FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ『椿姫』

今年も兵庫県立芸術文化センターで夏の恒例、佐渡オペラが開幕しました。昨年に引き続き、競争率約8倍という難関を突破し、幸運にも公開リハーサル観覧に当選 一緒にチケットを予約したオペラは人生初めてという友人を連れて、まずは公開リハーサルで予習を。

2階右手の最前列に座って、舞台とオーケストラピットの両方を横から見下ろします。舞台は本番そのまま、ピットにはTシャツ姿の佐渡さんとラフなスタイルの団員さんらが。1階でスタッフやキャストの方たちが挨拶を交わしたりするのを、もの珍しく眺めながら、どことなく気分はリラックスモード。

今回は開館10周年記念と題しヴェルディの名作『椿姫』が上演されます。「オペラの中のオペラ」「10周年の集大成」などと佐渡さんが仰るから、期待せずにはいられませんね

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ『椿姫』

そして開演初日、この日のためにアクセサリー(だけ!?)を新調し ドレスアップして芸文センターへ。こちらは明るく開放的で親しみやすいホールですが、重厚感には欠けるようです。そのせいなのか、平日だからか、オペラにしては1万2千円という手頃な料金設定の影響か、カジュアルなスタイルの方も結構見受けられて、特別感が半減で、ちょっと残念。

物語は、19世紀のパリ、社交界の花形で美貌の高級娼婦・ヴィオレッタが、青年アルフレードから突然愛を告白され、葛藤しながらも真実の愛に目覚めすべてを投げ打ち二人で暮らし始めるけれど、義父のジェルモンから別れるよう迫られ愛ゆえに身を引き、誤解したアルフレードから糾弾されても何も語らず、不治の病が進行し死の床についた時ようやく事情を知ったアルフレードと再会、そして永遠の別れが・・・という美しくも哀しい悲劇。

日替わりのダブルキャストで、ヴィオレッタは公開リハーサルも本番も同じで森麻季さん(ソプラノ)。アルフレードがルチアーノ・ガンチさん(テノール、伊)で、その父ジェルモンがマーク・S・ドスさん(バス・バリトン、米)。森さんは不治の病に侵された美しい主人公を熱演。繊細で透明感ある歌声が心に響きます。特にドスさんとの二重唱は引き立てあって素晴らしいですね

お馴染みの『乾杯の歌』や、哀愁のある美しい曲の数々にウットリ。こんな私でも聴いたことがある曲ばかりで、さすが『椿姫』。それに歴史背景もそれほど難しいわけでもなく、日本人にも人気がある理由がよくわかりました。前から6列目の中央付近で、時々佐渡さんの振るタクトに目を遣りながら、歌い手の様々な技巧を存分に楽しませていただきました

| オペラ | 17:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

西本智実プロデュース 座オペラ in 南座 2015

『日本の伝統美と西洋音楽の華麗なる融合』という魅惑的なキャッチフレーズを過信し期待が大きすぎたせいでしょう、確かに『こんなオペラ見たことない!』というのは本当でしたが・・・

蝶々夫人

オペラ『蝶々夫人』は、京舞井上流五世家元・井上八千代氏さんの振付で、祗園の芸舞妓衆が出演する京都ならではの演出が話題を呼び、昨年に引き続き今年2日間の再演。31日(土)4時からの開演直後、花道から登場した祇園甲部の綺麗どころのあまりの美形揃いには正直見惚れました。

しかし、やはりオーケストラピットがない南座でのオペラというのは無理がありましたね。舞台右半分がオーケストラ、ほぼ左半分で歌と演技。スケールが小さすぎて、これでは『蝶々夫人』の世界観が伝わりません。

ヒロインの蝶々夫人は熱演・熱唱でしたが、ピンカートンは超が付くほどの立派な体格に似合わず声量もなく細い声。しかも本当に役柄を理解しているのかと疑いたくなるほど恐ろしく演技が稚拙。

今回は2階左席だったため、一等席にもかかわらず身を乗り出しても半分ほどしかオペラが見えないという不運も重なって満足度は低く、ブツブツぼやきながら小雪の舞う京都をあとにしたのでした。

| オペラ | 07:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

佐渡裕プロデュースオペラ 『コジ・ファン・トゥッテ』

先週は、年に数回観るか観ないかというオペラを2度も観ることができた、まさにオペラウィーウ。毎年夏の恒例、西宮市の兵庫県立芸術文化センターで上演される、佐渡裕芸術監督がプロデュースするオペラは今年で10作目。今回はモーツァルト4大オペラの一つといわれる『コジ・ファン・トゥッテ』です

コジ・ファン・トゥッテ

火曜日は抽選に当たって 公開リハーサルへ。1階席はすべてスタッフ・関係者のみで、2階最前列の席から鑑賞します。佐渡さんのプレトークで始まり、本番通りの進行です。そしていよいよ開幕初日の金曜日、大勢の人たちで埋め尽くされたホール横のホワイエを抜けて、いつものようにまずはビュッフェでコーヒーを。開演を待つこの軽い高揚感が堪りませんね~

物語は、互いの恋人の貞操を試そうとする二組の恋人たちが繰り広げる、何とも軽薄な(!?)男女の掛け合いですが、けれど人間の真理を突いていて、最後に老哲学者が「コジ・ファン・トゥッテ=女はみんなこうしたもの」と、人生のほろ苦さというか奥深さに気付かせるというもの。

明るいナポリが目に浮かび何かが始まる予感のする序曲で十分に期待が高まったところで、男性陣歌手が登場し、続いて女性陣歌手も登場。そこから次々と展開される美しい二重唱・三重唱・五重唱・六重唱に引き込まれます。

この日のキャストは、メトロポリタン・オペラのチーム。特にフィオルディリージ役のスザンナ・フィリップスは、柔らかく伸びやかな歌声で魅了します。落ち着いた上品な雰囲気も素敵ですね 1階前方席からじっくり鑑賞。

公開リハーサルでストーリーとおおよそのセリフが頭に残っていたので、本番ではあまり字幕を追いかけずに、演奏と歌唱に集中することができたのは儲けものでした

| オペラ | 01:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

METライブビューイング 《エフゲニー・オネーギン》

8日はメトロポリタン歌劇場(MET)のオペラを、映画館で鑑賞するというMETライヴビューイングを初体験 ニューヨークのMETで上演されてから、わずか数週間後に日本各地の映画館で上映され、この秋から来年春まで順次10作品が公開されます。

第1作はチャイコフスキーの《エフゲニー・オネーギン》。何とか最終日に間に合いました。朝からJR大阪駅前にある大阪ステーションシティシネマへ。目覚ましのコーヒーを買って席に着きます。3割強ぐらいが空席です。

上映時間は、なんと9時30分から1時35分の3時間47分、うち休憩2回。ちゃんとタイムスケジュールが配布されます。この時点では、大丈夫かな~寝ちゃうんじゃないかなと全く自信ありませんでした。本物を観るわけじゃないし映像だからと、ちょっとタカをくくっていたところもあります。

しかし、始まってみればグイグイ引き込まれ目が離せなくなりました。ブラボー 残念ながらオペラを語ることができるほどの知識は持ち合わせていませんが、ドラマチックなストーリー展開と主役2人の素晴しい歌唱と演技、それに華麗な舞台演出が見事です。粉雪が降る中、万感こもる美しくも激しいラストシーンが今も忘れられません。ヒロインのアンナ・ネトレプコは人気、実力ともトップクラスなんですね。

カメラと通して観るオペラは視点が絞られるし音が均一に聴こえて平面的ではありますが、日本語字幕付きでわかりやすく、出演者へのインタビューやバックステージの様子を映した映像もあって丸々楽しめます。しかも何といっても料金がお手頃。

次回は腰当てクッション必携です

| オペラ | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

佐渡裕 プロデュースオペラ 『セビリャの理髪師』

カーテンコールの中、ステージに向かって惜しみない拍手を送りながら、立ち上がり、心の中で何度も何度もブラボー、そしてありがとうと叫んでいました

本日が初日。炎天下の昼下がり、はやる気持ちを抑えスピードは控えめに、車で西宮の兵庫県立芸術文化センターへ。今年で9年目の佐渡裕芸術監督プロデュースオペラは今回が3度目、前年と同じ4列目の中央席。オペラグラスは必要ありません。まずはホワイエにあるビュッフェでぶどうスカッシュとクロワッサンラスクを。軽くクールダウンしたあと、15分前には着席。すると、まだ開演10分前なのにステージに佐渡さんが登場、5分ほど挨拶をされました。

客席の照明が落とされ、いよいよ第1幕がスタート。正面間近にタクトを振る佐渡さんの背中が見えます。一体何が始まるんだろう?!と目を凝らしているうちに、アルマヴィーヴァ伯爵の鈴木准さんが登場。澄んだ高い声で、青年貴族らしく品良く爽やか、二枚目ですね。

セビリャの床屋で何でも屋、フィガロの高田智宏さんは、軽快でいい味出して存在感あります。そして、窓辺で歌うロジーナの林美智子さんは、くるくる動く大きな目と豊かな表情がとってもキュート よく通るメゾソプラノも素敵です。お三方ともルックスが良くて、舞台がきれい。

また、脇を固めるバルトロの久保和範さん、バジリオのジョン・ハオさん、ベルタの谷口睦美さんらとのバランスが素晴しい。それぞれのキャラクターが際立ってメリハリが利いています。晴雅彦さんのアンブロージョが何だか可笑しい。 

休憩時間に再びビュッフェで熱いコーヒーを。そして第2幕が始まり、やがて賑やかなフィナーレに。歓喜に満ちた大騒ぎは大迫力で、客席も大興奮。拍手、また拍手・・・あっという間の3時間。

今回は前編日本語上演ということもあって、コミカルなストーリーに引き込まれました。ウフフ、アハハと笑いながら、何度も拍手。気負いなく集中して楽しめるようになったかな~  帰りの車の中で聴くロッシーニが、これまでと全く違って心に響きました。本物を観るとこうなるのでしょうか、不思議ですね~

4250411102_20130121154811.jpg

| オペラ | 23:18 | comments:12 | trackbacks:1 | TOP↑

>> EDIT

佐渡裕プロデュースオペラ 2013

4250411102_20130121154811.jpg 
今年も、夏のお楽しみを予約しました。

7月に兵庫県立芸術文化センターで上演されるオペラです。前年同様、前から4列目の中央席をゲット  今回で3度目。毎年確実にファンが増えていますよね~

ど素人の私でも聞いたことのある演目で、佐渡さんがサービス精神旺盛なプロデュースをする、レベルの高い賑やかで感動的な舞台です。
今年は日本語訳での上演らしく、よりわかりやすいかも。


7月まで頑張って生きようって励みになります。

| オペラ | 09:00 | comments:2 | trackbacks:3 | TOP↑

>> EDIT

ブラヴォー! 佐渡裕指揮、オペラ 『トスカ』

本日は朝からソワソワ、いつもより入念におめかしをして、行ってまいりました兵庫県立芸術文化センターへ。チケットを購入してから4ヶ月、今日まで本当に長かったです。

20分前に到着するも、すでにセンター地下駐車場は満車、川向かいの第2駐車場に停めていざホールへ。全面無垢材の内装が素敵。明るく開放的で改まり過ぎず、ちょっと大人カジュアルな雰囲気もあるこのホールはお気に入りです。

今回、座席はD列(前から4番目)の中央! 頑張りました。どうやらオペラグラスは不要のようです。オーケストラボックスもすぐそこ。照明が暗くなって前を見ると、何と佐渡裕さんが間近に。そして上演中、ずーっと指揮される背中を真正面に見ることができたのです。

舞台は教会や宮殿という設定で、幕ごとに白い8本の巨大な柱や鏡、それに天使像などが配置され、中央には円形のステージがあり、シンプルで象徴的です。登場人物を際立たせるためでしょうか。

トスカ役の並河寿美さんは、よく通るソプラノで熱演。カヴァラドッシ役の福井敬さんはよく響くテノールで圧倒的な声量。日本人には馴染みにくい濃厚な愛の表現も、オペラならすんなりと美しく聴けます。お二人とも申し分ないのですが、欲を言えばビジュアル的に官能美が足りないかな~?!

お隣の方は、わざわざこのためだけに東京から一人で来たという女性。同年代で話がはずみました。休憩時間はホワイエにあるビュッフェでぶどうジュースを。ついでに買ったイグレックテアトルのクロワッサンラスクはなかなか美味しくてお勧め。そしてお土産にトスカのスポーツタオルを2枚購入。

今日は、あまりに佐渡裕さんに近かったせいかちょっと気が散って、いつもよりストーリーに集中できなかったかもしれません。でも、至福の時間でした。手が痛くなるほど拍手、また拍手。ブラヴォー!

お隣の女性とお別れして、大急ぎでホールの出口へ。すでにかなりの行列ができていました。何と、佐渡裕さんがサインをしてくださるのだそうです。お疲れなのに、こんなファンサービスまでされるのですね。

目の前でタオル2枚とトスカのパンフレットにサインをしてもらって、しっかりと握手。ますますファンになってしまいました。

あー幸せ!
トスカ

| オペラ | 23:48 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

>> EDIT

佐渡裕プロデュースオペラ 『トスカ』 ♪

トスカもうそりゃあ、楽しみです!
  
兵庫県立芸術文化センターの会員に登録して、先行予約で4列目の中央席がゲットできました。去年の『こうもり』に引き続き、佐渡裕さんプロデュースのオペラは2度目です。
  
オペラの魅力って何でしょうか。ど素人ですから難しいことはわかりません。シートに座ったその時から、時代も民族も言語も超えて別世界に心遊ばせることができるんです。

エントランスやビュッフェあたりのざわめき、ホールに入ってからの緊張感とかも好きですね。上質なクラシックやオペラには独特の雰囲気があって一層ワクワクさせてくれます。

去年の年末には『1万人の第九』、今年2月にはシエナ・ウインド・オーケストラと、近頃佐渡さんづいています。ベルリン・フィルを指揮して以来、人気はうなぎ上り。実力もさることながら長身で迫力ある指揮、柔らかい関西弁(京都ご出身ですから)、そして何よりその温かい人柄に人気の秘密があるようです。

コンサートには1人で行くことも多いのですが、誰かと行く時はできるだけ当日の話題に集中します。とにかく、前後に生活臭のプンプンする所帯染みた会話を挟まないのが、余韻を楽しむコツですね!

あー7月が待ち遠しい。

| オペラ | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |