待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

May~Aug. '16 ③

ことば少なに で振り返る文月は、体力勝負。


京都 法金剛寺 & 伊藤若冲生誕300年記念シンポジウム<7/1>

法金剛院法金剛院
法金剛院

若冲シンポジウム

法金剛院の蓮はまだつぼみ多し。シンポジウムはお目当ての辻惟雄氏が病欠。


信州 上高地~蓼科の<7/5~7>

上高地
上高地上高地上高地
上高地

蓼科
八島ヶ原湿原

宿泊は上高地の五千尺ホテルと、エクシブ蓼科。特に五千尺ホテルのバルコニー付きのお部屋は、梓川と河童橋が眼下に一望できる最高の眺望。梅雨空で穂高連峰は見えなかったけれど、久々の信州旅行はやっぱり楽し♪


大阪交響楽団 名曲コンサート<7/9>

大阪交響楽団 第91回名曲コンサート

いつもながらの安定した演奏。しかし、天才モーツァルトというけれど、未熟な私にはいまだその偉大さがピンとこず、ざんねん!


松竹座 七月大歌舞伎<7/12>

2016 七月大歌舞伎

NHKの『古典芸能への招待』で放映されているのを観て、急に行きたくなって一人で夜の部へ。初めて口上というものを観たけれど、役者同士の情に溢れた言い回しがいいですね~ 襲名披露公演は華やか。


祇園祭 前祭と 京町家・吉田家住宅<7/14>

函谷鉾函谷鉾 
函谷鉾
函谷鉾
函谷鉾函谷鉾函谷鉾

吉田家吉田家吉田家

祇園祭前祭
祇園祭前祭祇園祭前祭祇園祭前祭
祇園祭前祭
祇園祭前祭祇園祭前祭祇園祭前祭
祇園祭前祭

○○銀行の得意先向けイベント、京町家「吉田家」と山鉾見学に参加。函谷(かんこ)鉾に搭乗し拝観。美濃吉でランチの後解散。四条通でうちわと地図をゲットしたら、炎天下ひたすら山鉾を観て回り、暑さも時間も忘れる、初めての祇園祭。


佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ 公開リハーサル<7/20>

夏の夜の夢

抽選に当たって、公開リハーサルを見学に。今回のオペラはシェークスピア。何かいつもと違う感じ。


祇園祭 後祭と 京町家・杉本家住宅<7/22>

杉本家
杉本家杉本家杉本家
杉本家杉本家2016 杉本家7杉本家
杉本家

祇園祭後祭祇園祭後祭
祇園祭後祭祇園祭後祭 
祇園祭後祭祇園祭後祭祇園祭後祭

大学コンソーシアム京都が開講する京カレッジ 京都力養成コース京都学講座「京の文化遺産」を4月から受講。7月の実地講座「祇園祭 ハレの日のしきたり」は、重要文化財 杉本家住宅で 講師はもちろん杉本節子さん。メリハリのきいた素敵な方です。暑さに慣れて熱中症が心配な1日。


佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ 『夏の夜の夢』<7/26>

夏の夜の夢1

公開リハーサル見学で予習済みなので本番は雑念なく集中。前から5列目の中央席で、すぐに物語に引き込まれて魅了されました。でも…ハーミア役が捻挫とかで車いすに乗って登場したり、そのため演出が変わって動きがなくなったりと、ファンタジーなのにこれってどうなんでしょ。


京都国立博物館 夏期講座 『名品を旅する』<7/27~29>

嵐山
天龍寺
天龍寺
天龍寺
臨川寺
臨川寺

ここ数年毎年参加しているけど、今年のテーマが一番嬉しい。河鍋暁斎・狩野芳崖・狩野元信、そしてモネ。中日は天龍寺と臨川寺に特別参拝し、解説を聞きながら夢窓疎石のお庭を見学。


信州旅行 番外編 30kmオーバー一発免停 顛末記

人生どこに落とし穴があるかわかりません マイカー規制の上高地から沢渡駐車場まで乗ったタクシーの運転者さんが、「新島々駅を過ぎたら絶対40kmを超えないように」と、あれほど親切に教えてくれていたにも拘らず、前の車がひょいと左折したあと魔が差したんですね~その前の車に追いつこうとアクセルを踏んだ直後、警官が手招きして脇道へ。

結果は33kmオーバーで30日の免許停止。大阪に戻って2週間ほどしたらハガキが届きました。まず、大阪区検察庁交通分室に出頭。検察庁調室の主任捜査官から違反事実について確認があり、その後起訴されて、同じ建物内の簡易裁判所が書面審理をしたあと略式命令請求があり、区検察庁に罰金6万円を納付。これを略式手続というのだそうです。

そして、8月初めには門真運転免許試験場で違反者講習。8時45分集合で一旦運転免許証を返納し講習料13,200円也を支払うと、17時近くまでスケジュールびっしり。実車運転・各種適性検査・「ルールとマナー」についての講義、最後に筆記試験。何とか無事終了して免停は29日短縮となり、運転免許証が手渡され翌日から運転可能に。

事故を起こすよりマシです。日頃の心掛けも悪かったと反省してます。多少適性には難がありますが、この前歴が消えるまで1年間、とにかく制限速度厳守で無事故・無違反頑張ります。。
関連記事

| 関西のたからもん | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/282-77dd35e6

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。