FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< 2013-08- | ARCHIVE-SELECT | 2013-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

橋本関雪展 兵庫県立美術館

奈良トライアングルミュージアムズの神戸シンポジウムが終わって、すでに4時をまわっていたので、来場者はまばら。作品は、制作年順に展示されています。

橋本関雪展  兵庫県立美術館 橋本関雪展

文展で活躍した頃の、中国の故事を題材にした屏風絵が個性的で、関雪の特徴がよく表現されています。大きく描かれた人物は、一様に切れ長の涼しげな目元にやや憂いを帯び、繊細に描き込まれた木立や葦原などの背景と一体なって、静かな独特の空気感。全体に淡い色調、穏やかで品がよろしいですね。動物画もまた素晴しい。

いかにも裕福で育ちの良い画風で、教養を感じさせて理性的。だからでしょうか、もうひとつ胸に迫ってくるものがないのです、わたしには。これは多分好みの問題でしょうね。

これまでも美術展で何度か作品を目にしてきました。銀閣寺にほど近い白砂村荘・橋本関雪記念館にも何度か訪れています。哲学の道の桜が関雪夫妻の寄贈によるもので、後に関雪桜と呼ばれるようになったという話も好感が持てて興味がありました。集中力が途切れたせいか、今日は感度が低かったみたいです

| ◆兵庫 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

奈良トライアングルミュージアムズ 「ならの仏像の楽しみ方」

ある日届いた郵便物を開けてみると、『奈良トライアングルミュージアムズ 神戸シンポジウム』という案内パンフレットが入っていました。何で私宛に?!といぶかしく思いながらも、最近高まる仏像熱には逆らえず、すぐ参加申し込みをして 昨日いそいそと兵庫県立美術館のミュージアムホールへ。

兵庫県立美術館のカエル

トライアングルとは、奈良市にある奈良国立博物館、奈良県立美術館、入江泰吉記念奈良市写真美術館の3館のこと。華麗な天平文化を開花させた奈良から、その魅力を発信していこうと連携して発足されたそうです。要は、奈良にどんどん足を運んでね、というPR。

神戸シンポジウム

第1部は、『仏像に会う』と題した奈良国立博物館学芸部長の西山厚氏の基調講演。仏像は、信仰の対象として造られ、信仰の対象として守られ今に伝わったもので、そこに関わったすべての人々の深い思いが、仏像の心となり、かたちとなっていて、だからこそ、仏像は見るものではなく、会うものなんですよと語られます。

なら仏像館では、年に4回、興福寺や東大寺の僧侶によって法要が行なわれていると知りました。仏像は、優れた美術品というだけではなく、信仰の対象として、ここでも大切にされているのですね。ちなみに仏像で国宝が多い都道府県ベスト3は、奈良県 71体、京都府 37体、和歌山 5体だそうです しかも、飛鳥・奈良時代の仏像は、うっとりするほど優美。

第2部のパネルディスカッションは、西山氏に、奈良県立美術館学芸課長の南城守氏、奈良市美術館所属で元奈良市写真美術館学芸員の説田晃大氏、それにタレントのはなさんがパネリスト。それぞれ奈良の楽しみ方を話されながら、どことなく京都への歯軋りのようなものが垣間見えて、奈良の本音がよくわかりました。

日本美術に興味をもって歴史に目を向けていくと、辿り着くのはやっぱり奈良ですね。最近自分の興味が、どんどん時代を遡っているのを感じます。若い頃、古墳の発掘調査に多くの見学者が訪れているのをテレビで見て、何が楽しいのだろうかと理解できなかったけれど、いつかその中にいるような気がしてきました。新しいものや変化していくものより、ずーっと変わらないもの普遍的なものに魅力を感じます。

シンポジウムが終わって軽く休憩した後、こちらで開催中の橋本関雪展へ。入口付近にいたところ、先程の西山氏が入ってこられたので、以前から疑問に思っていたことを伺ってみました。

「先生、私たちはお寺に行くと仏像に手を合わせますね。
でも、博物館や美術館で展示されている仏像には手を合わせません。
展示されている仏像は、お寺を出るとき魂を抜かれているからでしょうか。」


「確かにお寺では、魂を抜く法要をされています。
だからといって、本当に人が魂を抜いてしまうことができるものでしょうか。
博物館や美術館でも手を合わせている人を見かけますよ。」


「私もよく光のようなものが見えて、生きておられると感じます。
よくわかりました。ありがとうございました。」


愚問だったかもしれないけれど、納得できて嬉しい。関雪展については明日に続きます。




この秋、奈良の秘仏に会いに行きませんか。

大和路秀麗八十八面観音巡礼
祈りの回廊 (デジタルパンフレットで特別開帳カレンダーをチェック!)

| ◆奈良 | 19:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

能勢の秋、長谷の棚田

昨日の朝刊に’棚田染める秋’の見出しで、奈良県明日香村のヒガンバナが見頃を迎えたと報じられていました。お彼岸の頃に咲くから彼岸花。別名は曼珠沙華、サンスクリット語で天界に咲く花。私は、『まんじゅしゃか』という呼び方が一番好きです。

毎年訪ねてみたいと憧れながら今年もまた間に合いそうにありません。今日は北摂の秋を探しに能勢方面へ。池田からR173を通って、知明湖を右に見ながら幾つかトンネルを抜け長谷の棚田に向かいます。

能勢長谷の棚田 能勢長谷の棚田

まだ茅葺き屋根の家も残っていて、のどかな里山の風景。棚田はすでに大部分が刈り取られていました。畦道の所々に曼珠沙華が咲いています。秋桜(コスモス)も風にそよいでいます。

能勢長谷の棚田 能勢長谷の棚田

浄土から降り立った幾つもの魂が、ここよここよと紅く燃えている・・・  昔、母とよくドライブした道をひとり辿り、亡き人をしみじみ偲ぶ一日。明日は彼岸明けですね。

| ◇北摂 | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

兵庫芸文センター 第63回PAC定期演奏会

本日は、佐渡裕さんの指揮で『オーケストラの醍醐味』と題した定期演奏会へ。とにかく、関西のオペラやクラシックの音楽シーンを精力的に盛り上げて、これほど楽しませてくれるのは、この人をおいて他にないと思うのは私だけでしょうか。国際的な活躍をされているのに、あの柔らかい関西言葉を聴くと、とっても身近に感じてしまいます。

到着してビュッフェでコーヒーをと思ったら、何やらホワイエ中央に人だかりが・・・ 赤い壇上には、『公演入場者400万人達成』の垂れ幕。幸運な400万人目のご夫婦が、佐渡さんから花束を贈られています。後で聞けば、第1回定期演奏会から100回以上来られているということで、相応しい方でよかったですね。

兵庫芸文センター 佐渡裕さん

そして、いつものように開演15分前に佐渡さんのご挨拶とプログラムの解説。これで、さらに興味がそそられ、完璧に目は爛々・聴く気満々状態に入ります。今回は、ワーグナーVSブラームスにピアソラが参戦というプログラム。佐渡さん曰く’パッション’がキーワード、らしいです。

ハイライトは、何といっても御喜美江(みき みえ)さんのアコーディオン演奏。ピアソラのバンドネオン協奏曲は結構聴き込んでいますが、まるで歌っているような起伏のある人間味豊かな音色。ブラボー またひとつ、素晴しい発見です。

今日も新しい音楽との出会いに感謝。

第63回定期演奏会 
ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲

ピアソラ:バンドネオン協奏曲
第1楽章 アレグロ・マルカート
第2楽章 モデラート
第3楽章 プレスト

ブラームス:交響曲 第4番ホ短調op.98
第1楽章 アレグロ・ノン・トロッポ
第2楽章 アンダンテ・モデラート
第3楽章 アレグロ・ジォコーソ―ポコ・メノ・プレスト
第4楽章 アレグロ・エネルジコ・パシォナート


| クラシック | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

東寺音舞台

9月14日土曜日、日はすでに落ち、西の空には深い茜色に染まった雲がたなびいています。ジリジリと近づく台風の影響か、湿った空気がまとわりつき汗ばむ夕刻。

東寺音舞台
                                                  プログラムより
ここは京都、都の南玄関口にある真言宗の総本山、東寺。およそ1200年前、平安遷都にともない建立され、弘法大師・空海が壮大な曼荼羅を表現して密教を伝えた寺院です。木造の五重塔は、日本一の高さを誇る京都のランドマーク。

東寺音舞台

今年も抽選に当たって幸運にもペア招待券をゲット、昨年に続き2度目の音舞台です。座席指定券引き換え時間より30分ほど前に到着するも、その頃には長蛇の列ができていました。受付で座席指定券やプログラム、万が一のビニールカッパを受け取った後、京都駅まで歩いて夕食を済ませ、そしてふたたび東寺へ。

舞台は金堂の南側。南大門との間のそれほど広くないスペースに、びっしりとイスが並べられています。ようやく7時に開演。今回、座席は真ん中よりやや後ろ。舞台が低い所為もあって、残念ながら出演者の姿は小さく時々捉えることができる程度です。

ふと見上げると、ライトアップされた金堂の見事な木組みを背景に、境内の大木もまたライトアップされて微風に枝を揺らし生きものようにうねっています。それはまるで今昔の静と動、あるいはあの世とこの世のように映るのでした。

オープニングは、夢幻華紋の幻想的でスケールの大きな楽曲から。魂に響く尺八の乾いた音色に引き込まれ、私はいつしか弘法大師・空海の苦難に満ちた生涯を思い浮かべ、ずっと寄り添ってきた甥でもある弟子の智泉が若くして亡くなったときに詠んだ「為亡弟子智泉達士嚫文」の一節を思い出していました。
   
哀しい哉  哀しい哉  哀れが中の哀れなり 
悲しい哉  悲しい哉  悲しみが中の悲しみなり 
哀しい哉  哀しい哉  また哀しい哉
悲しい哉  悲しい哉  重ねて悲しい哉


次は、京都フィルハーモニー室内合奏団の演奏で、大和証券のCMでお馴染みの福原美穂さん。1曲目は随分緊張していましたね? ル ヴェルヴェッツは声楽科卒業の男性5人グループ。和製イル・ディーヴォを目指しているんでしょうか。やたらと声張り上げるので、マイクの音が割れて聞き苦しいんですが・・・

久し振りだったのが、華原朋美さん。ハリのあるよく伸びる声でさすがの歌唱力。ところが急に、自分に起こったこれまでの出来事を、場所柄もわきまえず小娘のように涙声で話し始めたのには驚きました。大丈夫でしょうか、この人。

ロシア出身のソプラノ歌手、エヴァ・マリさんは1曲目リベルタンゴで登場。透明感のある美しい歌声と表現力が素晴しい。もっといろんなジャンルの曲を聴いてみたくなります。そして最後は、寺尾仁志さんと、ヒューマンノートのたくさんのメンバーの人たち。

エンディングは出演者全員で、スタンドバイミーを熱唱。フィナーレに金銀の紙吹雪が打ち上げられて無事終了となりました。東寺音舞台は、10月14日(月・祝)9:55~10:50、MBS・TBS系で全国ネット放送されます。よろしかったらご覧くださいね。




この2日後、初めて聴いた夢幻華紋の『星発星宿』や『夢海路』、特に『光を探して人は彷徨う』のボーカルが忘れられず、アマゾンでアルバムを購入しました

夢幻華紋の公式サイトでちょこっと試聴できます。こちらからどうぞ。

| その他♪ | 22:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

琵琶湖さざなみ街道

ずっとハンドルを握りたくて、ウズウズしていました。今日はスカッと一人ドライブへ。名神の瀬田西ICで降りて、琵琶湖の東側にある湖岸道路、さざなみ街道を北上します。

琵琶湖を眺めながら走る、緩やかなワインディングロードは爽快! この開放感、この心地好さ! 所々にある無料のパーキングに車を停めて深呼吸。 まだハスが咲いています。

琵琶湖のハス

烏丸半島

琵琶湖の砂浜

近江八幡にある長命寺に上がってみると、本堂は修理中、眺望も木に遮られて期待はずれ。

長命寺石段 長命寺

ふたたび北に向かって車を走らせていると・・・オヤッ キミはだーれ?!

琵琶湖のハクビシン

最後に東近江の五個荘へ。観光センターの駐車場に車を停めて、水路に錦鯉が泳ぐ寺前・鯉通りから近江商人屋敷へとブラブラ歩きます。だーれもいません、静かです。

五個荘 弘誓寺 五個荘 寺前・鯉通り

帰りは、すっかり黄金色に染まった田んぼを抜けて、R8から名神の栗東ICへ。 あー、スッキリしました!

| ◇その他 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

心の中を秋風が吹く日

夜が明ける前、フッと目が覚めて気配を感じました。今日あたりかな・・・そんな気がして、いつも就寝中はオフにしている携帯をオンに。お昼になって千葉県にいる義伯母が亡くなったとの連絡がありました。享年84歳、末期の膵臓がんで2度目の腸閉塞を併発して6日後のことです。

昨年1月、胃がんだった伯父が亡くなった後も、気丈にというか結構のびのびと一人暮らしをしていた義伯母でしたが、呼び寄せられるように逝ってしまいました。

親類に連絡を入れて、ペットホテルを予約、バタバタと準備をして千葉へ。無事お通夜とお葬式を終えて、ついでに同じ県内にいる目の不自由な叔母の様子も見てから、今夜大阪に戻りました。

こうして人の死に接するとき、私はいつも、死は公平という思いを強くします。その人の死は、すべてこれまでどんな生き方をしてきたかという集大成のように思えるのです。もちろん、私の知らない理不尽な例外は数多くあるとは思いますが。

傍らで安堵してぐっすりと眠る愛犬の寝息に聞き耳を立てながら、まだ生きている自分の存在をかみしめる、そんな夜更けです。

| 未分類 | 00:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |