FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< 2014-06- | ARCHIVE-SELECT | 2014-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

藤原宮跡の蓮・おふさ観音の風鈴まつり・談山神社の秘仏

久し振りに熱帯夜から解放されて爽やかに目覚めた月曜日は、早朝ひとり車を飛ばして奈良・橿原の藤原宮跡へ。千里から約1時間、橿原市藤原京資料室の駐車場に車を停めて歩き出すと、道路の向こう側に広がるお花畑ではキバナコスモスが鮮やかに咲き揃っていました(写真撮るの忘れた

持統天皇が造営した藤原京は、たった16年で平城京に遷都された短命な都。その宮跡は、東に天香久山、西に畝傍山、北に耳成山という大和三山を望む四方の一辺が約1kmという広々とした何もない平地です。

藤原宮跡

清々しい朝の風に吹かれて、山麓から薄く煙が立ち上るのを眺めながら、誰もいない原っぱを歩きます。倭は 國のまほろば たたなづく 青垣 山隠れる 倭しうるはし という『古事記』の一節がピッタリ。1300年前と同じ山容を、私も目にしているのでしょうか。 

本日のお目当ては東の一角にある蓮ゾーン。思ったよりお花が間近です。先客はすでに20人近く。皆さん撮影目的のようで、立派なカメラをお持ちになり三脚を立てて本格的。私のように日傘片手に、年代物のバカチョンデジカメで写しているような人は一人もいません。蓮池越しに見る大和三山も麗しいですね。何度もぐるりを歩いて飽きずに眺めます。

藤原宮跡 蓮池
藤原宮跡 蓮藤原宮跡 蓮藤原宮跡 蓮

次はすぐ近くにあるおふさ観音へ。門をくぐると、境内に吊るされた風鈴の涼やかな音色が聞こえてきました。その足元にはバラの花が。丁寧に朝の水やりをされていて、大事に育てられているのがよくわかります。風が吹くたび、風鈴の音色とバラの甘い香りに包まれてウットリ。

おふさ観音おふさ観音
おふさ観音おふさ観音

昔は夏になればどこの家でも風鈴を吊るしたものですが、今ではその音色も懐かしく感じられるようになりました。2千を超える風鈴の音色もいろいろあって、何だかちょっと幼い頃の記憶が蘇りますね。

そして、この次に向かったのは談山神社。明日香の石舞台を抜け多武峰(とうのみね)に続く道は、意外にも二車線のドライブウェイで快適です。標高が500m近くあるこちらでは、季節がまだ夏の手前!? アジサイが咲き、山吹もちらほら。ひんやりした心地よい風が社殿を吹き抜けています。

談山神社談山神社

中大兄皇子と中臣鎌足が、多武峰で『大化の改新』の談合をしたことから、談い山(かたらいやま)と呼ばれるようになったのが社号の起源で、元は藤原鎌足をお祀りするお寺だったのですね。その名残が木造十三重塔ということです。

談山神社談山神社談山神社

今はオフシーズンで、ほとんど訪れる人もなくひっそり。今回の目的は特別公開中の秘仏、如意輪観世音菩薩像です。輪のように転がり願いを叶えてくださるという美しく荘厳された観音さまは、右足を立膝にして手は6本。バランスのとれた優美なお姿で、ほんのり笑みを浮かべておられました。

山を下って西井牧場のみるく工房飛鳥に立ち寄り、ソフトクリームで一息。この後、急いで家に戻って午後からジムへ。体力の限界を超えたかも・・・

| ◇奈良 | 07:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

佐渡裕プロデュースオペラ 『コジ・ファン・トゥッテ』

先週は、年に数回観るか観ないかというオペラを2度も観ることができた、まさにオペラウィーウ。毎年夏の恒例、西宮市の兵庫県立芸術文化センターで上演される、佐渡裕芸術監督がプロデュースするオペラは今年で10作目。今回はモーツァルト4大オペラの一つといわれる『コジ・ファン・トゥッテ』です

コジ・ファン・トゥッテ

火曜日は抽選に当たって 公開リハーサルへ。1階席はすべてスタッフ・関係者のみで、2階最前列の席から鑑賞します。佐渡さんのプレトークで始まり、本番通りの進行です。そしていよいよ開幕初日の金曜日、大勢の人たちで埋め尽くされたホール横のホワイエを抜けて、いつものようにまずはビュッフェでコーヒーを。開演を待つこの軽い高揚感が堪りませんね~

物語は、互いの恋人の貞操を試そうとする二組の恋人たちが繰り広げる、何とも軽薄な(!?)男女の掛け合いですが、けれど人間の真理を突いていて、最後に老哲学者が「コジ・ファン・トゥッテ=女はみんなこうしたもの」と、人生のほろ苦さというか奥深さに気付かせるというもの。

明るいナポリが目に浮かび何かが始まる予感のする序曲で十分に期待が高まったところで、男性陣歌手が登場し、続いて女性陣歌手も登場。そこから次々と展開される美しい二重唱・三重唱・五重唱・六重唱に引き込まれます。

この日のキャストは、メトロポリタン・オペラのチーム。特にフィオルディリージ役のスザンナ・フィリップスは、柔らかく伸びやかな歌声で魅了します。落ち着いた上品な雰囲気も素敵ですね 1階前方席からじっくり鑑賞。

公開リハーサルでストーリーとおおよそのセリフが頭に残っていたので、本番ではあまり字幕を追いかけずに、演奏と歌唱に集中することができたのは儲けものでした

| オペラ | 01:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

京博ナビゲーターになりました!

その通知が届いたのは昨日のこと。想定内ではあるけれど、どこか落ち着かない日が続いていただけに、ようやくホッとできました。

始まりは4月中頃、毎月配信される京都国立博物館(=京博)からのメールマガジンで見つけた「京博ナビゲーター」募集のお知らせ。実は、このチャンスをずーっと待っていました。並々ならぬ想いで応募を即決したのは言うまでもありません。

日本美術に目覚めるきっかけは京博ではなかったでしょうか。特別展に足を運ぶのはもとより、夏期講座やシンポジウムを聴講したり、また佛大の公開講座で岡岩太郎氏から京博内にある文化財保存修理所での修復作業について伺ったりするうち、美術に関わることにどこか淡い憧れのようなものを感じていました。

『次に生まれ変わったら学芸員になりたい。』そんなことを友人らに公言するほどでしたから、私にとって現世で最後にして最大のチャレンジ、ちょっとオーバーですが。とにかく全力を尽くしました。

6月初め、募集説明会に参加。6日間行われる説明会初日は、すでに募集人員を上回るのではないかと思われるほどの大盛況! 応募用紙を受け取り、期日までに与えられたテーマに沿って書類を作成し応募します。書類選考を通過した後は、グループ面談による選考。そして昨日、郵便ポストに届いた京博からの封書に、「9月から京博ナビゲーターとして活動いただくことになりました」と、待ちに待った通知が。

今年9月13日(土)、京博では、地上3階・地下2階建て総工費約195億円という新しい展示館「平成知新館(平常展示館)」がオープンします。そこには「さわって発見!ミュージアム・カート」など、大人から子どもまで楽しめる新たな仕掛けがいっぱい。オープン記念展「京へのいざない」は、国宝50余点・重文110余点、総点数約400点(1期・2期合計)という堂々たる展示数。しかも観覧料は一般520円と低額です。

8月から9月にかけて京博ナビゲーター基礎講座を受けた後、総勢150名のナビゲーターが3年の任期で月1回の指定日に、ご来館の皆様に文化財と親しんでいただくためのボランティア活動を開始します。

| 京博ナビゲーターだより | 22:20 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

松竹座 七月大歌舞伎 2014

七夕の月曜日は、七月大歌舞伎 夜の部へ。いつものようになんばのデパ地下でお弁当を買い込み、地下街から地上に出ようとエレベーターを待っていたら、何と!昼の部の出番を終えた片岡秀太郎さんがおひとりで降りてこられました 

秀太郎さんといえば、今を時めく片岡愛之助さんの養父にして関西歌舞伎界の重鎮。小柄で軽やかな身のこなしと艶やかで品の良いお顔立ちで、さすが垢抜けていらっしゃいましたね。ちょっと得した気分

七月大歌舞伎

今回は演目と配役をみて夜の部に決めたのですが、直前に確認してみると上演時間が4時間55分(現在は50分)と、これまでの最長記録 大丈夫!?と不安がよぎりましたが、終わってみればあっという間。渋い芸が光るバラエティに富んだ演目で、最後まで飽きることなく楽しめました。

最初の出し物は『沼津』。昨年11月、国立文楽劇場で通し狂言『伊賀越道中双六』を観たばかりなので、筋書きもわかっているしどうかなと思っていたら、やっぱり人間国宝・坂田藤十郎さんが演じると情感たっぷりで役の厚みが違いますね。

次は『身替座禅』。片岡仁左衛門さんが艶っぽくて可愛い恐妻家の大名を、品よくユーモラスに演じて絶妙でした。明るい翡翠色の衣装がよくお似合いで素敵!7か月も休演されていたとは思えません。

『真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち)』は怪談ですが、所々に笑いもありそれほど陰惨でないのが救いです。尾上菊之助さんって美形ですね~

そして、『女伊達』。片岡孝太郎さんらの華やかで威勢のいい舞踊で、フィナーレにふさわしい賑やかさ。最後はこうでなくっちゃね!

大満足で松竹座をあとに戎橋の方へ行くと、道頓堀川両岸のとんぼりリバーウォークはズラリと提灯が吊るされ昼間のような明るさ。8月末まで道頓堀川万灯祭が開催されているそうです。

| 歌舞伎 | 01:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |