FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

重源上人のお墓参り & 奈良国立博物館 春日大社のすべて & 法華寺

お天気が崩れないうちにと、午前中に東大寺の北にある三笠霊苑へ。治承四年(1180年) 東大寺炎上後、61歳の高齢で復興の命を受け全国を勧進し、10年で大仏殿を再建した重源さんのお墓参りに。

2018 重源上人1

管理事務所で案内図をもらい東大寺墓地まで急坂を上がっていくと、頂上あたりの見晴らしいのよい場所に三角五輪塔を発見。この夏、重源さんが勧進のために設営した7つの別所のひとつ、播磨別所の浄土寺にボランティア仲間と行くまでに、一度お墓を訪ねて手を合わせたいと思っていました。

2018 重源上人2

2018 重源上人3

2018 重源上人4

次に奈良国立博物館へ。現在、創建1250年記念特別展 『国宝 春日大社のすべて』開催中。思っていた以上に展示内容が素晴らしく、神宝類や多くの春日曼荼羅は見応えあり、大鎧や白銅鏡にも目を見張りましたが、一番目を引くのは拵の長さが270.5 ㎝という鹿島神宮に伝わる日本最大の古代刀、直刀・黒漆平文大刀拵(ちょくとう・くろうるしひょうもんたちこしらえ)。大きさだけでなく、武甕槌命が高倉下にさずけた剣という由緒にも圧倒されます。

2018 春日大社のすべて

最後に法華寺へ。光明皇后の命日に合わせて、この日から特別開扉されるご本尊の国宝・十一面観音像を拝観。ついでに閉門間際の海龍王寺へ。山門から続く参道の、創建から何も変わらないのではと想わせる、ありのままの風情が心にしみじみ。

2018 法華寺1

2018 法華寺3

2018 法華寺2

2018 海龍王寺1

2018 海龍王寺2
関連記事

| ◆奈良 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/329-09d21a5d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。