待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

JR東海 presents 都のかなでコンサート 2014

今年も運良く当選、昨年に続き2度目の招待券を手にして、夕暮れに賀茂川沿いを北へと車を走らせます。商店街のコインパーキングに車を停めて御薗橋を渡り上賀茂神社へ。

こちらは、古代山城の豪族・賀茂氏の氏神として知られる神社で、賀茂別雷大神を御祭神とする、正式名称を賀茂別雷神(かもわけいかづちじんじゃ)といい、京都三大祭りのひとつである葵祭が催されることでも有名な世界文化遺産です。

都のかなで都のかなで

長い列の後ろに並んでいると、ほどなく第1部が終了。日が落ちて薄暗くなった境内を、二ノ鳥居に向かってゆっくりと列が動き始めました。出遅れ感があったけれど、席に着いてみればステージとなる細殿の正面中央あたりで昨年とほぼ同じ。別雷神(わけいかづちのかみ)が降臨された神山を模して作られたという円錐形の一対の立砂もライトアップされて神秘的な雰囲気です。

都のかなで

都のかなで

今回はヴァイオリニストの川井郁子さんをメインに、ギタリストの沖 仁さんがゲスト。TVで見る川井さんは、カメラワークがあまりに男目線で色気ばかりを強調しすぎる演出のせいか、以前はどうも苦手だったのですが、2年前の大覚寺音舞台で初めて演奏を聴いた時は本当にシビレました。

美貌が繰り出す張りつめた空気も、あのスレンダーな肢体から奏でる繊細で情熱的な音色も、すべて計算された独自の川井ワールド。視覚的・聴覚的にたいへん優美で、フィギアスケートの選手らに次々と提供しているオリジナルの楽曲も素敵です。

今宵は純白のロングドレスで登場。さながら神殿に舞い降りた一羽の白鷺のよう。お馴染みの『レッド・ヴァイオリン』では、細殿が燃えるような赤にライトアップされて息を呑みました。後半は、その上に雅な紅色の薄衣をはおり、和の楽曲『夕顔』から。黒々とした樹影に囲まれ、そこだけポッと明るい幻想的な異空間にはよく似合います。

1時間半足らずのコンサートでしたが、濃い内容で堪能。草むらで鳴りを潜めていた虫たちの声が急に大きく聞こえる上賀茂神社をあとに、帰路につきました。

都のかなでコンサート 2014

     【 プログラム 】
1.スカボロー・フェア
2.ふるさと
3.愛の喜び
4.プレリュードとアレグロ
5.ベサム・ムーチョ
6.恋のアランフェス
  ~レッド・ヴァイオリン~
7.ヴァイオリン ミューズ~シャコンヌ~
8.G線上のアリア
9.夕顔~源氏物語より~
10.荒城の月
   ホワイト・レジェンド~白鳥の湖より~
11.ジュピター
12.マイ・フェイヴァリット・シングス
アンコール : アメイジング・グレイス

関連記事

| クラシック | 11:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして。

はじめて、コメントさせていただきます。

素敵なコンサートですね~!
都のかなでコンサート

上賀茂神社は本当に、神秘的でパワーをもらえますよね。
立砂も気持ちが清められるパワーがありそうです。

川井ワールド、聞いてみたいなって感じました!
来年もあるのでしょうか~
ぜひ、行ってみたいです(^^♪

素敵な記事に癒されました。
ありがとうございます!



| anessa | 2014/10/13 14:06 | URL |

はじめまして、anessaさん

いつも素敵なお着物姿に惚れ惚れしております!
帯や小物の合わせ方が素晴らしく、ほぉーと感心(*^_^*)
おしゃれの格が違いますね~
こんな私でも20代は着物がマイブームでした・・・

先日も京都国立博物館で白地に鳥獣戯画を描いた帯を締めた
お着物姿の方をお見受けし、思わず後をついて行ってしまいました(^_^;)

上賀茂神社は普段あまり訪れることもないのですが、
毎年こちらで「都のかなで」コンサートが開催されていて
日が落ちてからの境内には一段と不思議なパワーが潜んでいるようです。

相当な競争率をかいくぐったペア1000組2000人が招待されます。
毎年ゲストが変わって楽しませてもらっています。
川井さんのコンサートは本当におススメですよ♪

| まつよいぐさ | 2014/10/13 18:00 | URL |

お恥ずかしい限りです。

まつよいぐささま

私の拙い着物姿に、過分なお言葉を頂きまして…
自分の感じるままに、いきたい方向に楽しんでるマンマの単純人間なんです。笑
本当にお恥ずかしい限りですが、とっても嬉しいです(*^^*)
ありがとうございます!

私も実は、島原、輪違屋さんの記事も拝見し素敵な感性の方だな~と思っておりました~。

これからも記事のup楽しみにしております(@^^)/~~~

川井さんのコンサート、また調べてみます!
是非、スレンダー美人の熱いワールドを鑑賞したいと思っています(^^♪

| anessa | 2014/10/13 22:13 | URL |

こんばんは。
台風一過、何事もございませんでしたでしょうか?

僕の方は、ご教授いただいたノウハウでゲットしたチケットが
今日だった為、酔狂にも、この台風の中を松竹座
GOEMONの舞台を見ていたのでした。
1階16列でしたから、ぎりぎり2階席の演技を見えたのですが
いや~これでもか!の演出で面白かったですね。

その荒唐無稽な設定とか、
歌舞伎とフラメンコの強引な組み合わせとか
かなり「歌舞いてる」演出で、
考えてみたら、古典の歌舞伎だって、時代考証とか設定とか
かなりむちゃくちゃな訳ですから
これぞ現代の歌舞伎モノ…なのかも知れませんね。

…と、まずはお礼まで。

帰宅時は丁度、岸和田辺りに台風が上陸した頃合い…
O-CATに車を止め、なんばウォークをくじらパークで上がって
戎橋商店街を歩けば、松竹座の前 数メーターを除いて
台風でも雨にぬれる事はありませんでした(笑)

さて「京都国立博物館で白地に鳥獣戯画を描いた帯」
…この方なら、四条河原町のホームでお見掛けして
博物館でもお会いしましたから、もしかして…
同日、同時刻に、まつよいぐささんと
会場ですれ違っていたのかも知れませんね。(笑)

| 癌ダム4G | 2014/10/14 02:29 | URL |

anessaさん、お綺麗ですね~

改めてブログ拝見すると、結構興味を持つところが似ているような気がしました。
これからもお着物姿でのお出掛けを楽しみに拝見します(^^)

よろしければ私が月1回ボランティアをしている京都国立博物館にも
お友達とご一緒にいらしてくださいね~
お着物のお出掛けに欠かせない、そこそこリーズナブルでエレガントな
ランチもできるミュージアムレストランもありますから(^_^)v

癌ダム4Gさんの関連ブログを是非ご参照ください。
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1445.html

これからもよろしくお願いします。

| まつよいぐさ | 2014/10/14 18:32 | URL |

嵐を呼ぶ男ですか(古っ!) 癌ダム4Gさん

よりによって観劇日に台風直撃ですか~~~
警報出ていたはずですが、よく公演中止にならなかったですね(゜o゜)
JRで行かれる方は大変でしょうに、皆さんちゃんと来られてるのですね。

でも楽しまれたようで良かったです。理屈抜きに面白いでしょう(*^_^*)
いつもの歌舞伎とは違って、声をあげたり手をたたいたりゲラゲラ笑ったりと
いかにも芝居を観たって感じしませんでしたか。
そして、ラブリンは歌舞伎を演じているときが一番かっこいい!

先週従姉を案内して京博に行ったのは9日です。
癌ダム4Gさんとは日にちが違うと思いますが、同じ方と遭遇していたとは驚きですね。

| まつよいぐさ | 2014/10/14 19:18 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/221-c7868ef0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>