FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< 2014-04- | ARCHIVE-SELECT | 2014-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

おお宝塚! 愛しのベルばら

特にフアンというわけではないけれど、たまには乙女チックなのもいいかなと、土曜日はご招待で宝塚大劇場へ。宝塚歌劇は今年で100周年とか。かつて一世を風靡した『ベルサイユのばら』がリニューアルされ『オスカル編』として再演中。

ベルサイユのばら

まずは宝塚ホテルの中庭を望むラウンジで、ライスシャワーの祝福を受ける新郎新婦を何組か眺めながら、アフタヌーンティーセットでゆるりと。そのあと早めに大劇場へと向かいます。

宝塚大劇場宝塚大劇場

開演前に100周年を記念した特別展示『宝塚歌劇の殿堂』も覘いてみました。歴代宝塚トップスターの顔写真がズラリと並んでいて、妙に懐かしく盛り上がります。舞台衣装もきらびやか。羽を背負いシャンシャンを持って虹色の階段の前でタカラジェンヌ気分を味わう体験コーナーもあって、この際だからと調子に乗りポーズを取って写真に納まります(が、もちろん公開は致しません)。

宝塚歌劇の殿堂宝塚歌劇の殿堂

幕が上がりました。レトロで安心の昭和な音楽、可愛くキラキラしたデコラティブな舞台。私たち世代にはちょっと気恥ずかしい少女漫画のストーリーでしたが、何と不覚にも二度ほどウルウル。特に宙組トップスター・凰稀(おうき)かなめさん演じるオスカルが、ペガサスに乗って空を飛ぶ場面は本当に華麗で素敵でしたねぇ。

そして「愛、それは甘く~ 愛、それは強く~」と、お馴染みの歌が流れる頃には、すっかりオスカルの魅力にハマっていました。さすが『ベルばら』、想定外の楽しさです 初演以来長きに亘り人気があるのも頷けます。

そういえば、社会に出たばかりの新入社員時代、初めての社員旅行で余興の出し物が、当時一大ブームを巻き起こした『ベルサイユのばら』。台本を作り合宿してまで練習し、当日はバリバリのアイメイクで皆を驚かせましたっけ。何であんなに夢中になれたのでしょう、熱い時代でした。
スポンサーサイト



| その他♪ | 06:58 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |