待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

第143回 都をどり

「えーっ、観に行ったことないの!?」って、ずっと言われ続けてきた、都をどり。小さい頃、家に何枚かあった串だんご模様のお皿が、都をどりで貰ってきたものと知ったのは大人になってから。しかもそのお皿、年々増えていたような… でも私、一度も連れて行ってもらったことありませんっ

今年友人が予約してくれて、初めての都をどりは何と左側花道横の座席 これは期待できそうと、朱色のぼんぼりが賑やかな四条通りを曲がり、花見小路通りのアーチをくぐって、1時間前には祇園甲部歌舞練場へ。華やいだ雰囲気に気分が盛り上がります。

都をどり

12時半からの第1回公演が始まるまでにお茶席へ。今年舞妓さんたちが着る衣裳や帯、芸舞妓さんらのお稽古の成果である様々な作品を見た後、風情のある庭園を散策しお待合にいると、ほどなくお茶席に案内されました。椅子席の前方には、お点前をされる芸妓さんとお控えの舞妓さんが

都をどり都をどり
都をどり都をどり

都をどり
都をどり都をどり

輝くような艶やかさの中にも凛とした気品がありますね。すっかり見惚れてしまって、お茶もお菓子もうわの空。ですが、記念品の団子皿は半紙に包んでしっかりバッグにしまいます。

これまでの都をどりで使われたという衣裳がズラリと展示されている2階の一角からお庭を眺めた後、ロビーへ。そして時間がくると扉が開けられ、いよいよ劇場内に入ります。なかなか凝った造りで、大き過ぎずそれほど窮屈感もなく程好い感じ。何しろ花道の真横ですから文句のつけようがありません!

「都をどりはー よ~いやさー」と聞こえたかと思ったら、青い着物に朱色の帯の舞妓さんと芸妓さんが花道を埋め尽くしました。おお、何という圧倒される華やかさ その奥にはお囃子の芸・舞妓さんらが。踊りも音色も次々替わる舞台背景も、すべてが雅やかです

今年は花都琳派染模様と題し、第一景から第八景まで、春に始まり夏・秋・冬と巡り、再び目の覚めるような桜満開の春を迎えるノンストップの1時間、息つく暇もありません。お人形のように美しい芸・舞妓さんが、京舞・井上流を格調高くキリリと舞う姿にうっとりしていると、あっという間に終了。

あー楽しかった 何故もっと早くに観に来なかったのかと悔やむことしきり。京都・五花街が春や秋に開催するそれぞれの流派の公演を、これからひとつずつ観に行こうと心に決めたのでした。

◎『都をどり』を覗いてみる → コチラ
関連記事

| ◇京都 | 21:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは
昔、京都の御池近くの路地にカウンターと狭い小上がり1つだけの飲み屋さんがあり、その常連さんの一人に踊りの御師匠さんがいて都踊りの指導をしておられました。気風の良い妙齢の女性で花街の雰囲気と色気のある方でした。
その飲み屋さんの名物女将が交通事故で亡くなってから京都へはほとんど行かなくなりましたので、まつよいぐささんの記事を読みながら、御師匠さんやほかの常連さんたちも皆さん御元気なのかなぁと思い出させていただきました^^

| naraspa | 2015/04/21 23:25 | URL |

都をどり

京都の4月と言えば「都をどり」ですね、昔は4月前になると市電に広告が掲載されていました。この記事を拝見して昔の京都を思いだしました。京都は奥が深そうなのでこれからの探訪が楽しみです。

| flux capacitor | 2015/04/22 09:30 | URL | >> EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/04/22 12:07 | |

naraspaさん、こんばんは

ほほぉ~、何だか羨ましい大人ないいお話ですね。

今どこでも水商売のクロウトが少なくなりました。実は私、親戚が60年前から北新地で料理屋をしているので子供の頃一時北新地が遊び場でした。素敵な紳士のお客さんや、女将さんとかママさんに可愛がってもらいましたよ。

京都に夜の行きつけがあるなんて粋ですね。御師匠さんどうされているでしょうね~

| まつよいぐさ | 2015/04/22 19:25 | URL |

flux capacitorさん、いらっしゃいませ

わ~懐かしい、市電ですか! もうすっかり忘れていました。
昔はバスじゃなくて、市電利用しましたよね。
車道の真ん中に超狭い降り場があって何度か怖い思いもしましたわ。
あの頃はホントのんびりしていましたね。いい時代でした。

と言いつつ、私の京都巡りはだいたいいつも超高速です^^;

| まつよいぐさ | 2015/04/22 19:34 | URL |

春の京都といったら都をどり!と、一昨年初めて観に行きました。
思っていた通り 絢爛豪華でうっとりとしたのを思い出しました。
それにしてもだいたい京都は外人が多いと思うのですが、
歌舞練場の入場の時、私たち以外はみんな外人でびっくりしました。

写真の舞妓さんきれいですねえ^_^ 

| 薔薇ねこ | 2015/04/23 20:53 | URL | >> EDIT

薔薇ねこさん、こんばんは

いいですよねぇ~ 都をどり(*^_^*) 楽しかったです。
第1回公演だったし早めに行ったので、混雑してるような印象はなかったのですが
終わって出てくると団体のバスが到着したところで、歌舞練場前はごった返していました。

とにかく東山に通じる四条や花見小路は外人さんが多いですけど
都をどりにもそんなに外人さんが来られるのですね!? ちょっと情緒が・・・

芸・舞妓さん綺麗な方でしょ。でも大変なお仕事ですよね。

| まつよいぐさ | 2015/04/23 21:23 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/249-25298596

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>