FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< 2015-12- | ARCHIVE-SELECT | 2016-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

奈良礼賛 若草山焼き 2016

前日から、週末は数十年に一度の猛烈な寒気が流れ込み西日本は大荒れという予報に加えて雪マーク。大雪や猛吹雪、路面の凍結に警戒が必要というので、23日の土曜日は出発直前に車をあきらめ近鉄電車で奈良へと向かいます。

1時過ぎに近鉄奈良駅に到着。いつものように駅ビル1階にある総合観光案内所に立ち寄り『若草山焼きガイドブック』を入手したら、興福寺の境内を抜けて一の鳥居をくぐり飛火野へ。今年のガイドブックは文庫本サイズで使い勝手が◎

若草山焼きガイドブック

すでに春日の大とんどは始まっており、お焚き上げの大きな炎が見えます。古いお札やお守りなどを受付に納めたら、列に並んで火炉の周りをゆっくり歩き、火を通して神様のお力をいただきます。(無病息災ではなかった!) そして最後に青竹に入れてとんどの火で温められたお神酒を頂戴します。

春日の大とんど春日の大とんど お神酒

次は、20年に一度の式年造替が行われている春日大社へ。この日はたくさんの鹿さんたちがお出ましです。昨年11月に塗り直された朱色も鮮やかな二の鳥居をくぐって参道を進みます。こちらでは御神霊が遷された御仮殿や御蓋山浮雲峰遥拝所などが特別公開中。式年造替が始まってからも何度か参拝しているけれど、古式ゆかしいこの地に立つと心が清まるよう。1300年の歴史があり年間2200回にも及ぶ祭礼が行われているというのは驚きですね。

春日大社春日大社 鹿さん

この後、休憩を兼ねて東大寺ミュージアムへ。ミュージアムカフェの茶廊・葉風泰夢で、熱々の抹茶オーレを。閉館時刻が迫る中、足早に展示を見たあと、化粧室で携帯カイロを体に貼り付け極寒装備を固めて、いざ出発!

ここまでは風もなく寒さもほどほど。これより御神火奉戴祭が行われる飛火野へ向かいます。祭礼の後、春日の大とんどからもらい受けた御神火が、金峯山寺の法螺衆に先導され春日大社・東大寺・興福寺の神官や僧侶らの行列とともに水谷神社での祭礼を経て、若草山の山麓にある野上神社へと運ばれます。

御神火奉戴祭
若草山焼き 聖火行列若草山焼き 聖火行列野上神社

このあたりからポツポツと雨が 日が沈み、御神火が移されてかがり火が赤々と燃える野上神社前で、山焼き行事の無事を祈願する祭礼が始まる頃には小雨がしとしと。続いて読経の中、山麓中央の大かがり火に点火、いよいよお待ちかね大花火の打ち上げです。

若草山焼き 大花火

何でこんなに人は花火に魅了されるのでしょう。顔にかかる雨をものともせず、冬空に上がる花火に魅入ります。夏場に海や川原で見る賑やかな花火とは異なり、神仏に見守られて厳かで清澄、且つのけ反るぐらい真上に上がって大迫力の花火。

若草山の芝はかなり濡れています。ほら貝とラッパを合図に、大かがり火から移した松明で消防団の方々が一斉点火し、山焼きが始まりました。が、案の定燃え広がりません。例年ならあっという間に炎が山頂めがけて駆け上がっていくのですが…火がまばら。早々に坂を下り、浮雲園地あたりから若草山を望んでみても、ところどころ横線状に火が見えるばかり。まっ、こんな年もありますよね。

若草山焼き

若草山焼きは、迷信による度重なる放火を防止するため江戸時代末期頃から始まったということで、山上古墳の鶯塚への鎮魂が起源とか。春日大社・興福寺・東大寺の神仏が習合する厳かな祭礼から続く壮大な火の儀式です。関西なら、当日深夜のTVニュースで、また翌日は新聞紙面で必ず目にするほどの伝統行事。一度は足を運ばれることをおススメしたいですね。
スポンサーサイト



| ◇奈良 | 19:31 | comments:2 | trackbacks:2 | TOP↑

>> EDIT

京都国立博物館に異変が・・・!

何ということでしょう、誰も予想だにしなかった現象が12月から続いています。博物館には珍しいうら若き乙女らが全国から次々と訪れ、展示室前で静かにお行儀よく列をなしているではありませんか。その数ざっと百数十名。並んでいるのは近頃話題の『刀剣女子』、お目当ては特別陳列『刀剣を楽しむ』。 

京博 刀剣を楽しむ

今回は人気ゲーム『刀剣乱舞』とのコラボで、キャラクターを演じる4人の声優による刀剣乱舞版音声ガイドも用意されていて、1台貸出ごとにオリジナルポストカードが1枚もらえるというオマケ付き。カードは全4種類で4枚集めたというツワモノもいるのだそう。

京博 音声ガイド

スタッフは皆、目を丸くして首を傾げながらも口元が笑っています。まったく嬉しい誤算のようです。これをきっかけに、これからも時々足を運んでもらえるといいのですが。

そのほかの展示はゆっくり観覧できます。特別陳列の『さるづくし』や『獅子と狛犬』など、動物に関する絵画や彫刻は楽しいですね。時間があれば、2階のレファレンスコーナー内にあるミュージアム・ラボラトリー(場所が分かりにくくて、名前がややこしい!)で、映像による解説をご覧ください。おススメは『美術品の中の人間と動物たち』(20分)です。個人的には、3階・陶磁と考古の展示室北側にあるラウンジで窓の外を眺めながらくつろぐのが好き。

京博 ミュジアム・ラボラトリー
京博 ミュージアム・ラボラトリー&ラウンジ

新年初の京博ナビゲーター当番も無事終了。ミュージアムショップを覗くと、過去の図録が格安(500円)で販売されていたので、重さを顧みず購入。お蔭で今日は肩と腕が筋肉痛です・・・

刀剣の展示室(1F特別展示室)には、連日入室待ちの行列ができているため、12/23~1/31は19:00まで開館を延長。入館は通常通り16:30まで。尚、刀剣を最前列で見たいという方以外は、並ばず展示室に入ることができます。お急ぎの方は後ろからご覧ください。

| 京博ナビゲーターだより | 15:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大阪交響楽団 名曲コンサート

寒ければ寒いで文句をいうクセに、暖冬すぎて心配です。連休初日のぽかぽか土曜日は、昨年11月にオープンしたばかりのエキスポシティへ。5歳の男の子を連れポケモンEXPOジムから始まって、ひつじのショーンファミリーファーム、最後に海遊館がプロデュースするニフレルへ。行列覚悟だったけれど、どこもほとんど並ぶことなくスムーズでラッキーな1日でした。

連休最後の今日は、ザ・シンフォニーホールで大阪交響楽団による、珍しい楽器の協奏曲シリーズ 第89回名曲コンサートに。5回セット券を購入して、前から数列目の中央シートを来シーズンまで確保しています♪ 今回取り上げられた楽器はアルゼンチン・タンゴに使われるアコーディオンの一種、バンドネオン。

≪ プログラム ≫
A.マルケスダンソン第2番
A.ピアソラバンドネオン協奏曲
J.シュトラウスⅡ喜歌劇「ジプシー男爵」序曲 
J.シュトラウスⅡポルカ「クラップフェンの森」 
E.シュトラウスカルメン・カドリール 
E.ワルトトイフェルワルツ「スケートをする人々」
ヨハン&ヨーゼフ・シュトラウスピチカート・ポルカ
J.シュトラウスⅡポルカ「ハンガリー万歳」 
J.シュトラウスⅡワルツ「美しく青きドナウ」
 
毎回安定した心地よい演奏で、いつも新しいクラシックの扉が開かれるようなちょっとした驚きがあって楽しめます。今日は初めて聴いた1曲目、A.マルケスのダンソン第2番が印象的。ラテン系クラシック(!?)というか、独特の変拍子に何だかカラダがうずうずして踊り出しそう。

帰り道では、成人式を終えた振り袖姿がチラホラ。新しい門出をお祝いするかのような優しい夕暮れ。

| クラシック | 23:42 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

伏見五福めぐり

新年あけましておめでとうございます。お蔭さまで今年も穏やかなお正月を迎えることができました。昨年11~12月はあまりにお出かけが多すぎて、記事が追い付かずギブアップ、ついには更新放棄。加えてドライアイの悪化によりPCからも遠のいておりました。

大晦日は年をまたいだジルベスターコンサートに、元旦は親戚が集まり、3日は初詣を兼ねた恒例の箕面滝道ウォーキング。新春セールでお買い得品をゲットしたら、6日は一人静かに京都 伏見の五福めぐりへ。年末年始に溜めこんだ脂肪を少しでも落そうと、5社寺を歩いて回ります。

今回スタートは京阪の中書島駅から。①酒蔵が立ち並ぶ川向いにある長建寺 → ②蓬莱橋を渡って竜馬通りを抜け大黒寺 → ③少し戻って大手筋通りを東に進んで御香宮神社 → ④さらに東の桃山御陵近くにある乃木神社 → ⑤住宅街をてくてく北上して藤森神社、という順路で所々脱線しながら約3時間ほど。5社寺とも初めての参拝です。

長建寺大黒寺
乃木神社御香宮神社
藤森神社

一番目の長建寺で干支の色紙を受け取り(千円)、5社寺でご朱印をいただくと(各三百円)、干支の土鈴が記念品としてもらえます。最後に墨染駅近くで見つけた椿堂茶舗の茶房 竹聲で、ほっこり素敵なお茶を。竜馬好きや日本酒党なら、逆コースで五福めぐりの後寺田屋を見学したり利き酒したりすると楽しいかも。15日まで。

寺田屋月桂冠酒蔵

2016 伏見五福めぐり色紙
乾燥してちょっと反ってしまった^_^;

| ◇京都 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |