FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

とんど祭 上新田天神社

千里の小っちゃな天神さんの行事にして大阪府下最大級の火祭り、豊中市の重要無形文化財・とんど祭。毎年行こうと思いながら、何となく行かずじまいのまま何十年()も経ちました。今年は、雨や雪も降らず風もほとんどなく、これは千載一遇の好機とばかりに、20分ほど歩いて上新田天神社へ。

住宅街の細い道を抜けると鳥居が見えてきました。石段を上がり、まずは本殿に参拝。社務所で紅白の丸餅を長い竹串に刺した破魔餅を求めます。さして広くない境内には、すでに櫓(やぐら)が組まれており、高さも15メートル以上と大きく立派。中心に立てた1本の松を丸竹や藁で円錐形に囲み、中には古い御神札やお守り、神矢、しめ縄、門松などが納められています。

とんど祭とんど祭とんど祭

ぐるりを歩いて風下を避け待ちます。8時を過ぎた頃、松明を持った人が櫓の中に入り、伊勢音頭を唄う低い声が聞こえたかと思うと、櫓の下の方から煙が上がり、やがてパチパチと赤い炎が立ち上がってきました。

とんど祭とんど祭とんど祭

おお、けっこうデンジャラス 頬が焼けそうに熱いこと! 時々火の粉も飛び散り、たまらず皆後ずさり。


火の勢いが少し弱まったところで神職の方々が、奉納された火焚串を火柱の中に勢いよく投げ入れていきます。そしていよいよ下火になると、破魔餅を焼く人たちが櫓を囲み和やかな雰囲気に。このお餅を食したり、提灯で火を持ち帰って翌朝小豆粥を炊いて食すると、今年一年の無病息災が叶うとか。

地元の老若男女が、寒さを忘れて楽しむ真冬のローカルイベントでした。
関連記事

| ◇北摂 | 13:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

スゴイ!です(^^)

こんばんは~

とんど祭り~豊中にあったんですね!
知りませんでした(^^)

私も一度見てみたいな~って思ってたんですが、動画をUPして頂いたんで、
臨場感満載で感動しました!

| anessa | 2015/01/15 22:40 | URL |

面白かったです、anessaさん(*^^)v

みんなそんなに近くで待っていて大丈夫!? と思っていたら
案の定点火されると、えらいこっちゃ状態になっていました^^;

神社の周辺は千里でも昔ながらの地域で、氏子さんたちが張り切っておられましたよ。
開発が進んで本殿の後ろにマンションがそびえ立っているのがちょっと残念です。

| まつよいぐさ | 2015/01/15 23:09 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/236-56a623fe

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。