待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

将軍塚青龍殿 & ガラスの茶室 光庵

3月の、とある晴れた日、京都の東山山頂にある将軍塚青龍殿へ。2年前の秋に建立された時はかなりの話題となりましたね。でも、狭くて曲がりくねった東山ドライブウェイが混み合っていそうで気が進まず、今まで行く機会がありませんでした。けれど、茶室の展示が4月までと知って急遽訪ねてみることに。

ガラスの茶室 光庵

こちらは粟田御所と呼ばれる門跡寺院・青蓮院の飛地境内。桓武天皇が都を移される折、和気清麻呂に伴われて山上から京を見下ろし、平安建都を決意されたという場所。そこには都の安泰を祈って、天皇の命により、将軍の像を土で作り、それに鎧甲を着せ鉄の弓矢を持たせ太刀を帯させて塚に埋めたと伝わる将軍塚があります。

将軍塚 青龍殿

そして、平成26年10月、この京都の街を一望する絶景の地に建てられたのが、青龍殿と大舞台。大正天皇の即位を記念し大日本武徳会京都支部武徳殿として建立され、戦後は柔道剣道の道場として利用されていたという木造大建造物は、見事に移築再建されていました。奥殿には国宝・青不動明王二童子像が安置されていますが、現在は非公開で複製のみ拝観可。

青龍殿

実は一番楽しみにしていたのが大舞台。清水寺の舞台の4.6倍というから驚きです。京の街と、見守るかのように取り囲む山々。雲が流れ影が動いて、風が渡っていきます。でも正直、この大舞台いっぱいに人は来ないでほしい…怖いから。

ガラスの茶室 光庵

そこに展示されているガラスの茶室 光庵は、吉岡徳仁氏の作品。広い大舞台にポツンと置かれた、ただの透明なガラスの茶室ではありません。自然光に照らされたとき、それは七色の光を放ってオーラを発し、無機質なガラスに命が輝く、そんな気がしました。京都・フィレンツェ姉妹都市提携50周年記念の特別展覧会とのことで、会期は昨年4月から約1年。新しく作られた庭園も美しく、桜の頃や紅葉の頃は素敵でしょうね。

ガラスの茶室 光庵

大舞台

この後、ザ・ソウドウ東山で遅めのランチを。高台寺駐車場に車を停めたら、ちょうど高台寺お茶所がオープンしたばかりとかで、方円流お煎茶の接待がありました。お家元もお元気そうで大変懐かしく、お茶も本当に美味しくて嬉しかったのですが、ン十年振りのお茶席ゆえ、すっかりお作法を忘れていて愕然。とても看板いただいているとは言い出せませんでした
関連記事

| ◇京都 | 23:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめて訪問しました

京都って素敵ですね~。ガラスの茶室もはじめてみました。京都に住もうかと考えて、京都ブログを読み漁っています。茶道も習ってみようかな~なんて思いました♡

| ジェミニ | 2016/03/30 14:39 | URL |

初めまして、ジェミニさん(^^)

コメントありがとうございます。
何だか色々面白そうなことやってらっしゃいますね!
それにご経歴にも興味そそられますわ~

移住計画がおありなんですか!?
京都を深く愛する者のブログでは、どうしても古き良き時代への郷愁が強すぎて
現在の京都の姿を正確に映し出していないかもしれません。

JR京都駅・四条通・東山界隈そして錦市場などは、すでに異国化してますから。
観光都市の名のもとに伝統や文化をを切り売りし、本物が影をひそめて
猥雑な街になりました。
でも住んでみれば、じっくり時間をかけて本物を探すことができるかもしれません。

私もいつか住んでみたいです。週に4日以上京都に通うくらいなら・・・^_^;

| まつよいぐさ | 2016/03/30 22:35 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/272-d793f29e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。