FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

京博ナビゲーター 新春初活動

年が改まって初めての活動日は、時々陽が差す穏やかな天候。いつものようにJR京都駅を出ると東山七条に向かって歩きます。20分ほどで京博に到着。

今回はナビゲーター5人で活動します。ミーティング後、それぞれの持ち場に。この時期、来館のお客様は少な目ですが、時間を掛けてじっくり観覧される方が多いようにお見受けします。ついおしゃべりも長くなりがちに

只今平成知新館では、1階の特別展示室にて新春特別展観『山陰の古刹・島根鰐淵寺(がくえんじ)の名宝』を開催中。山深い古寺で脈々と受け継がれてきた仏像や神像をはじめとする寺宝の数々は、やや地味ながらも素朴で温かみがあり、人々の祈りの声が聞こえてくるようです。

名品ギャラリーも一部展示替えされています。『染織の文様 ―吉祥―』と題された染織の展示室では、豪華で優美な着物にうっとり。また、漆工の展示室でも『江戸時代の蒔絵』と題し、精緻で優雅この上ない蒔絵が堪能できます。他に、中国絵画の花鳥図や、仏画の垂迹画(曼荼羅図)も見逃せません。

そうそう、この日は休憩時間を利用して庭園にいる2匹のヒツジに逢いに行きました。南門を入って右手にある『東の庭』へ。

京博 ひつじ京博 ひつじ京博 ひつじ

ご存知でしたか!? お庭の奥にはお茶室もありますが、改修工事のため現在建物内の見学はできないとのこと。明治古都館は、4月7日(火)~5月17日(日)に開催される特別展覧会『桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち』まで休館です。
関連記事

| 京博ナビゲーターだより | 20:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/237-50681959

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。