FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ストラディヴァリウス サミット・コンサート 2013

客席で息を詰めてステージを見つめる中、奏者たちが一斉に弓を動かしました。三世紀以上の時を超えて、ベルリン・フィルの名手たちが奏でるストラディヴァリウス。

艶やかなシルクの上をすべるような、角のない滑らかで優美な音色。柔らかくほのかに温かみのある、たくさんの音の粒子が、密度を変えて輝きながら、空間に流れ広がっていくのが見えるようです。

ここは大阪・中之島フェスティバルタワー2階、この4月、4年振りに新しい姿で戻ってきたフェスティバルホール。四ツ橋筋に面した玄関を入ると、真正面にレッドカーペットが敷かれた重厚な大階段が見えます。それはまるで華麗な舞台のよう。エントランスもホワイエも赤を基調になかなかエレガントな感じで、カジュアルよりドレスアップが似合いますね。

2年振り2度目。7台のヴァイオリンと2台のヴィオラ、それに2台のチェロの総額90億円といわれる11台の歴史的銘器が一堂に揃う至福のコンサート。ストラディヴァリウスが私のスタンダードになってしまうと、他の演奏が物足りなくなるから困ったものです

ストラディヴァリウス サミット・コンサート
モーツァルト:
ディヴェルティメント ヘ長調 KV.138

グリーク:
組曲「ホルベアの時代より」 作品40

メンデルスゾーン:
弦楽のための交響曲 第10番 ロ短調

ヴィヴァルディ:
ヴァイオリン協奏曲集「和声と創意の試み」より「四季」

堂島川を見下ろすシースルーエレベーターで、フェステバルタワー13階のスカイロビーに行くと、緑に囲まれた屋外デッキに心地いい風が吹いていました。
関連記事

| クラシック | 13:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私も一度ストラディヴァリウス11台の演奏を聴きに行ったことがあります。
何年前だったかな…?
旧フェスティバルホールですね~

新しいフェスはどうでしたか?
出来たばかりの時にお店などをチェックはしたんですけど。
赤い絨毯が豪華ですよね。
芸能人のメッセージも素敵でした(^^)

| *yoshimin* | 2013/05/31 15:23 | URL |

こんにちは *yoshimin*さん

新生フェスは何と言っても赤い絨毯と大階段が素敵ですね~
昔のイメージを残しつつ、さらに豪華になった感じです。

客席の前後にも余裕があるし高低差もあって観やすくなっています。
前の席との段差も隙間無くフラットになっていて、
これならパンフレットを落っことすこともありませんね。

違いのわかる通によると、ほとんど残響がなくて音がいい、
ということらしいです。

行きたいクラシックやオペラが目白押し、でも予算オーバーで
なかなか手が出せません(>_<)

| まつよいぐさ | 2013/05/31 18:38 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

https://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/127-10424c8d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>