待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

春日の大とんどから 若草山焼きまで 2015

丸二日が経ったというのに、目を閉じれば瞼の裏に、煙を上げて赤々と炎が燃え盛っています。炎が、受け継いだ原始の遠い記憶を呼び覚ますからでしょうか、いつまでもいつまでも胸を熱くするのです。神仏習合の厳かな祭礼から続く壮大な火の儀式は、奈良の空を赤く染め、またも忘れられない一夜となりました。

毎年1月の第4土曜日に開催される若草山焼きは、春日大社の大とんどより御神火をもらいうけ、吉野・金峯山寺の法螺衆に先導された春日大社・東大寺・興福寺の行列が若草山山麓まで火を運び、大花火打ち上げの後、松明に移した火を奈良市消防団らが一斉に放つという伝統行事です。

一説には、迷信による度重なる放火を防止するため江戸時代末期頃から始まったということで、山上古墳の鶯塚への鎮魂が起源とか。

今回も交通規制と渋滞を考慮し、電車を乗り継いで12時過ぎに近鉄奈良駅に到着。駅ビル内にある観光案内所で『若草山焼き ガイドブック』をもらって、まずは飛火野にある春日大社の大とんど祭場へと向かいます。見上げれば雲一つない青空に、まるで小春日和のような暖かな日差しで、鹿さんたちものーんびり。

春日大とんど春日大とんど

しばらく待つと、13時から神官によるご祈祷に続き、持ち込まれた古いお札や御守り・しめ縄飾りなどが積み上げられた火炉に御神火が点火されてお焚き上げが始まりました。巫女さんによる神楽奉納など一連の儀式が終了すると、無病息災を願い火炉の周りを歩き御神酒をいただきます。

春日大とんど春日大とんど

この後、下見を兼ねて若草山山麓へ。ズラリと屋台が並んで賑わい、子供を連れた家族らが斜面で鹿せんべい飛ばし大会を楽しんでいます。ライブステージもあるようでしたが一旦坂を下り、依水園の三秀亭で一息ついてから東大寺ミュージアムで友人家族と合流。『東大寺の歴史と美術』展を観覧します。

若草山焼き依水園 三秀亭
東大寺ミュージアム

そして再び大とんど祭場へ。16時45分になると、春日大社・東大寺・興福寺の神官や僧侶、法螺貝を吹き鳴らす金峯山寺の山伏が入場し、御神火奉戴祭が始まりました。最後に御神火が三社寺の提灯に移され、聖火行列が出発。そのうしろについてゆっくり坂を上がります。

春日大とんど春日大とんど
春日大とんど
春日大とんど春日大とんど
春日大とんど1春日大とんど

夕暮れが迫るこの時刻になると、さすがに冷え込んできました。行列は水谷神社での祭礼を経て、若草山山麓にある野上神社に到着。御神火がかがり火に点火され、この日最後となる祭礼が始まりました。

春日大とんど

何という神秘的な光景でしょうか。かがり火に照らされて浮かび上がる、息をのむような神仏習合の神聖な光景です。続いて読経の中、松明に移された御神火が山麓中央の大かがり火に点火されたのを合図に、大花火が真冬の澄んだ夜空に次々と打ち上げられていきます。

そしていよいよ花火が終わり、法螺貝とラッパの音が聞こえたかと思うと、大かがり火から松明に移された火が山麓のあちらこちらで一斉に放たれます。

火はあっという間に燃え広がり、炎の帯が山を駆け上がって、もうもうと煙を上げながら一面を焼き尽くしていきます。山麓から見えるのは、時間にしてほんの10分余りでしょうか。

2015 春日大とんど17

それでも、これほど深く心に響き余韻を残すのは、あの炎と煙の中に、大いなる神と仏の気配を感じているからではないかと、私は思っています。
関連記事

| ◇奈良 | 06:30 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

来年は!

こんにちは~
春日神社からの若草山の大どんど!驚きました!
確かに、厳かな神事のパワーを感じますね~(^^)
来年は、奈良も近いので行ってみたいな!(^^)!
でも着物はむりでしょうね 笑
色んな情報とっても楽しく読ませていただいております~(*^^)v

| anessa | 2015/01/27 12:42 | URL |

フルコースで楽しまれましたね。
お天気よかったのに私はいけませんでしたのでビデオで楽しませていただきました^^

| naraspa | 2015/01/27 22:10 | URL |

こんばんは、anessaさん

今のところ年間行事の中で一番エキサイティングなのが、この若草山焼きです。
今回が2度目ですが、やっと全貌が理解できたように思います。
すごい人出だけど、夜だし奈良公園は広いので全然大丈夫です。

今までTVのニュースか、翌日の朝刊の一面で見るくらいでしたが
これは実際に足を運んで自分の目で見るものですよ!
ただし、お着物はちょっと・・・大とんどの燃えカスが飛んでますからね^_^;

| まつよいぐさ | 2015/01/27 22:40 | URL |

今年も行って参りました、naraspaさん

そうなんです、フルコースなんです。これでよくわかりました(^^)v
寒さを覚悟して行ったのに、暖かくて汗かきました。

もう、めちゃくちゃ楽しかったです!!

| まつよいぐさ | 2015/01/27 22:45 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/238-72d64e62

TRACKBACK

奈良礼賛 若草山焼き 2016

前日から、週末は数十年に一度の猛烈な寒気が流れ込み西日本は大荒れという予報に加えて雪マーク。大雪や猛吹雪、路面の凍結に警戒が必要というので、23日の土曜日は出発直前に車をあきらめ近鉄電車で奈良へと向かいます。 1時過ぎに近鉄奈良駅に到着。いつものように駅ビル1階にある総合観光案内所に立ち寄り『若草山焼きガイドブック』を入手したら、興福寺の境内を抜けて一の鳥居をくぐり飛火野へ。今年のガイ...

| 待宵草の薄暮日記 | 2016/01/26 20:09 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。