待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

真田・九度山

来週から兵庫県立芸術文化センターで始まる中村勘九郎さん主演の舞台『真田十勇士』を観に行く前に、予習を兼ねて今話題の九度山へ。南海電鉄の真田・九度山きっぷ(なんば⇔九度山往復+真田ミュージアム入場引換券)を1,600円也で購入し、9時発の真田赤備え列車に乗り込みいざ出陣!

泉北高速鉄道
泉北高速鉄道

こちらは10/2までの『くどやま芸術祭』が終わったばかりで、街中は祭りの後の静けさ。駅にあったパンフレットのモデルコースを参考に、人気のない道をのんびり歩きます。真田のみちという商店街を通って、真田いこい茶屋に立ち寄り休憩、抜け穴伝説のある真田古墳を覗き込んだら、幸村・昌幸親子が隠れ住んだ屋敷跡に建つ真田庵へ。

九度山
九度山九度山九度山
九度山九度山
九度山九度山

お隣の幸村庵でそばを打っているのが窓越しにチラリ。誘われるように開店を待って早めの昼食を。美味しくてボリュームもありイス席で楽だし雰囲気も良くて◎ この後、九度山・真田ミュージアムへ。申し訳ないけどNHK大河ドラマ『真田丸』は見ていないので、実はイマイチ馴染みがないのですが、映像やパネルでお勉強します。

九度山九度山
九度山

次に丹生橋を渡って慈尊院へ。こちらは弘法大師空海の母公が晩年に暮らしたお寺で、女人禁制の高野に対して女人高野と呼ばれていますね。大師が高野山より母公を月に9度尋ねられたことから、この地を「九度山」と称されるようになったそうです。多宝塔の後ろに見える119段の階段を上がると、こちらも大師創建の丹生官省符神社。その奥から高野山へと続く町石道が始まります。

九度山九度山
九度山九度山

さすが世界遺産、バスツアーでしょうか、観光客の一団がなだれ込んできたので退散。最後に道の駅・柿の郷くどやまの産直市場よってってへ。これは壮観! ズラーッと旬の柿と早生みかんが並んでいます。しかも安さにビックリ。車でないのが悔やまれますが、買わないわけにはいきません。駅までの帰り道、谷本萬寿堂で素朴なだんごを。

駅に着いたら、電車は出たばかり。無人駅の誰もいないホームのベンチに座って、みかんジュースで喉を潤し、今買ってきただんごをパクリ。たまにはローカル電車の旅もいいもんですね~

九度山
関連記事

| ◇その他 | 00:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

九度山!


こんばんは。
九度山へようこそ。ありがとうございます。

実は九度山は故郷です。
実家はもう少し山のほうですが。両親がいなくなってから、帰郷することが少なくなりましたので、なんだか懐かしい光景ばかりです。

町石道はおすすめです。また歩いてみたいと思っています。

| かぎろひ | 2016/10/06 21:58 | URL | >> EDIT

こんばんは! かぎろひさん

九度山に帰られたときのブログ拝見しました。
山あり川ありで、気持ちいい風が渡ってすごく癒されますね~
今回は完全に真田コースだったのですが、もっと自然を感じたかったです。

丹生官省符神社で高野山まで町石道を上ると6~7時間かかると聞いて
ちょっとビビッてしまいました(^_^;)

どこを見渡しても立派な柿の実が生っていますね。
大きめのザックで行って正解でした。柿もみかんもズシリと重かったけど
どれも甘くて美味しいです。ステキな故郷があってうらやましいですね。

| まつよいぐさ | 2016/10/06 22:25 | URL |

m(__)m

\(^o^)/ 今晩は。

録画していた「萬福寺音舞台」拝見しました。

<ライトアップされた寺社には何か神秘的な雰囲気があります>

その通りですね。
現場で見るのとTVで見るのと・・・雰囲気や迫力は現場の方が実感として伝わってくるものがありますが、見る場所によっては人物が小さくてよくわからない場合も・・・。
その点、TVだと大きくアップで写してくれますので、表情や細かい動きもよくわかりますね。両方見るのがいいのでしょうが。

指で表現する孔雀の嘴の動きなど、感心しました。

村治さん復帰できてよかったですね。

彼女が15歳でジュニアで優勝し、当時久米宏さんがやっていたニュースステーションに出演したとき見てました。
いま38歳・・・それだけこっちも年を重ねてるという時の立つのがが早いというか・・・なんかショックです。

良いものを教えていただきました。有難うございました。

| minekazeya | 2016/10/10 22:34 | URL | >> EDIT

こんにちは、minekazeyaさん

私も眠い目をこすりながらテレビ見ました!

音舞台当日は、壮大な空気感にすっかり酔っておりまして
それに座席が横の方だったせいもあり、出演者の細かな部分など
全然見ていなかったということがよくわかりました(^_^;)

こうして見ると、ヤン・ウーさんの手の動きは繊細で美しいですね~
意外にもジェンキンスさんの歌は期待ほどでもないかな!?
ああいう場所にいると、ビジュアルで結構ごまかされてしまうんです。

でも、やっぱり好きですわ~、音舞台。来年も行きたい!

| まつよいぐさ | 2016/10/11 16:16 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/290-5863a015

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。