FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< 2019-09- | ARCHIVE-SELECT | 2019-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

嵯峨大念佛狂言

20日(日)は嵯峨野の清凉寺(嵯峨釈迦堂)へ。前身の棲霞寺は、源氏物語主人公・光源氏のモデルといわれる嵯峨天皇の皇子・源融の山荘を仏寺としたもので、中世には融通念仏の道場だったと伝えられています。

広い境内の西門近くの一角に、昨年秋に2年半かけて修復を終えた嵯峨狂言堂。意外と小ぢんまりした観覧席の最前列が、今日の私の特等席です。

IMG_20191022_035518_convert_20191022155104.jpg

IMG_20191022_035633_convert_20191022155119.jpg

国の重要無形民俗文化財に指定されている嵯峨大念佛狂言は、面をつけ身振り手振りで仏の教えを説く無言劇。演目には能楽系のカタモンと、ちょっとコミカルなヤワラカモンの2種類があり、交互に演じられているそうです。囃子方の鉦、太鼓、笛のカン・デン・デンというリズムもこれまた独特。

午前中狂言堂内部を見学、1時半から秋の公演が始まりました。素朴だけど普遍的なんでしょう、心に沁みます。そして、いつまでも頭の中でカン・デン・デンと鳴り続けるのでした。

| ◇京都 | 16:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

近江の厳島・白鬚神社

秋天一碧、こんな日はドライブに限ります。それも夏の喧騒が去った穏やかな琵琶湖あたり。

京都東ICから湖西道路で高島へ。何度か前を通ったことがあるはずだけど、まだ参拝したことがない白鬚神社に。

湖岸を通るR161から駐車場に入ると、平日なのに結構車が止まってます。こんなところにまで中国人観光客の団体が。その上超大型リムジンで海外からの撮影隊まで到着。諦めて琵琶湖に浮かぶ大鳥居を眺めながらしばらく遣り過ごすことに。

IMG_20191015_033802_convert_20191015132519.jpg

IMG_20191015_032523_convert_20191015132543.jpg

こちらは垂仁天皇の皇女・倭姫命が創建したといわれる近江最古の神社。ご祭神は、天孫降臨の際に瓊瓊杵尊の案内をされた猿田彦命で、白髪に白鬚という老人姿の長寿神とか。

IMG_20191015_033426_convert_20191015132614.jpg

IMG_20191015_033145_convert_20191015132631.jpg

風格あるご本殿は1603年に太閤秀吉の遺命により造営された重要文化財。豊臣家の家紋・五三桐も見えますね。境内の奥に進み斜面を見上げると岩戸社。その横に磐座でしょうか。

IMG_20191015_034726_convert_20191015132654.jpg

IMG_20191015_035556_convert_20191015132741.jpg

IMG_20191015_131835_convert_20191015132718.jpg

近づくにつれて空気が変わります。静寂が遠のきハッとして立ち止まると、木々の向こうから何ものかが頻りにざわめいています。引き寄せられるように磐座の前へ行き、そっと両手で触れてみます。すると温かいものが流れ込んできてたちまち胸を満たしました。それは懐かしいような、どこか哀しいような。

IMG_20191015_035443_convert_20191015132806.jpg

DSC_9972_convert_20191015132911.jpg

何度も振り返り神社をあとに。そして久し振りにマキノまで足を伸ばします。メタセコイアの並木を眺めながらマキノピックランドでティータイムを。

IMG_20191009_141131_convert_20191015191141.jpg

DSC_0009_convert_20191015191941.jpg

このまま琵琶湖一周できるかもと一瞬考えたけれど、寝不足気味なので眠気に襲われる前に帰ることにします。( 行こうとしていた鵜川四十八体石仏群は車で通り過ぎてしまい残念

| ◇その他 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

陸上自衛隊 中部方面隊 59周年記念行事

いくつになっても初めてというのはワクワクしてしまいます。

6日(日)は、陸上自衛隊 中部方面隊 59周年記念行事が開催される伊丹駐屯地へ。抽選で駐車券が当たり、ビシッと制服に身を包んだ隊員の方の案内で、空港近くの駐車場からシャトルバスに乗って向かいます。

大勢の来場者がグラウンドを囲む中、記念式典が始まりました。高機動車や戦車や見たこともない大きな車輌が唸りながら目の前に。厳しい訓練の様子も垣間見ることができ、何と言ったらいいでしょうか、この高揚感は。国を守る方々に失礼かもしれないけれど、本当にかっこいい。

IMG_20191007_172425_convert_20191008000721.jpg

DSC_9996_convert_20191008000839.jpg

IMG_20191007_172638_convert_20191008001059.jpg

IMG_20191007_173259_convert_20191008001141.jpg

1時間ほどのお昼休憩を挟んで、中部方面音楽隊による演奏が始まりました。大阪学院大学・高校チアリーダー部のパフォーマンスで盛り上がり、音楽隊で人気の歌姫・鶫 真衣(つぐみ まい)さんの清らかな歌声が聴かせます。

DSC_0050_convert_20191008001317.jpg

IMG_20191007_173834_convert_20191008001227.jpg

10時から3時過ぎまで、紫外線を浴び続けてずっと屋外。それが苦にならないほど夢中になってしまいました。


自衛隊の皆様ありがとうございました。

| ◇兵庫 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

古澤巌 千里天神奉納公演 2019

古澤巌さんは、ヴァイオリンを志す人が憧れるヴァイオリンニスト。世界を舞台に活躍される傍ら、日本の社寺、それも有名な社寺のみならず、音楽が届きにくい地域の小さな社寺までもコツコツと巡り演奏することをライフワークにされています。

そうした活動は、この千里の鎮守の杜・上新田天神社からスタート。そして、今年は10周年を迎えるとのこと。決して広くはない境内にビッシリと椅子が並べられています。

furusawa2019.png

まず古澤さんが昇殿参拝。日が落ちて神社に明かりが灯るころ、社殿前で演奏が始まりました。一瞬にして心を掴む、緩急も剛柔も自在の、濃密な音色が響き渡ります。うっとりと夢見心地の1時間半があっという間。

IMG_20191003_171618_convert_20191004225550.jpg

自宅に近い産土さんの上新田天神社で、こんな素晴らしい演奏が毎年聴けるなんて。そして最後にサプライズプレゼントの10周年記念ボールペンまでいただけて本当に幸せ💕 神さまに感謝、明日お詣りにまいります。

| クラシック | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

黎明教会資料研修館 Reimei Art Gallery

10月12日(土)から始まる京博特別展「流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」開催に先立ちボランティア研修を受けたあと、お気に入りの伊藤軒でランチを。

この日は午後から黎明教会資料研修館 Reimei Art Galleryへ。只今、秋季展開催中。これまで気になりつつも、その名称から何となく一人で行きづらい感がありボランティア仲間と。

DSC_9951_convert_20191003194106.jpg

こちらは吉田山の麓に位置する、小ぢんまりした9室の展示室からなる美術館。光琳・乾山・宗達など琳派を中心に光悦の書や歌仙絵と渋い作品が並んでいます。落ち着いて静かにゆっくり鑑賞できるのが嬉しいですね。温かみのある対応にも好感が持てました。

近くまで来たので、このあと茂庵へ。神楽岡通りから目印の看板を辿って、急な階段を上がりさらにさらに坂道を上ってようやく吉田山山頂に。皆さん大丈夫!?

DSC_4955_convert_20191003195606.jpg

IMG_20191003_181850_convert_20191003194159.jpg

レトロで趣のあるカフェで、窓から市内の景色を眺めながらホッとひと息。汗が引いたところで、坂を下って帰路に。

| ◆京都 | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

能勢 三草山

まだまだ暑い9月末、ザックを引っ張り出して山へ。今回は友人の提案で近場の能勢・三草山(標高564km)に登ります。格好だけは一丁前、だけど目指すは足場が良くて木立の気持ちいい、怖くない安全な楽々低山のみ。冒険しないから、いつまでも成長もしません⤵️

まず道の駅 能勢(くりの郷)で情報収集。ついでに栗御飯を買い込み、慈眼寺へ。傍らに車を停めたらいざ出発。

DSC_4939_convert_20191001222352.jpg

IMG_20190930_233832_convert_20191001222447.jpg

IMG_20190930_234132_convert_20191001222510.jpg

浮石で歩きにくいところは一部だけ。頂上手前の登りがちょっと長くて急でした。

DSC_4945_convert_20191001222753.jpg

DSC_4946_convert_20191001222820.jpg

山頂は少し開けた広場になっていて、丸太に腰掛けお弁当を広げて昼食を。

IMG_20191001_002118_convert_20191001222856_convert_20191001225058.jpg

下山途中、長谷の棚田が見えてきました。稲刈りの終わったのどかな里山の風景です。とはいえ気温はいまだ30℃超。日陰が無いと暑さが堪えます。そういえば、以前来たときに比べて彼岸花も少ないような。

DSC_4952_convert_20191001224517.jpg

DSC_4953_1_convert_20191001223414.jpg

ヘビの歓迎を受けたり、蜂が首元に潜り込んできたりしたけど、近ごろ動じずやり過ごせるようになったのは、成長か?それとも老化か?どっちでしょう・・・

| ◇大阪 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |