待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2016

今年も春日大社・興福寺・東大寺の三社寺に奈良博を含めた奈良公園一帯で、ライトアップイベント『なら瑠璃絵』が始まりました。真冬とはいえ風もなくまずまずのお天気というのに、初日8日は何故かもの静かにひっそりと開幕。昨年一人で訪れて意外に楽しめたので、今回は友人らと一緒に。

2016 なら瑠璃絵

この日は午後からゆっくり奈良へ。春日大社の駐車場に車を停めて、朱色も真新しい二の鳥居へ。参道ではクレーン車を使って傷んだ大木の枝を切り落としていました。その足元では、鹿さんらが群がり落ちた葉をムシャムシャ。14時から『二十年に一度 御仮殿特別参拝と御蓋山浮雲峰遥拝所参拝』という有料特別企画に参加します。

案内してくださるのは神職かと思いきや、うら若き巫女さん。およそ1300年前、四柱の神々さまをお祀りして創建された春日大社では、第六十次式年造替が行われています。式年(=定まった一定の期間) 造替(=社殿を造り替える)とは、本殿の位置を変えずに建て替えや修復を行うこと。神々さまは一時的に移殿にお遷りになりますが、修復が終われば元の本殿にお還りになります。

なら瑠璃絵 春日大社なら瑠璃絵 春日大社なら瑠璃絵 春日大社

この期間何度も何度も参拝しているので、案内の内容はほとんど耳にタコ。でも、この連綿と続く壮大な行事を身近な人にこそ紹介したくて、それにわずかでも繰り返しお賽銭を供えて手を合わせ感謝することが私なりのご奉仕。

16時頃、天極堂の吉野葛を使ったヘルシーな季節の膳で、昼夕兼用の食事を。途中で若草山を見ると、1月の山焼きで焼け残ったところをこっそり(!?)焼く煙が。

なら瑠璃絵 若草山

お腹を満たし冬装備を整えた後は、ゆっくり東大寺へと向かいます。鏡池の周りで18時の点灯を待って中門へ。警備が無駄に思えるほど不思議なくらい人影がまばらで静かです。中門越しに大仏殿の観相窓から大仏さまのお顔を拝観し、鏡池でウォータープロジェクションを鑑賞したら、ライトアップされた南大門の金剛力士像を拝観。ここまでは昨年と同じ。

なら瑠璃絵 東大寺
なら瑠璃絵なら瑠璃絵

ところが、奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~(名称が長い!)に向かう春日野園地周辺はライトアップなし、浮雲園地も去年に比べて光のオブジェが少ないような… メインの庭園イルミネーションの冬七夕ロードも全く混み合うことなくゆっくり通れました。

なら瑠璃絵なら瑠璃絵
なら瑠璃絵

特に奈良国立博物館周辺はウォータープロジェクションだけと寂しい限りで、興福寺へと続く道に見どころもなく、春日大社へ引き返します。暗い参道に突如として現れるミラーボール。そういえば去年、萬葉植物園では『イルミ奈~ら』が同時開催され、垣根越しに見えるライトアップの灯りがきれいでしたっけ。

夜神楽は二の鳥居の階段を上がったすぐの参道で。去年は確か着到殿でしたが、狭くて危険だからでしょうか、ちょっと残念。南門まで行って灯りのともった釣燈籠が並ぶ回廊を覘くと、人影もなくひっそり。

今年、なら瑠璃絵はずいぶん縮小した感がありましたね~ 最終日の14日はバレンタイデーで花火もあがって盛り上がるのでしょうか。でも、私は嫌いじゃないですよ、この閑散とした静けさが、そして暗がりの向こうに広がる漆黒の闇も。
関連記事

| ◇奈良 | 13:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/267-3b8ac9e1

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>