待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

宗教と科学の対話 -宇宙の摂理への想い‐

去る11月29日(土)13:00~14:40、大阪市中央公会堂の大集会室で、『高野山大学フジキン小川修平記念講座講演会』という、やたら長い講座名の講演会が開催されました。

高野山大学

壮大なタイトルに惹かれ、また著名な科学者や宗教家がそれぞれの立場で死生観をどのように語るのか興味もあり、2年前にこの講座が開設されてから毎回聴講しています。高野山真言宗の管長猊下も隣席され厳粛な雰囲気です。

難解すぎて頭をフル稼働させても理解の範囲を超えクラクラすることもありますが、時には長年の疑問がスッと解け、霧が晴れたようにスッキリすることもあります。そのあとは、少~し真理に近づけたようなちょっとした喜びがあります。

今回は特に『日本人と信仰心』と題した、宗教学者で評論家でもある山折哲雄氏のお話がこころに残りました。ご高齢ながら明瞭な語り口で惹き込まれます。

ここ十数年の大きな自然災害で日本人が試されているが、古来自然災害の多い日本で我々の先祖達が一体何によって支えられてきたか考える必要があるのではないかと説かれます。大伴家持の歌を引き合いに、万葉人は災害によって非業の死を遂げた人々を見るとき、死者の魂の行方を想像したと言われます。それこそが信仰心の原点なのだと。

不安定な自然の中で形成された無常観(永遠なものは何もない・形あるものは壊れる・死は必ず訪れる)という日本独自の感覚と、さらにはその無常観がもたらす大きな障壁をどう乗り越えるか、空海の教えを交えてお話しされ、最後は、ひとりで生きることでこころの成熟を願う、と結ばれました。人と人の絆を否定するのではなく、成熟し成長するためにはひとりで生きる姿勢が大事と強調されます。

講演会が終了して外に出ると辺りはもう薄暗く、川沿いの道を歩き熱くなった頭を冷やしながら、この日聴いた様々なお話を思い起こし反芻するのでした。 
関連記事

| より良く生きるための情報 | 09:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/231-4b8daccc

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>