FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

~奇跡の歌声に乗せて愛と生きる力をあなたに~

そこは、優しさと称賛で満ちていました。想像を絶する苦難を乗り越えてステージに立つ一人のテノール歌手に、皆立ち上がり惜しみない拍手を送っています。

甲状腺がんで声帯および横隔膜の神経を切断、右肺の機能も失いながらも、世界的な権威である京大一色信彦名誉教授の手術を受け、厳しいリハビリを経て、声帯機能を回復したというのは、医学の常識を超えた奇跡。ベー・チェチョルさんは、一曲ごとにこみ上げる想いをこらえながら、時々そっと目頭を押さえ、そうして深く寄り添うようなピアノの音色に合わせて歌い上げるのでした。

『100年に一人のテノール』と称され、ヨーロッパの主要歌劇場で主役を演じて高い評価を得ていた栄光から一転、甲状腺がんにより声を失うという奈落へ。そんなとき、親友の音楽プロデューサー・輪嶋東太郎さんが手を差し伸べ、数々の奇跡が重なり復活を遂げたということです。

4月21日、ザ・シンフォニーホールで開催されたこのコンサートは、その復活にいたく感動された聖路加国際病院の名誉院長である日野原重明先生のプロデュース。こちらも、103歳でお変わりない現役続行中という奇跡。深いお話、心に刻みました。

これは、ただのコンサートではありません。ベー・チェチョルさんの歌声を通して聞こえてくるのは人間賛歌です。そして奇跡を起こした目に見えないものへの感謝です。拍手しながら、熱いものがこみ上げてきます。今日は、この涙を大事に家に持ち帰ろう…そう思いました。

ベー・チェチョル コンサート

ベー・チェチョルさんの物語は、昨秋映画になって公開されていたようですが見逃しています。それがこの夏、同じホールで第2弾として、映画上映&日野原先生のお話&ミニ(たぶん)コンサート&執刀された京大の一色先生のお話という豪華プログラムで開催されるそうです。

・8月4日(火)14:00~ 全席指定で¥5,500
・チケットの一般発売は5/25から開始

映画『ザ・テノール 真実の物語』 → コチラ
関連記事

| クラシック | 00:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/04/24 18:53 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/05/01 18:46 | |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/250-97877526

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。