FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

佐保川から奈良公園へお花見ウォーキング & 薬師寺 鬼追式

桜がちらほら咲き始めた翌日は、第1回目のお花見へ。今回は、奈良市が提供する ’奈良を歩く ゆきめぐり’ のウォーキングコース、『桜花爛漫 奈良公園の桜を訪ねて 佐保川から奈良公園へ』のとおりに歩いてみます。

お昼前、NHK奈良放送局前の駐車場に車を停めたら、まずはスタート地の近鉄新大宮駅へ。奈良駅周辺はすでにかなりの観光客で賑わっていましたが、逆方向に歩くのでひと気もなく静かです。大宮橋から佐保川沿いの道に入ると、一気にのどかでローカルな雰囲気。江戸時代末期に奈良奉行の川路聖謨が植樹させたのが始まりという桜並木は、まだ3、4分咲きぐらいでしょうか。

佐保川

佐保川 佐保川

道から川に降りる階段に腰を下ろして、お昼のおにぎりを。音楽もない、大声もない、BBQの匂いもない、柔らかな日差しに包まれてのんびり。さらに佐保川沿いを東へ進むと、ひときわ目を引く大きな桜の木が川面に向かって枝を伸ばしていました。両腕を支えられながらも凛と佇む古老の風格。樹齢160年という特別な川路桜のようです。

佐保川

下長慶橋を渡ると正面に大仏鉄道記念公園のしだれ桜が。その昔大仏駅ってあったのですね!? この後、住宅街を通って興福院から鴻ノ池運動公園を抜け、聖武天皇陵と光明皇后陵へ。想像していたより小ぢんまりしていて意外でした。

大仏鉄道記念公園
聖武天皇陵・光明皇后陵

再び佐保川沿いを歩いて若草新橋を渡り、転害門から東大寺・大仏殿へ。これまでの静けさが嘘のようなすごい喧噪です。いろんな言語が飛び交う参道を足早に通り抜け、奈良公園の浮見堂へ。ただ今池の水を抜いて整備中。こちらの桜も満開にはまだ間がありました。

転害門
東大寺
東大寺 大仏殿

2016 浮見堂

時間の都合でウォーキングコースはここまで。駐車場に引き返す途中、天極堂で冷やし葛うどんセットを。食感やのど越し、つゆの加減も良くて◎ このあと車で薬師寺に向かいます。嬉しいことに駐車場は4時半から、参拝は5時から無料。

この日は、25日から始まった花会式(修二会)の最終日。日の沈む頃結願法要が行われ、8時半頃から金堂前で鬼追式が行われます。法要には入堂券が必要なので、鬼追式が始まるのをひたすら待つことに。それにしても、節度のないアマチュア撮影グルーブが多すぎ。

薬師寺鬼追式

この鬼追式は、薬師如来のお力を受けた毘沙門天が、暴れまわる5匹の鬼を鎮める行事ということですが 『松明を鬼が振り回し大変危険な行事です。ご参拝には十分気を付けてお参り下さい。』 と書いてあるのを見つけたら、行かないわけにいきませんよね!

舞台の大松明に火が点けられると、間もなく咒師(しゅし)が登場。振り返ると中門には、松明をかざした5匹の鬼がそろい踏み。大暴れしながら舞台に上がると、今度は大松明の竹を揺らし盛んに火の粉を降らせて一段とヒートアップ。放り投げられた松明が、容赦なくこちら方向に飛んできました

薬師寺鬼追式

薬師寺鬼追式

薬師寺鬼追式

薬師寺鬼追式

最後にチョンチョンと独特な動きの毘沙門天が登場し、鬼たちを鎮めて終了。熨斗に包まれた『修二会結願 御松明』をいただいたら、本日の予定全終了。暖かな春の一日、穏やかな昼と危険な夜を体験できました。
関連記事

| ◇奈良 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

お花見ウォーキング、いいですねぇ。
僕は、生憎と入院中で、
仕方ないので、お隣の扇町公園で
お花見ウォーキングでした(苦笑)

| 癌ダム4G | 2016/04/08 11:53 | URL |

お疲れさまでした

こんにちは。


佐保川から鬼追い式まで、たっぷり奈良でのご滞在とご紹介をありがとうございます。
それにしても、よく歩かれましたね。

現在、佐保川の桜は、かなり散っていますので、なんて初々しいのと懐かしく見入っています。つい1週間前のことなのにね(笑)

| かぎろひ | 2016/04/08 12:34 | URL | >> EDIT

こんばんは、癌ダム4Gさん

ちょっとご無沙汰しているうちに、入院されていたのですね。
それも桜のきれいな扇町公園が隣という抜群のロケーションが入院先とは!
コメントがいただけるくらいだから、順調に快方向かっておられるのですね。
何かとご不自由でしょうに、上手く入院生活を充実させておられるので感心します。

| まつよいぐさ | 2016/04/09 20:54 | URL |

行ってきました! かぎろひさん

残念ながら満開ではなかったけど、川沿いの桜に癒されました。
ちょうどこの日は、高校野球の決勝戦で智辯学園が優勝した日。
だから地元の方が少なかったのかも、なんて勝手に思っています。

薬師寺の鬼追式は、撮影目当ての人が多すぎてちょっと・・・
来月も薬師寺の玄奘三蔵会大祭に初めて参拝する予定です♪

| まつよいぐさ | 2016/04/09 21:23 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/273-5b60a3b1

TRACKBACK

薬師寺の修二会 花会式 & 秋篠寺の伎芸天

雲ひとつない青空に誘われ、金曜日は奈良・薬師寺へ。25日から31日まで行われる春の伝統行事・修二会 花会式薬師悔過法要の案内をいただき参拝に。奈良観光パンフレットの表紙にもなっていて、ちょうど気になっていたところでした。 およそ900年前、堀河天皇が皇后の病気平癒を薬師如来に祈願されたところ無事本復され、それに感謝して皇后が十種の造り花(梅・桃・桜・山吹・椿・牡丹・藤・百合・杜若...

| 待宵草の薄暮日記 | 2016/04/08 02:00 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。