FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< 2018-05- | ARCHIVE-SELECT | 2018-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

グラグラグラッと大きく揺れました。

週明けの月曜日、7時58分に地震発生。またあのイヤな揺れです。スマホは「地震です、地震です」と連呼。リビングではガシャーンと食器の割れる音や、何かが倒れる音が。阪神大震災の記憶が頭をよぎり、心臓がパクパクします。

揺れが収まり、テレビをつけようとしたら電気が止まっていました。呆然としていたら、LINEの通知音が次から次に鳴っています。ほどなく電気は復旧し、ライフラインは正常に戻りました。午前中は、ほぼ電話やLINE対応に追われ、気が紛れて良かったかも。有難いことです。

同じ北摂でも地域によっては阪神大震災の時より大きな被害が出ているようです。まさに「災害は忘れた頃にやってくる」です。必要なものをリュックに詰めて、いつでも持ち出せるよう玄関に置きました。また、お風呂に水を張り断水に備えています。懐中電灯も準備OK。

あっ、今も余震が・・・ホント怖いですわ~~~ 今日も明日も予定キャンセルして家に篭ります。

| ◇大阪 | 00:39 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

生駒山ぬかた園地 あじさい園

そろそろ見頃かと、梅雨の晴れ間に生駒山へ。この時期、毎年ハイキングの予定を立ててみるものの、雨天に阻まれ一度も実現していません。この日は時間の都合で、生駒山上まで車で。

一応ハイキングの装備で出掛けるも、駐車場から近道を歩くと15分ぐらいであじさいプロムナードに到着。残念ながら、まだ蕾も多くて色づきは三分ほど。見頃まであともうちょっとでした。

2018 生駒山1

2018 生駒山2

2018 生駒山3

2018 生駒山4

2018 生駒山5

2018 生駒山6

2018 生駒山7

帰りはあじさい新道を通って生駒山上遊園地経由で駐車場へ。平日のお昼間とあって訪れる人も少なく、静かな遊園地に陽が降り注いでいました。

2018 生駒山8

| ◇大阪 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

重源上人のお墓参り & 奈良国立博物館 春日大社のすべて & 法華寺

お天気が崩れないうちにと、午前中に東大寺の北にある三笠霊苑へ。治承四年(1180年) 東大寺炎上後、61歳の高齢で復興の命を受け全国を勧進し、10年で大仏殿を再建した重源さんのお墓参りに。

2018 重源上人1

管理事務所で案内図をもらい東大寺墓地まで急坂を上がっていくと、頂上あたりの見晴らしいのよい場所に三角五輪塔を発見。この夏、重源さんが勧進のために設営した7つの別所のひとつ、播磨別所の浄土寺にボランティア仲間と行くまでに、一度お墓を訪ねて手を合わせたいと思っていました。

2018 重源上人2

2018 重源上人3

2018 重源上人4

次に奈良国立博物館へ。現在、創建1250年記念特別展 『国宝 春日大社のすべて』開催中。思っていた以上に展示内容が素晴らしく、神宝類や多くの春日曼荼羅は見応えあり、大鎧や白銅鏡にも目を見張りましたが、一番目を引くのは拵の長さが270.5 ㎝という鹿島神宮に伝わる日本最大の古代刀、直刀・黒漆平文大刀拵(ちょくとう・くろうるしひょうもんたちこしらえ)。大きさだけでなく、武甕槌命が高倉下にさずけた剣という由緒にも圧倒されます。

2018 春日大社のすべて

最後に法華寺へ。光明皇后の命日に合わせて、この日から特別開扉されるご本尊の国宝・十一面観音像を拝観。ついでに閉門間際の海龍王寺へ。山門から続く参道の、創建から何も変わらないのではと想わせる、ありのままの風情が心にしみじみ。

2018 法華寺1

2018 法華寺3

2018 法華寺2

2018 海龍王寺1

2018 海龍王寺2

| ◆奈良 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ムジークフェストなら 2018 信貴山 朝護孫子寺

朝護孫子寺の駐車場に着いたあたりから雨足が強くなり、ボランティアの方に案内いただきながら拝観しているときにはザーザー降り。本堂からの眺めは特に素晴らしいとのことでしたが、残念ながら何も見えません。この日は塔頭のひとつ、成福院の大広間でクラシックコンサートを。

2018 信貴山1

2018 信貴山2

2018 信貴山3

2018 信貴山4

2018 信貴山5

2018 信貴山6

2018 信貴山7

舞台後ろの板張りの壁に反射して広間に広がる音色は、湿度を帯びてキンキン響き、折角の演奏がちょっとお気の毒。コンサートが終わり、帰る頃には雨は小止みに。若い頃、山歩きのついでに立ち寄った記憶はあるけれど、こんな大きくて立派なお寺だったとは。近いうちにお天気の良い日を選んで、もう一度ちゃんと参拝させていただくことにいたしましょう。

| ◇奈良 | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |