FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ついに閉幕、特別展覧会 『国宝 鳥獣戯画と高山寺』

43日間にわたり開催された展覧会も11月24日(月)をもって閉幕、併催の平成知新館オープン記念展『京へのいざない』との相乗効果もあって、20万人余りの幅広い世代の方々が来館されました。

11月の京博ナビゲーター活動日は、担当する平日に加え、臨時募集があった日曜日の2日間。特に日曜日は 『国宝 鳥獣戯画と高山寺』展の閉幕間際ということもあり、朝7時前から南門に入場を待つ人の列ができ、開館を30分繰り上げても明治古都館前は大変な行列で10時頃には4~5時間待ち、この後も閉館30分前までずーっと行列が途絶えることはありませんでした。

国宝 鳥獣戯画と高山寺

一方、私たち京博ナビゲーターが活動する平成知新館の名品ギャラリーは、一足先に一部展示替えが行われ、新たな見どころが満載。彩色も美しくストーリーも面白いおとぎ草紙絵巻、空海・最澄・親鸞ら高僧の書、繊細だけど大胆な意匠に見惚れてしまう袈裟と名物裂(きれ)、昭和の刀剣界を代表する名コレクター・永藤一氏の刀剣コレクション、寺社縁起絵、中世の文人画、近代中国絵画、近世絵画では南画の大成者・池大雅の代表作が展示されています。

これから12月23日(火)まで、静かにゆっくりと楽しんでいただけそうです。
関連記事

| 京博ナビゲーターだより | 21:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/227-161d50cb

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。