待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

スペクタクル時代劇  真田十勇士

幕が下りても万雷の拍手は鳴りやみませんでした。総立ちとなった客席が一体となって、この公演を讃え、歓喜しているようでした。

戦乱の世、名将の誉れ高い真田幸村が、実は無口で平凡な武将だったという奇想天外なストーリーで始まる時代劇は、2014年に初演、今年東京・横浜を経て、いよいよ関西上陸。初日に兵庫県立芸術文化センターへ。

真田十勇士真田十勇士

映像と音響を駆使したダイナミックでスピード感ある展開、猿飛佐助を演じる中村勘九郎さんの軽妙で小気味良い身のこなしと早台詞、それに敵味方入り交じっての切れのあるど派手なアクション。美形の若手はなかなかの芸達者揃いだし、幸村役の加藤雅也さんや淀殿役の浅野ゆう子さんはさすがの貫禄で舞台をピリッと引き締める存在感。視覚・聴覚だけでなく嗅覚も刺激されます。

チケット販売開始から既に2ヶ月近く経っていたので、期待せずに残席情報を見てみると、何と前方の中央ブロック通路側が空いていました。これは行くしかない❗

始まってみれば、横の通路を何度も役者らが駆け抜けて、ギョギョギョッと目がテン。加藤雅也さんは真横に立ち止まって台詞を。美形がちょっと渋みを増していい感じです とにかく運動量が半端ではありません。余計なお世話でしょうけど、大丈夫?って心配になります。

めちゃくちゃ楽しいし刺激が強くて、う~ん、今日は5歳ぐらい若返ったみたい!? お値段以上のお値打ちです
関連記事

| その他♪ | 23:39 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2017/01/01 22:05 | |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/292-b0de5712

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。