待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

明日香~本薬師寺跡~聖林寺~唐招提寺 花めぐり

すっかり恒例となった初秋の奈良・明日香めぐりへ。朝7時に車で千里を出発、まずは日本の原風景が広がる稲渕の棚田に。いろんな案山子さんがお出迎え。

明日香明日香明日香
明日香
明日香明日香
明日香

明日香

石舞台古墳まで戻って、持参したコーヒーと大極殿本舗のカステイラで休憩。そのあと、境内に芙蓉や酔芙蓉が咲く聖徳太子の生誕の地、橘寺へ。今回は時間をかけて寺宝を拝観します。

橘寺橘寺橘寺
橘寺橘寺

この日のランチは、万葉文化館で庭園を眺めながら、パンカフェ Sizin(しじん)でサンドウィッチの軽食を。食後に万葉庭園をブラブラしてから、橿原の本薬師寺跡へ。ピークは過ぎていましたがホテイアオイは健在。

本薬師寺跡
本薬師寺跡

次は桜井の聖林寺へ。多武峯街道から車幅ギリギリの細い道を上がります。何度訪れても拝観するたびに、そのお姿にウットリして心が満たされてしまう十一面観音立像は、全国に7体ある国宝のうちの一つで超美仏。

聖林寺聖林寺
パンフレットより
最後に24号線を西ノ京まで北進、行った記憶がないという義従姉のリクエストに応えて唐招提寺に参拝します。苦難の末、ついに日本に渡ってこちらを開いたのは中国・唐の高僧、鑑真和上。境内には萩の花が咲いています。

唐招提寺

ただ今、御影堂は平成大修理中。受付で手渡された案内に掲載されているQRコードをスマホで読み込めば、各伽藍の説明を動画で見ることができて気が利いていますね。でも、たちまち電池残量がわずかとなり撮影終了、そして閉門。無事予定をこなして大満足な1日となりました。
関連記事

| ◇奈良 | 16:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

m(__)m

\(^o^)/ 今晩は。

紅白の曼珠沙華・・・これだけあると見ごたえがありますね。

唐招提寺の伽藍の説明をスマホで見られる・・・知りませんでした。サンクスです。今度行ったときやってみようと思います。

萬福寺音舞台・・・忘れるといけないので、やっと予約入れました。
一週間前からでないと予約できないので。
楽しみです。

無責任男 拝



| minekazeya | 2016/10/03 23:24 | URL | >> EDIT

無責任男こと minekazeyaさま

こんにちは~(*^_^*)
明日香稲渕の棚田は、のどかでホッとする大好きな風景です。
今年は台風の後だったので、少し倒れている彼岸花もありました。

久し振りに唐招提寺行ってきました。風情があっていいですね~
スマホの電池残量が気にならなければ、動画解説はおススメですよ。
何カ国語かあるのに、周りで見ている人はいませんでしたけど。

万福寺音舞台はどんな風に撮影されているのか私も楽しみです♪

| まつよいぐさ | 2016/10/05 10:52 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/289-600f4f38

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。