいです。その人波をかき分けかき分け、浮雲園地を抜け新公会堂横を通って若草山麓へと坂道を上っていきます。毎年1月の第4土曜日に行われる早春を告げる奈良の一大行事・若草山の山焼きを今年初めて見に来ました。

飛火野の大とんどよりもらい受けた春日大社の御神火を運ぶ聖火行列は、もう水谷神社を出て野上神社に着いた頃でしょうか。パチパチと火の燃える音が聞こえたと思ったら、パッと視界が広がってようやく若草山入山ゲートに到着。そこでは、かがり火を囲むように祭礼が始まっていました。それは、神秘的な炎に彩られてとても神聖に映ります。

若草山焼き 野上神社祭典

芝生の上は立錐の余地もないというほどのこともなく結構余裕もあり自由。ほどなく読経の中、松明に移された御神火が山麓中央に運ばれてかがり火に点火されました。メラメラと勢いよく炎が燃え上がっています。

若草山焼き若草山焼き若草山焼き

そして真正面から打ち上げられた大迫力の花火。幾つもの祈りが重なり合うように、真冬の澄んだ空気を震わせて夜空を鮮やかに染めていきます。何と荘厳で美しいのでしょうか。

若草山焼き若草山焼き若草山焼き

花火が終わると、かがり火から再び松明に移された火が運ばれ、法螺貝やラッパの合図で若草山に一斉点火。燃え盛る炎は、あっという間に辺りを覆い尽くして山を登っていきます。何だか自分も無になるような不思議な一瞬。じーっと見入っていると、頬に炎の熱を感じました。

若草山焼き
若草山焼き

もう少し全景を見たいと坂を下って振り返ると、山の端がいまだ赤く燃えてもくもくと煙を上げています。それはまるで仏様の光背のようで、しばし放心。本当に何と素晴しい神仏習合の伝統行事でしょうか。

まだまだ身近にも知らないことが沢山あるということは幸せなことなんですね。そんなことを思いながら心の中で手を合わさずにはいられませんでした。
関連記事

| ◇奈良 | 23:53 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

雨も行事中は降らずにすんで良かったですね^^
また、見に来てくださいね^^

| naraspa | 2014/01/27 23:30 | URL |

はじめまして。

素敵ですねぇ・・。
今度関西に行くときには
この日にあわせて行きたいと思い
メモしておきました。

実際は旅行となると
なかなか行かれないんですけど^^;



お気に入りにいれさせてもらいました。
これからもお邪魔しまので
宜しくお願いします。

| tica | 2014/01/28 09:06 | URL | >> EDIT

naraspaさん、ありがとうございますm(__)m

いつもアドバイスいただいて、大変助かっています。

奈良公園はやっぱり広いですね。山麓まで上ったのは小学校以来でした。
あんなに人がいっぱいなのに、それほど必死にならなくても
どこからでも若草山を眺めることができます。

冬の花火や山焼きの火が幻想的で、本当に行って良かったです。
まー写真の出来はイマイチですけどね^^;

naraspaさんの写真はいつも迫力ありますね~

| まつよいぐさ | 2014/01/28 17:47 | URL |

はじめまして、 ticaさん(^^)

ようこそお越しくださいました。

関西に住んでいても、私の周りには若草山焼きに行ったことがあるという人は
ほとんどいません。真冬だし夜だし、なかなか腰を上げられないんですよね。
でも思い切って行って良かったです。

更新頻度は低いですが、お気に入りの関西の見どころをご紹介しますので、
これからもどうぞよろしくお願いします。

| まつよいぐさ | 2014/01/28 18:07 | URL |

関西は京都・奈良といった古都を有するだけあって古からの行事はもちろんの事、3Dマッピングなどといった面白い催しもあるのですね。
こちらは面白いイベントはありますが、歴史を感じさせる行事はあまり無い(私が知らないだけかもしれませんが)ようです。

また素敵な体験を教えて下さいね。

| miki | 2014/02/01 18:38 | URL | >> EDIT

miki さん、こんにちは

そうですね、行事には事欠かないですね。
京都や奈良では、ほぼ毎日どこかの寺社で何かの行事があります。
その由来や歴史を知ると、やっぱりすごい!って感動しますね。
ありがたいことです。

今まで他所事と思って見ていましたが、これからはどんどん参加してみたいと思っています。

| まつよいぐさ | 2014/02/02 10:38 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/177-97ab8b12

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。