FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ『椿姫』

今年も兵庫県立芸術文化センターで夏の恒例、佐渡オペラが開幕しました。昨年に引き続き、競争率約8倍という難関を突破し、幸運にも公開リハーサル観覧に当選 一緒にチケットを予約したオペラは人生初めてという友人を連れて、まずは公開リハーサルで予習を。

2階右手の最前列に座って、舞台とオーケストラピットの両方を横から見下ろします。舞台は本番そのまま、ピットにはTシャツ姿の佐渡さんとラフなスタイルの団員さんらが。1階でスタッフやキャストの方たちが挨拶を交わしたりするのを、もの珍しく眺めながら、どことなく気分はリラックスモード。

今回は開館10周年記念と題しヴェルディの名作『椿姫』が上演されます。「オペラの中のオペラ」「10周年の集大成」などと佐渡さんが仰るから、期待せずにはいられませんね

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ『椿姫』

そして開演初日、この日のためにアクセサリー(だけ!?)を新調し ドレスアップして芸文センターへ。こちらは明るく開放的で親しみやすいホールですが、重厚感には欠けるようです。そのせいなのか、平日だからか、オペラにしては1万2千円という手頃な料金設定の影響か、カジュアルなスタイルの方も結構見受けられて、特別感が半減で、ちょっと残念。

物語は、19世紀のパリ、社交界の花形で美貌の高級娼婦・ヴィオレッタが、青年アルフレードから突然愛を告白され、葛藤しながらも真実の愛に目覚めすべてを投げ打ち二人で暮らし始めるけれど、義父のジェルモンから別れるよう迫られ愛ゆえに身を引き、誤解したアルフレードから糾弾されても何も語らず、不治の病が進行し死の床についた時ようやく事情を知ったアルフレードと再会、そして永遠の別れが・・・という美しくも哀しい悲劇。

日替わりのダブルキャストで、ヴィオレッタは公開リハーサルも本番も同じで森麻季さん(ソプラノ)。アルフレードがルチアーノ・ガンチさん(テノール、伊)で、その父ジェルモンがマーク・S・ドスさん(バス・バリトン、米)。森さんは不治の病に侵された美しい主人公を熱演。繊細で透明感ある歌声が心に響きます。特にドスさんとの二重唱は引き立てあって素晴らしいですね

お馴染みの『乾杯の歌』や、哀愁のある美しい曲の数々にウットリ。こんな私でも聴いたことがある曲ばかりで、さすが『椿姫』。それに歴史背景もそれほど難しいわけでもなく、日本人にも人気がある理由がよくわかりました。前から6列目の中央付近で、時々佐渡さんの振るタクトに目を遣りながら、歌い手の様々な技巧を存分に楽しませていただきました
関連記事

| オペラ | 17:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/07/19 17:39 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/07/20 10:58 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/08/05 22:14 | |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/254-acac2647

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。