待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

今週末、京都国立博物館 新館「平成知新館」がオープンします!

日が沈んでから、何度も何度も空を見上げました。昨日は中秋の名月。茂みから聞こえる虫の音をBGMに、ぽっかり浮かんだ神秘の光を眺めていると、しみじみと秋の到来を感じます。

先週末、京博ナビゲーターの事前研修である基礎講座が終了しました。多少の不安はありつつも、皆さん一様に喜びに満ち、表情が輝いているように見えます。

京都国立博物館 新館「平成知新館」は、いよいよ今週13日土曜日9:30にオープン。七条通りに面した南門を入ると、明治古都館と平成知新館、堂々たる新旧の建物が並び建ち壮観です。

こちらで開催されるオープン記念展「京へのいざない」は、京文化の粋が堪能できる国宝50余点・重文110余点を含む総計約400点(1期と2期に分けて展示)という、かつてない規模とか。選りすぐりの名品は、ため息ものばかりで、きっと目が釘づけになるに違いありません。

京へのいざない

そして、京町屋のコンセプトを取り入れたという直線的でモダンな建物や、最新の技術で工夫を凝らし落ち着いた雰囲気の展示空間も見どころのひとつ。西側に併設されたハイアットリージェンシー京都直営のカフェレストラン ’ザ・ミューゼス’ も楽しみです。

決まった順路はありませんが、お勧めは3階→2階→1階と周遊するコース。 各階には文化財のレプリカや材料見本を手にとって触れることができる「ミュージアムカート」が設置されます。また2階にある「レファレンスコーナー」では、情報検索やデジタル絵巻、参考図書などで、知りたい情報を自分で探すことも。どちらも京博ナビゲーターが、楽しくお喋りしながらご案内しますので、気軽にお立ち寄りくださいね。

ところで、本日9日(火)夜10:00~11:00、BS朝日「知られざる物語 京都1200年の旅」で、京都国立博物館が紹介されます。市川猿之助さんが実際に訪れて、佐々木丞平館長が開館準備中の平成知新館を案内するという趣向で、先週放映された2時間スペシャルの一部再放映のようです。お見逃しの方は、ぜひご覧ください。
関連記事

| 京博ナビゲーターだより | 14:18 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これは是非、行かねば!…ですが
当初は、ものすごい人出なんでしょうね。

一段落して空いてくる…というか
ゆっくり観れるタイミングって、いつ頃が良いんでしょうね?
もし、予測が付くようなら、お教えください。

| 癌ダム4G | 2014/09/09 14:45 | URL |

早速ありがとうございます! 癌ダム4Gさん 

ぜひ是非お越しくださいね(*^_^*)

でも、混雑度合いが全然予測できません。
取り敢えずオープン初日は様子を見に行ってきますので
またレポートするつもりです。

検索してみますと、ツアーなんかもあるようです。
一度に集中して来館されると対応できるかしらん・・・
と、v-116マークのナビゲーターとしては
ちょっと不安です^_^;

| まつよいぐさ | 2014/09/09 16:26 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/09/09 23:51 | |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/213-b59afc29

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>