待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

清水三年坂美術館

お天気の怪しい日は美術館へGO! というわけで、前から気になりつつ行く機会のなかった清水三年坂美術館へ。

2016 清水三年坂1

残念ながらこの辺り、私にとっては東山の中でも五条坂に次いでもっとも避けたい観光地。異文化が流入し、目を剥くような光景に出合うこと数知れず。しかしながら、この日は人出も少なくちょっぴり落ち着いた雰囲気。気を好くして歩いていると、うっかり通り越して引き返すほど、小ぢんまりした美術館でした。

2016 清水三年坂美術館

ところが、ひとたび足を踏み入れると、そこは三年坂の喧騒とは別世界。幕末から明治にかけての繊細で洗練された日本の美が凝縮されています。七宝・金工・蒔絵・京薩摩など、とにかく人間技とは思えないほどの超絶技巧に驚嘆。細部の細部をじっくり見てこそ値打ちがある名品ばかりですから、こちらは単眼鏡必携ですね。貸し出しもあるようです。

1階の常設展示室で七宝・金工・漆塗りの解説映像を見てから、2階の企画展示室へ。まるで絵画のような「刺繍(ぬい)と天鵞絨(ビロード)」展開催中。絹糸や金糸が光の角度で幾通りもの表情を見せてくれます。

海外に流出した日本美術に魅せられて、高額な美術品を次々と買い戻し、ついには美術館まで建ててしまったという館長の村田理如氏とはいかなる人物なのかと思っていたら、目の前に。村田製作所の創業者一族のご出身と聞いて、ああ、なるほど。

| ◆京都 | 13:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

国立文楽劇場 聲明 (しょうみょう)

昨秋、あるお寺で本堂に響く荘厳な声明を聴いて感動。今回は劇場での公演ということで、どういうものかちょっと想像がつきません。

2016 国立文楽劇場 声明

声明(=聲明)とは、日本仏教の儀式や法要で僧侶が唱える声楽曲の総称。簡単に言えば、お経に節とリズムをつけたもので、天台声明が有名ですが各宗独自の声明があるそうです。近頃、シンプルにあるいは原始的に繰り返される音とリズムほど、根源的で魂を揺さぶり後を引くものはない、そんな風に感じています。

第一部は、「三井の晩鐘」で知られる滋賀県・大津の三井寺(長等山 園城寺)の声明。天台声明の中でも 『波濤が巖にあたり砕け、その波は再び勢を得て大海にひく如く』といわれる特徴ある「三井の怒り節」で曼荼羅供を。

第二部は、国産念仏門の最初の宗派、大阪府・平野区の融通念佛宗総本山 大念佛寺の声明で夕時勤行を。どちらも解説から始まり、厳かな演出があって、約3時間姿勢を正しながら聴き入りました。

煙となるまえに、こんな声明で見送られたら、穏やかにありがたく旅立てるような気がします。

| その他♪ | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

箕面ハイク

お天気が良ければ時間を見つけて歩きたい明治の森箕面国定公園。休日のせいか、上りが続く府道豊中亀岡線には本格的なウェアに身を包んだサイクリング集団が列を連ねています。この日は政ノ茶屋に車を置いて、なだらかな自然研究路4・5号線を歩き勝尾寺までを往復。木漏れ日の中、柔らかい山道をスタスタ。

2016 箕面自然研究路1

| ◇北摂 | 00:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大阪市立美術館 デトロイト美術館展 & 天王寺動物園

自動車産業の隆盛と衰退の中で、工業都市デトロイトの美術館が守り抜いたヨーロッパ近代絵画のコレクションです。とはいえ、印象派やゴッホ・セザンヌ・ゴーギャン・マティス・モディリアーニ・ピカソなど、名だたる巨匠の作品はこれまで何回も展覧会で観ていますから期待度はそれほど高くなかったのですが。

デトロイト美術館展

デトロイト美術館展

ところが、『傑作の中から選りすぐりの名画が結集』と紹介されているのも納得。生き生きと生命感に溢れた力強い作品が多くて目を見張りました。評判が良いのか、平日にかかわらず入場者も多め。

この日正午になると気温は35℃近くまで上昇。それでも前から行きたかったお隣の天王寺動物園へ。

天王寺動物園
天王寺動物園天王寺動物園天王寺動物園
天王寺動物園天王寺動物園

後ろにそそり立つあべのハルカスとのコラボは都会的風景。でも、ライオンさんもトラさんもオオカミさんもみんな暑さにグッタリ。ほとんどの動物が少ない日陰に身を寄せてジッとして動きません かろうじて象さんのお食事タイムを見学。う~ん、こんなに歩き回ったのに物足りない。

| ◆大阪 | 17:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

萬福寺音舞台

今年の第29回音舞台は、宇治の黄檗山 萬福寺で。毎年頑張って応募するも、去年一昨年と2年連続撃沈。尋常ではない競争率をかいくぐり、今年は何とか招待券を手にすることができました。

萬福寺音舞台

萬福寺音舞台萬福寺音舞台

15時からの座席指定券引き換えまで、日陰のない炎天下に並ぶこと1時間。その後萬福寺に参拝し、近くの茶店で時間をつぶして18時30分の開演を待ちます。

中国から渡来された開山・隠元禅師にちなんだ二胡の演奏や舞踊があり、村治佳織さんのギター演奏、そして最後に英国の歌姫、メゾ・ソプラノのキャサリン・ジェンキンスさんが深紅のドレスで登場。噂にたがわぬ美声と美貌にうっとり。壮大な大雄宝殿をバックに、音楽と光が織りなす幻想的な夢の世界はあっという間に終了。祭りの後は暗がりに虫の音がただ響くばかり。

※この模様は、10/9(日)深夜0:30~1:24、MBS・TBS系で全国ネット放送。

| その他♪ | 01:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

May~Aug. '16 ④

でたどる8月の記憶。オリンピックで昼夜逆転、慢性の睡眠不足。


奈良 藤原宮跡 & おふさ観音 & 阿倍文殊院<8/3>

藤原宮跡
藤原宮跡藤原宮跡

おふさ観音
安倍文殊院

毎年出掛ける真夏のお気に入りコース。藤原宮跡の広い空の下で深呼吸。


茨木辯天宗花火大会 & 万博記念公園のイルミナイト万博<8/8>

万博記念公園
万博記念公園



2年連続中止だった花火大会が今年は実施されるというので、いつものように万博記念公園の東の広場へ。広々とした芝生の上に大きくシートを広げて、年に一度のケンタッキーフライドチキンとノンアルビール。枝豆のおつまみと、もちろんデザートのスイーツも。夜の公園は風が通って意外なほど涼しいのです。

8月の箕面滝道

2016 箕面の滝 8月

何とまあ、まだ朝の8時過ぎだというのにこんなに人がいっぱい


大阪交響楽団 名曲コンサート<8/27>

大阪交響楽団 第92回名曲コンサート


今年4月ミュ-ジックアドバイザ-に就任された外山雄三氏は、82歳という年齢を感じさせない矍鑠とした指揮。ピリッと引き締まった演奏で緊張感ありました。


METライブビューイング アンコール2016<8/27>

METライブビューイング 2015-16

この日の上映は、ヴェルディの『イル・トロヴァトーレ』。アンナ・ネトレプコの圧倒的な歌唱力にくらくら。


兵庫 極楽山浄土寺<8/31>

 浄土寺
浄土寺

浄土寺
パンフレットより

終日晴れマークが並んだこの日、ひとり2時過ぎに家を出て車で兵庫の小野へ。共進牧場のソフトクリームで休憩したら、いざ浄土寺 阿弥陀堂へ。背面の蔀戸(しとみど)から夏の強い西陽が射し込むとき、床に反射した光が化粧屋根裏を茜色に染め上げて、その中央で快慶作国宝・阿弥陀三尊像が黄金に輝く来迎のお姿。ありがたさに息をのみ言葉を失う。

| 関西のたからもん | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

May~Aug. '16 ③

ことば少なに で振り返る文月は、体力勝負。


京都 法金剛寺 & 伊藤若冲生誕300年記念シンポジウム<7/1>

法金剛院法金剛院
法金剛院

若冲シンポジウム

法金剛院の蓮はまだつぼみ多し。シンポジウムはお目当ての辻惟雄氏が病欠。


信州 上高地~蓼科の<7/5~7>

上高地
上高地上高地上高地
上高地

蓼科
八島ヶ原湿原

宿泊は上高地の五千尺ホテルと、エクシブ蓼科。特に五千尺ホテルのバルコニー付きのお部屋は、梓川と河童橋が眼下に一望できる最高の眺望。梅雨空で穂高連峰は見えなかったけれど、久々の信州旅行はやっぱり楽し♪


大阪交響楽団 名曲コンサート<7/9>

大阪交響楽団 第91回名曲コンサート

いつもながらの安定した演奏。しかし、天才モーツァルトというけれど、未熟な私にはいまだその偉大さがピンとこず、ざんねん!


松竹座 七月大歌舞伎<7/12>

2016 七月大歌舞伎

NHKの『古典芸能への招待』で放映されているのを観て、急に行きたくなって一人で夜の部へ。初めて口上というものを観たけれど、役者同士の情に溢れた言い回しがいいですね~ 襲名披露公演は華やか。


祇園祭 前祭と 京町家・吉田家住宅<7/14>

函谷鉾函谷鉾 
函谷鉾
函谷鉾
函谷鉾函谷鉾函谷鉾

吉田家吉田家吉田家

祇園祭前祭
祇園祭前祭祇園祭前祭祇園祭前祭
祇園祭前祭
祇園祭前祭祇園祭前祭祇園祭前祭
祇園祭前祭

○○銀行の得意先向けイベント、京町家「吉田家」と山鉾見学に参加。函谷(かんこ)鉾に搭乗し拝観。美濃吉でランチの後解散。四条通でうちわと地図をゲットしたら、炎天下ひたすら山鉾を観て回り、暑さも時間も忘れる、初めての祇園祭。


佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ 公開リハーサル<7/20>

夏の夜の夢

抽選に当たって、公開リハーサルを見学に。今回のオペラはシェークスピア。何かいつもと違う感じ。


祇園祭 後祭と 京町家・杉本家住宅<7/22>

杉本家
杉本家杉本家杉本家
杉本家杉本家2016 杉本家7杉本家
杉本家

祇園祭後祭祇園祭後祭
祇園祭後祭祇園祭後祭 
祇園祭後祭祇園祭後祭祇園祭後祭

大学コンソーシアム京都が開講する京カレッジ 京都力養成コース京都学講座「京の文化遺産」を4月から受講。7月の実地講座「祇園祭 ハレの日のしきたり」は、重要文化財 杉本家住宅で 講師はもちろん杉本節子さん。メリハリのきいた素敵な方です。暑さに慣れて熱中症が心配な1日。


佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ 『夏の夜の夢』<7/26>

夏の夜の夢1

公開リハーサル見学で予習済みなので本番は雑念なく集中。前から5列目の中央席で、すぐに物語に引き込まれて魅了されました。でも…ハーミア役が捻挫とかで車いすに乗って登場したり、そのため演出が変わって動きがなくなったりと、ファンタジーなのにこれってどうなんでしょ。


京都国立博物館 夏期講座 『名品を旅する』<7/27~29>

嵐山
天龍寺
天龍寺
天龍寺
臨川寺
臨川寺

ここ数年毎年参加しているけど、今年のテーマが一番嬉しい。河鍋暁斎・狩野芳崖・狩野元信、そしてモネ。中日は天龍寺と臨川寺に特別参拝し、解説を聞きながら夢窓疎石のお庭を見学。


信州旅行 番外編 30kmオーバー一発免停 顛末記

人生どこに落とし穴があるかわかりません マイカー規制の上高地から沢渡駐車場まで乗ったタクシーの運転者さんが、「新島々駅を過ぎたら絶対40kmを超えないように」と、あれほど親切に教えてくれていたにも拘らず、前の車がひょいと左折したあと魔が差したんですね~その前の車に追いつこうとアクセルを踏んだ直後、警官が手招きして脇道へ。

結果は33kmオーバーで30日の免許停止。大阪に戻って2週間ほどしたらハガキが届きました。まず、大阪区検察庁交通分室に出頭。検察庁調室の主任捜査官から違反事実について確認があり、その後起訴されて、同じ建物内の簡易裁判所が書面審理をしたあと略式命令請求があり、区検察庁に罰金6万円を納付。これを略式手続というのだそうです。

そして、8月初めには門真運転免許試験場で違反者講習。8時45分集合で一旦運転免許証を返納し講習料13,200円也を支払うと、17時近くまでスケジュールびっしり。実車運転・各種適性検査・「ルールとマナー」についての講義、最後に筆記試験。何とか無事終了して免停は29日短縮となり、運転免許証が手渡され翌日から運転可能に。

事故を起こすよりマシです。日頃の心掛けも悪かったと反省してます。多少適性には難がありますが、この前歴が消えるまで1年間、とにかく制限速度厳守で無事故・無違反頑張ります。。

| 関西のたからもん | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

May~Aug. '16 ②

引き続き、ブログだけどインスタグラム 風に


京都 相国寺承天閣美術館 『森田りえ子展』<6/6>

森田りえ子展

現代と近世が華麗に交錯。夕方近く、森田りえ子氏ご本人が会場に。落ち着いた大変お美しい方でした。


○○生命ご招待 津軽三味線ライブショー in 川西<6/9>

津軽三味線ライブショウー

どこか懐かしい ’ショー’ という響き。ここには昭和が生きていました。


高槻市 今城塚古代歴史館と古墳群<6/14>

今城塚古墳
今城塚古墳今城塚古墳 

闘鶏野神社闘鶏野神社

新池ハニワ工場公園
新池ハニワ工場公園 新池ハニワ工場公園

太田茶臼山古墳

京博ナビゲーター(私)が担当する「さわって発見!ミュージアム・カート」で、新たに三角縁三神三獣鏡の精巧な複製が追加登場。古墳時代にワープすべく自主研修に。この日のコースは、今城塚古代歴史館(入場無料! ボランティアガイドさんの説明あり)→今城塚古墳→闘鶏野神社→番山古墳→新池ハニワ工場公園→太田茶臼山古墳。高槻って、面白い。


6月の箕面滝道

箕面の滝 6月


大阪市立東洋陶磁美術館 『宮川香山 特別展』<6/21>

宮川香山展
宮川香山展宮川香山展

超絶技巧の高浮彫は、単眼鏡必携の細密な表現。このほとんどが田邊哲人氏なる個人のコレクションとは驚き。


京都 建仁寺 両足院<6/27>

建仁寺両足院
建仁寺両足院建仁寺両足院

夏の気配が近づくと無性に恋しくなる半夏生。ひっそりと水辺に佇む佳人の白き横顔にも似て。


京都 大徳寺 聚光院 & 堂本印象美術館<6/29>

2016 大徳寺聚光院1
2016 大徳寺聚光院22016 大徳寺聚光院3

2016 堂本印象美術館

天気予報が雨だったせいか、聚光院はたった5名でじっくり拝観。案内係の方の説明がよどみなくきれい。しかし、何で格子が波打っているのだろうか。

| 関西のたからもん | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

May~Aug. '16 ①

長らくの休止を経てボチボチ復活、ブログだけどインスタグラム 風!?


奈良 薬師寺 玄奘三蔵会大祭<5/5>

薬師寺
薬師寺 玄奘三蔵会大祭薬師寺 玄奘三蔵会大祭
薬師寺 玄奘三蔵会大祭
薬師寺 玄奘三蔵会大祭

伎楽『三蔵法師求法の旅』を招待客が座って観覧。三蔵法師役は東儀秀樹氏。篳篥による奉納演奏も素晴らしく、やまとにいにしえの風が吹く。


神戸市立博物館 『鶴亭展』と香雪美術館 『三岸節子展』<5/6>

鶴亭展
鶴亭展鶴亭展
三岸節子

久々にとびきり自分好みの絵師と出会い感動。その名は鶴亭。縦長の構図が秀逸すぎて、何度も作品の前を行ったり来たり。


京都国立博物館 『禅展』 好評継続中

京博 禅展
京博 トラりん京博 トラりん

禅展だけど、虎づくし。出動前なのにトラりんは愛嬌たっぷり♪ 可愛いっ!


京都一周トレイル 東山・伏見深草コース<5/23>

桃山御陵
伏見桃山城堂本印象の鳥居東山トレイル
堂本印象の鳥居
大岩山展望所
伏見稲荷大社

出遅れた山ガール的な、ちょっと本気のウエアを揃えて山歩き。この時期すでに日差しは強く、ほとんどすれ違う人もなし。コースは、桃山御陵→伏見桃山城→伏見北堀公園→大岩山展望所→堂本印象の鳥居→大岩街道(伊藤軒でランチ)→深草→鳴滝大神分岐→伏見稲荷大社。


嵐山 松籟庵&保津川下り<5/26>

保津川下り
松籟案庵

居ながらにして季節のきらめきに包まれる風雅な松籟庵の一室。保津川を見渡す絶景。さりげないけど、行き届いた心配りのお料理も好き。


5月の箕面滝道

2016 箕面の滝 5月

| 関西のたからもん | 00:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

奈良・葛城山のツツジ 2016

ゴールデンウィーク最後の日曜日は、意を決して葛城山へ。とはいえ、今回は山ガールもどきの振りして山を登るわけではなく、往復ロープウェイ利用の軟弱コース。ただし、ツツジの見ごろを迎えた快晴予報の日曜日、混雑を避けて早朝6時に千里を出発!

南阪奈道路を下りたら、櫛羅の交差点手間のコンビニで朝食用のおにぎりを。間もなくロープウェイ葛城登山口駅の大駐車場に到着。まだ空きはありますが、それでも結構先客が。7時20分発のロープウェイで葛城山上駅へ。

葛城山

ひんやりした山の空気が心地良いけれど、いまだ目覚めぬ身体にはちょっとしんどい上り坂を十数分歩いたところで、いきなり目に飛び込んでくる鮮やかな景色は圧巻! この醍醐味は来てみないとわかりません

葛城山

ベンチに座ってまずは朝食を。まだつぼみの木もありますが、山の斜面はヤマツツジの朱色に染まっています。その向こうには、まるでツツジを引き立てるように連なる深い山の緑。つくづくと我が身の幸せを感じる眺めです。

葛城山

斜面を下って、下から朱色の山肌を見上げたりしながら、ゆっくり回遊路を一周します。見る角度や時間でツツジの色が変化して見飽きませんね。そして標高959.7メートルの葛城山頂にも行ってみます。

葛城山

葛城山

葛城山

時刻は10時を少しまわったところ。続々と家族連れがやってきます。それに比べ中高年グループは少なめ。どこかの新聞社でしょうか!? 頭上ではセスナ機が旋回しています。ロープウェイで登山口駅まで下りると、誰も並んでいる様子がなくて拍子抜け、と思ったら駐車場では20台以上の車が列をなしていました。

この後、車で20分ほどの明日香にある飛鳥寺へ。こちらは、蘇我馬子が発願し596年に創建された日本最古のお寺。元は大伽藍だったということですが、2度の火災により焼失。現在はひっそりした佇まい。

小さな本堂いっぱいに、継ぎはぎだらけで満身創痍の飛鳥大仏が、光背もなく白い壁を背に座っておられます。渡来人仏師・鞍作止利作で、独特の面長なお顔に、厳しい風雪に耐えながらもわずかに笑みを浮かべ、遠くを見ているような杏仁形の大きな眼。だけど、どこか人間味のある表情に見えるのは何故でしょう。

飛鳥寺

飛鳥寺 飛鳥寺

お昼は今年初の三輪そうめんを。そして、帰路に。久し振りに早起きしたので、眠くて堪りません

| ◇奈良 | 14:37 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。