FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

京都国立博物館 特別展覧会 『禅 ―心をかたちに―』

今月12日(火)から京都国立博物館の平成知新館で、臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱を記念した特別展覧会が開催されています。遠諱(おんき)というのは、50年ごとに行われる法要のことで、回忌と言わずに遠諱というのだそうです。

京都国立博物館 禅展

およそ1500年前、お釈迦様(仏陀釈尊)から数えて28代目にあたる達磨大師(菩提達磨)によってインドから中国へ伝えられた禅の教えは、その後すぐれた弟子らに受け継がれ発展。なかでも臨済禅師(臨済義玄)が確立し宗祖となった臨済宗・黄檗宗はもっとも栄えました。

やがて鎌倉時代に日本にも伝えられて武家をはじめ天皇家や公家の間に広がり、室町時代に全盛期を迎えますが、応仁の乱によって衰退。江戸時代になると日本臨済宗中興の祖・白隠禅師(白隠慧鶴)が禅画を描いて民衆への布教を行い、人々の生活やその後の文化に大きな影響を及ぼすことになります。

お釈迦様は、難行苦行しても救いの道を見出すことができなかったけれど、あらためて菩提樹の下で座禅を行うと、ついに悟りの境地に達したといわれています。禅宗は、このお釈迦様の悟りの内容を自ら直接体験することを目的としていて、たとえて言えば、自転車に乗ろうとしたら、どんなに説明を聞くよりも、実際に自分で乗ってみて初めて乗り方がわかる、というのと同じなんですね!?

言葉や文字によらず、特定の経典によることもなく、師から弟子へ心から心へと伝え、自分の心の中には仏心があるということを、まっすぐに指し示し悟りを得るという四つの教え 『不立文字(ふりゅうもんじ)教外別伝(きょうげべつでん)直指人心(じきしにんしん)見性成仏(けんしょうじょうぶつ)』を特徴としています。

今回は、臨済・黄檗両宗十五派の全面協力で、頂相(禅僧の肖像画)や仏画、書画、工芸など、国宝約20点・重文約100点を含む約220点を展観。しかも会期中は、十五本山僧侶によるロビー講話、坐禅会(イス坐禅+講話)、茶会(四頭茶会の実演)、声明、狂言などイベントが盛り沢山! 禅の真髄に触れる貴重な機会として楽しめますので、ぜひご参加ください。

京都国立博物館 禅展
 
2016 京博 禅展 ロビー講話

さらに、私たち京博ナビゲーターによる『くじで出会う 禅のことば』と題したワークショップも毎日開催。くじで引いた禅語を、心を落ち着けて意味を考えながらお手本を見て筆ペンで書き写すというものですが、最後に解説コーナーがありますので、しっかり禅の心をお持ち帰りくださいね。作務衣や腕カバーもご用意しています♪

2016 京博 禅展 ワークショップ

何だか難しそう…などと頭で考えず、まずは体験してみることです。800年の昔から師資相承(=ししそうじょう・師から弟子へと直接受け継いでいくこと)され現在に至る禅の教えは、きっと誰のDNAの中にも刷り込まれているはず。心を研ぎ澄ませば、あ~なるほどって感じられる一瞬がきっとあると思います。

そして京博の禅展のあとは、ぜひとも禅寺に足を運んでみましょう。只今京都市内を中心に、8つの本山寺院をはじめとした臨済・黄檗宗寺院65ヵ所で『春の京都 禅寺一斉拝観』と銘打ち公開実施中。新緑がまぶしいこの季節は、特に庭園が息をのむほど美しくておススメです。いずれも5月22日(日)まで。

春の京都 禅寺一斉拝観


京都国立博物館 臨済禅師1150年 白隠禅師250年遠諱記念 禅 ー心をかたちにー
公式サイト 臨済禅師1150年 白隠禅師250年遠諱記念 禅 ー心をかたちにー
臨黄ネット ← 詳しく知りたい方へ
虎ブログ ← わかりやすくて可愛い
京都市観光協会 春の京都 禅寺一斉拝観 ← 何故かmy PCでは開かない
スポンサーサイト



| 京博ナビゲーターだより | 21:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

京都国立博物館に異変が・・・!

何ということでしょう、誰も予想だにしなかった現象が12月から続いています。博物館には珍しいうら若き乙女らが全国から次々と訪れ、展示室前で静かにお行儀よく列をなしているではありませんか。その数ざっと百数十名。並んでいるのは近頃話題の『刀剣女子』、お目当ては特別陳列『刀剣を楽しむ』。 

京博 刀剣を楽しむ

今回は人気ゲーム『刀剣乱舞』とのコラボで、キャラクターを演じる4人の声優による刀剣乱舞版音声ガイドも用意されていて、1台貸出ごとにオリジナルポストカードが1枚もらえるというオマケ付き。カードは全4種類で4枚集めたというツワモノもいるのだそう。

京博 音声ガイド

スタッフは皆、目を丸くして首を傾げながらも口元が笑っています。まったく嬉しい誤算のようです。これをきっかけに、これからも時々足を運んでもらえるといいのですが。

そのほかの展示はゆっくり観覧できます。特別陳列の『さるづくし』や『獅子と狛犬』など、動物に関する絵画や彫刻は楽しいですね。時間があれば、2階のレファレンスコーナー内にあるミュージアム・ラボラトリー(場所が分かりにくくて、名前がややこしい!)で、映像による解説をご覧ください。おススメは『美術品の中の人間と動物たち』(20分)です。個人的には、3階・陶磁と考古の展示室北側にあるラウンジで窓の外を眺めながらくつろぐのが好き。

京博 ミュジアム・ラボラトリー
京博 ミュージアム・ラボラトリー&ラウンジ

新年初の京博ナビゲーター当番も無事終了。ミュージアムショップを覗くと、過去の図録が格安(500円)で販売されていたので、重さを顧みず購入。お蔭で今日は肩と腕が筋肉痛です・・・

刀剣の展示室(1F特別展示室)には、連日入室待ちの行列ができているため、12/23~1/31は19:00まで開館を延長。入館は通常通り16:30まで。尚、刀剣を最前列で見たいという方以外は、並ばず展示室に入ることができます。お急ぎの方は後ろからご覧ください。

| 京博ナビゲーターだより | 15:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

京都国立博物館 特別展覧会 『琳派 京を彩る』

琳派誕生400年記念として、今年後半の最大にして最高の見どころ『琳派 京(みやこ)を彩る』が、今月10日から京博の平成知新館で開催されています。

琳派 京を彩る1

本阿弥光悦が京都の洛北・鷹峯に芸術家を集めて『光悦村』を作ったのが、今から400年前。後に『琳派』と呼ばれる異色の様式が誕生します。驚くのは、本阿弥光悦・俵屋宗達 → 尾形光琳・乾山 → 酒井抱一と、それぞれ100年の時空を超えて()引き継がれていったという奇跡のようなストーリー。

それは師弟関係を持たない心からのリスペクトから始まり、それこそが琳派発展の源。熱い想いを感じさせますね~

大胆で斬新、しかも色彩鮮やか。国宝5点・重文36点という、琳派の生まれ故郷で初めて開催される大規模展です。そして、10/27(火)~11/8(日)は、宗達・光琳・抱一の『風神雷神図屏風』3作品が同時に展示されます。抱一を知らない光琳が、光琳を知らない宗達が、この京博で出会うのです。

まず、京博の南門から平成知新館に入ったら、左手のグランドロビーにある入場カウンターへ。誘導に従って、そこからエレベーターで3階まで上がります。3階は光悦の書や陶芸・漆芸を中心に、宗達との共作など。全長13.56mの『鶴下絵三十六歌仙和歌巻』は全巻初公開。

順路に沿って西側の階段を下り2階へ。おおー これぞ琳派という圧巻の屏風絵が、ズラリとまばゆく立ち並んでいるではありませんか。ここはじっくり味わいたいところです。

順路では、2階東側の階段を下りて1階へ行くのですが、東側から展示室を出ると、エレベーターの斜め向かいにレファレンス(資料検索)コーナーがあり、会期中は京博ナビゲーターが『琳派デザインに挑戦!』というミニワークショップを開催しています。
琳派ワークショップ3

琳派の構図についてちょっとした説明を聞いたら、扇面や団扇がプリントされた用紙を受け取り、琳派にちなんだ8種類のスタンプと5色のインクを組み合わせて、琳派の絵師になったつもりでデザインしてみましょう。単純なようで結構難しく、コレ、意外とハマります 先着300名受付で、無料なのも◎

1階に下りると、光琳・乾山を中心とした掛物や陶芸・漆芸等々が。そして100年後にバトンをつないだ抱一や鈴木期一らの色鮮やかな屏風絵がトリを飾ります。

午前中は特に来館者が多く、展示室の混雑緩和のための入場制限もあり、グランドロビーに長い列ができています。待ち時間に日経新聞発行のタブロイド判広告紙を読んで予習というのはどうでしょうか。入口左手に置いてありますからお忘れなく。

今回、土日祝には公式キャラクター・トラりんが登場! ミュージアムショップも拡張されて充実しています。午前9時30分から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)ですが、会期中の毎週金曜日は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)なので、夕方からもゆっくり観覧できますね。帰りは西側にある重要文化財の正門から出てみては。振り返ると、噴水の向こうに明治古都館が美しく映ります。

11月23日(月・祝)まで。詳しくは公式サイトをご覧ください。⇒ コチラ

| 京博ナビゲーターだより | 22:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

京博ナビゲーター 新春初活動

年が改まって初めての活動日は、時々陽が差す穏やかな天候。いつものようにJR京都駅を出ると東山七条に向かって歩きます。20分ほどで京博に到着。

今回はナビゲーター5人で活動します。ミーティング後、それぞれの持ち場に。この時期、来館のお客様は少な目ですが、時間を掛けてじっくり観覧される方が多いようにお見受けします。ついおしゃべりも長くなりがちに

只今平成知新館では、1階の特別展示室にて新春特別展観『山陰の古刹・島根鰐淵寺(がくえんじ)の名宝』を開催中。山深い古寺で脈々と受け継がれてきた仏像や神像をはじめとする寺宝の数々は、やや地味ながらも素朴で温かみがあり、人々の祈りの声が聞こえてくるようです。

名品ギャラリーも一部展示替えされています。『染織の文様 ―吉祥―』と題された染織の展示室では、豪華で優美な着物にうっとり。また、漆工の展示室でも『江戸時代の蒔絵』と題し、精緻で優雅この上ない蒔絵が堪能できます。他に、中国絵画の花鳥図や、仏画の垂迹画(曼荼羅図)も見逃せません。

そうそう、この日は休憩時間を利用して庭園にいる2匹のヒツジに逢いに行きました。南門を入って右手にある『東の庭』へ。

京博 ひつじ京博 ひつじ京博 ひつじ

ご存知でしたか!? お庭の奥にはお茶室もありますが、改修工事のため現在建物内の見学はできないとのこと。明治古都館は、4月7日(火)~5月17日(日)に開催される特別展覧会『桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち』まで休館です。

| 京博ナビゲーターだより | 20:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ついに閉幕、特別展覧会 『国宝 鳥獣戯画と高山寺』

43日間にわたり開催された展覧会も11月24日(月)をもって閉幕、併催の平成知新館オープン記念展『京へのいざない』との相乗効果もあって、20万人余りの幅広い世代の方々が来館されました。

11月の京博ナビゲーター活動日は、担当する平日に加え、臨時募集があった日曜日の2日間。特に日曜日は 『国宝 鳥獣戯画と高山寺』展の閉幕間際ということもあり、朝7時前から南門に入場を待つ人の列ができ、開館を30分繰り上げても明治古都館前は大変な行列で10時頃には4~5時間待ち、この後も閉館30分前までずーっと行列が途絶えることはありませんでした。

国宝 鳥獣戯画と高山寺

一方、私たち京博ナビゲーターが活動する平成知新館の名品ギャラリーは、一足先に一部展示替えが行われ、新たな見どころが満載。彩色も美しくストーリーも面白いおとぎ草紙絵巻、空海・最澄・親鸞ら高僧の書、繊細だけど大胆な意匠に見惚れてしまう袈裟と名物裂(きれ)、昭和の刀剣界を代表する名コレクター・永藤一氏の刀剣コレクション、寺社縁起絵、中世の文人画、近代中国絵画、近世絵画では南画の大成者・池大雅の代表作が展示されています。

これから12月23日(火)まで、静かにゆっくりと楽しんでいただけそうです。

| 京博ナビゲーターだより | 21:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

特別展覧会 『国宝 鳥獣戯画と高山寺』が人気です!

先週は2回目の京博ナビゲーター活動日。相変わらず京都国立博物館では『鳥獣人物戯画』が人気で、明治古都館の前には午前中から入場を待つ長い列が。入場後も、絵巻ですから一列になって観覧するため、特に兎や蛙たちが遊ぶ場面で有名な甲巻の展示室では、さらに待たなくてはいけません。

国宝 鳥獣戯画と高山寺

描かれてから約800年が経過した『鳥獣人物戯画』の修理完成を記念して、今回は甲・乙・丙・丁の4巻すべてが公開されるという貴重な機会です。誰が何のために作らせたのかもよくわからない、謎の多い絵巻ですが、生き生きと描かれたユーモラスな動物たちを見ていると愉快だし、そのセンスに感心してしまいますね。

明治古都館だけでは物足りないという方は、平成知新館地下1階のシアターで上映されるハイビジョン映像をご覧になってはいかがでしょうか。2階にあるレファレンス・コーナーのデジタル絵巻でも楽しめますからおススメです。

私はといえば、前回より少しは慣れたものの、まだまだ理想形にはほど遠く、わかりやすいスムーズな話の運びは未完成 勉強している人はしてます。そんな人に限って謙虚です。見習わなくてはと猛省

しかもちょっと慣れた分だけ、大阪人の悪いクセが出てしまったかも・・・ どうしてもウケを狙ってしまう、ひとりボケツッコミをやってしまう、目の前で来場者が笑顔になると嬉しくて仕方ない等々。不真面目じゃないんです、サービス精神旺盛なだけなんですけど。次回からはもう少しアカデミックにナビゲートできるよう努めることに致しましょう。

平成知新館平成知新館

明治古都館

特別展覧会開催中、金曜日は午後8時(入館は閉館の30分前)まで。
ライトアップされた博物館もステキです

| 京博ナビゲーターだより | 01:32 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「京へのいざない」 舞台裏のぞき見

今日9月29日(月)夜11時00分~深夜0時00分、BSジャパン「テレビ日経おとなのOFF」という番組で『京都国立博物館 雪舟作・国宝展示の舞台裏』という特集があります

雪舟最晩年期の水墨画の大作・国宝『天橋立図』を、ちょっとちがった角度から楽しめるかもしれません。よかったらご覧くださいね。

それと、日本郵便から『京都国立博物館 平成知新館 開館記念』のオリジナルフレーム切手が発売されています。京都市の郵便局(旧京北町を除く)と大阪市中央区北浜東郵便局で、1シート(82円切手×10枚)1,230円。割高だけど、記念に買ってみました。ここぞという時に使います。

切手

| 京博ナビゲーターだより | 17:50 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

京博ナビゲーター活動初日

やっと先週、京博ナビゲーターとして待ちに待った出番が来ました 準備は万全と言いたいところですが、直前になればなるほど細かいことが気になる小心者ゆえ、前日の夜になってから、もう少し資料を集めようとコンビニにコピーを取りに走ったり、説明を補足するための模型を作ってみたり(←バカです)。

当日朝、通用門から登録証を見せて入館すると、ついに博物館の一員(あくまでボランティアですが)になったという実感が。今月13日にオープンしたばかりの、ピカピカの京博 平成知新館で活動できるなんて本当に夢のようです。

京博ナビゲーターの持ち場は、2階・3階の「ミュージアム・カート」と、2階の「レファレンス・コーナー」。どちらも東側にある2基のエレベーター横付近です。専門の研究員のようにはいきませんが、きっと文化財をもっと身近に感じてもらえると思いますから、気軽にお立ち寄りくださいね。

オープン記念展は、3階が陶磁・考古2階が肖像画・仏画・中世絵画・近世絵画・中国絵画1階が仏像・絵巻・書跡・染織・金工・漆工と、どの分野も目を見張る名品が展示されていて、一口に見どころを語ることは大変難しいです。というのも、各専門の研究員の方から、それぞれの作品に対する熱い想いをレクチャーされたので絞れなくなりました

平成知新館の楽しみ方として、意外と見落とされるのが、地下1階にあるシアター。ハイビジョンの約4倍にあたる超高精細の4K映像を350インチの大画面で見ることができ、しかもその座席はフェラーリのシートと同じ革張り! 上映スケジュールは『天橋立図の謎』が火・木・日の13時~/14時~/15時~、『京のきもの』が水・金・祝の13時~/14時~/15時~(土曜日は土曜講座開催のため上映はありません)。上映時間は20分前後です。

それに、「レファレンス・コーナー」にあるデジタル絵巻も。スマホのようにタッチしたりスライドしたり拡大したり自由自在で、『鶴図下絵和歌巻』や『鳥獣人物戯画』、『大乗悲分陀利経巻第六(中尊寺経)』を解説付きで見ることができます。

今回の展覧会「京へのいざない」は特別展ではありませんので、10月5日(日)までは17:00閉館となっています。遅めの午後に来て、閉館までじっくり観覧、そのあと西側にある片側全面ガラス張りのオシャレなレストラン’ザ・ミューゼス’でお茶またはディナー(18:30LO、19:00閉店)、明かりの灯った平成知新館の静かな夕景を眺めながら、重要文化財の正門を出る、というのもおススメです。

平成知新館 夕景

アッという間に1日の活動が終了。たくさんのお客様とお話できましたが、楽しんでいただけたでしょうか!? 次回はもう少し成長したナビゲーターになれるよう頑張ります。

| 京博ナビゲーターだより | 07:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

祝オープン! 京博 平成知新館

ついに本日、京都国立博物館の新館 平成知新館が満を持してオープンしました この記念すべき新しい歴史の1ページを、ぜひ我が目で確かめたいと朝から駆けつけるも、時すでに遅く長蛇の列。

平成知新館オープン

聞いてみれば、開館時間は9時半というのに7時頃から来館者が並び始めたとか。当然ながら先着200名に贈呈される記念品(ミュージアムバッグ)など影も形もありませんでした

週末久し振りの好天気。新旧ふたつの建物が、青空の下よく映えます。

京博 明治古都館
京博 平成知新館

正面入口から中に入ると、目の前がインフォメーション。BF1~3Fの展示案内パンフレットが設置されていますから、それを見ながら周るとわかりやすいですね。音声ガイドの貸し出しもこちらで。特に決まった順路はないということで、皆さん各々興味のあるところから観覧されるようです。

こちらはニューヨーク近代美術館などを手掛けられた世界的建築家、谷口吉生氏の設計で、建物内部は大変開放的なつくり。階下の一部が望めるようになっているので、まず階上から眺めて雰囲気を味わい、ワクワクしながら階段を下りて、間近でじっくり鑑賞というのがお勧めです。

今日は開館直後かなり混雑しましたが、お昼頃にはまあまあ流れはスムーズに。人気の展示にはどうしても来館者が集中するけれど、比較的空いている展示から周るという手もアリです。3時ぐらいからは、グッと見やすくなります。

そして、京博ナビゲーターがご案内する「ミュージアム・カート(2・3階)」や「レファレンス・コーナー(2階)」もいい感じで盛況!?

ミュージアム・カートレファレンス・コーナー
ミュージアム・カートミュージアム・カート

お昼は、併設のハイアットリージェンシー京都直営の「ザ・ミューゼス」でランチを。11時からのランチタイムメニューは1500円から。混み合うこと必至ですので、時間に余裕があってイライラせず待てる方にお勧めします。

現在開催中のオープン記念展については、今週15日(月・祝)午前10時30分~11時30分に朝日放送(地上波6ch)で、平成知新館完成記念特別番組「京へのいざない アートと歴史を楽しむ秋!」が放映されます。ぜひお見逃しなく。

| 京博ナビゲーターだより | 01:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

今週末、京都国立博物館 新館「平成知新館」がオープンします!

日が沈んでから、何度も何度も空を見上げました。昨日は中秋の名月。茂みから聞こえる虫の音をBGMに、ぽっかり浮かんだ神秘の光を眺めていると、しみじみと秋の到来を感じます。

先週末、京博ナビゲーターの事前研修である基礎講座が終了しました。多少の不安はありつつも、皆さん一様に喜びに満ち、表情が輝いているように見えます。

京都国立博物館 新館「平成知新館」は、いよいよ今週13日土曜日9:30にオープン。七条通りに面した南門を入ると、明治古都館と平成知新館、堂々たる新旧の建物が並び建ち壮観です。

こちらで開催されるオープン記念展「京へのいざない」は、京文化の粋が堪能できる国宝50余点・重文110余点を含む総計約400点(1期と2期に分けて展示)という、かつてない規模とか。選りすぐりの名品は、ため息ものばかりで、きっと目が釘づけになるに違いありません。

京へのいざない

そして、京町屋のコンセプトを取り入れたという直線的でモダンな建物や、最新の技術で工夫を凝らし落ち着いた雰囲気の展示空間も見どころのひとつ。西側に併設されたハイアットリージェンシー京都直営のカフェレストラン ’ザ・ミューゼス’ も楽しみです。

決まった順路はありませんが、お勧めは3階→2階→1階と周遊するコース。 各階には文化財のレプリカや材料見本を手にとって触れることができる「ミュージアムカート」が設置されます。また2階にある「レファレンスコーナー」では、情報検索やデジタル絵巻、参考図書などで、知りたい情報を自分で探すことも。どちらも京博ナビゲーターが、楽しくお喋りしながらご案内しますので、気軽にお立ち寄りくださいね。

ところで、本日9日(火)夜10:00~11:00、BS朝日「知られざる物語 京都1200年の旅」で、京都国立博物館が紹介されます。市川猿之助さんが実際に訪れて、佐々木丞平館長が開館準備中の平成知新館を案内するという趣向で、先週放映された2時間スペシャルの一部再放映のようです。お見逃しの方は、ぜひご覧ください。

| 京博ナビゲーターだより | 14:18 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>