FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< 2015-10- | ARCHIVE-SELECT | 2015-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

十一面観音巡り & 円成寺

奈良ではこの時期、秋の秘宝・秘仏の特別開帳中。2年前、『大和路秀麗 八十八面観音巡礼』というパンフレットに導かれて巡ったほぼ同じコースを辿ります。

9時過ぎに車で千里を出発。10時頃には平城宮跡前を通過して法華寺に。整備された広い無料駐車場がありがたい、と思っていたら大型観光バスも到着 こちらは光明皇后が父・藤原不比等の邸宅跡に創建された皇室ゆかりの尼門跡寺院。

法華寺

法華寺

ご本尊は光明皇后のお姿を写したと伝わる平安時代前期に造られた国宝・十一面観音立像。左右に伸びた蓮の葉と蕾の珍しい光背や、まるで冠のように見える頭上の十一面、何よりその女性らしい優美なポーズが魅力的です。

そこから法華寺とはほぼ背中合わせだけど、歩いて5分ぐらいの海龍王寺へ。狭いわりには車通りが多くて面白みがない道なので車で移動し、無料駐車場に停めます。こちらは、かつて遣唐使の航海安全祈願のお寺だったとか。山門から中門までの、程よく朽ちた感じの参道が趣深く素敵で、超お気に入り。

海龍王寺

海龍王寺

ご本尊は、光明皇后が自ら刻まれた像をもとに鎌倉時代に造られた十一面観音立像。昭和28年まで秘仏だったためか、彩色や装飾がきれいに残っています。金箔とは違う金泥がマットに淡く輝くお姿で、凛としたお顔が美形です。

お昼は菊水楼の洋食レストランでランチを。奈良公園荒池に面した眺めの良い窓際の席に。ふと見回せば、えっ、同窓会!?と思えるほど70歳前後の女性ばかりでビックリ。雰囲気の割にリーズナブルでした。

食後は、大安寺へ。奈良時代には大伽藍が立ち並び、1000人近い僧侶がいた大寺院だったとのこと。現在はがん封じのお寺として知られているようです。

大安寺

前回訪れたとき一番感動したのが、こちらのご本尊・十一面観音菩薩立像でしたが、今回は拝観順路?拝観位置?が変わっていたようで、前回と印象が全く違いました。こんなこともあるのですね 受付横で見つけた大和路秀麗 八十八面観音巡礼の写真本は即買いで、五百円也。

大和路秀麗 八十八面観音巡礼

この日最後は、柳生に向かう途中にある円成寺へ。日が少し傾き始めて、まだ日が陰る前の、穏やかな日差しを斜めに受けて、楼門前に広がる庭園は極楽浄土。

円成寺

円成寺円成寺円成寺

ご本尊は定朝様の阿弥陀如来坐像ですが、多宝塔には運慶25歳頃の作といわれる国宝・大日如来坐像が祀られています。若々しい端正なお顔立ちにバランスの取れた体躯。特に肩のラインが、力が入りすぎず、かと言って力を抜きすぎず、何と微妙で美しいことかと見入ってしまいます。

山の夕暮れは早いですね。気が付けば、日が陰り始めています。坂をずーっと下っていくと、県庁前の国道は大渋滞。奈良博では正倉院展開催中、奈良公園も少しずつ紅葉が始まっています。今年はあと何回奈良に来るかしら・・・
スポンサーサイト



| ◇奈良 | 22:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |