FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

残念すぎる美術館

奈良県庁の北側、奈良県警察本部の隣にひっそりと建つ奈良県立美術館で、『曾我蕭白と中近世美術の精華』と題して、開館40周年記念の館蔵名品展が開催されています。曾我蕭白は、昨年三重県立美術館の『蕭白ショック!!』展で十分過ぎるほど堪能させていただきましたが、小袖姿の美人図に惹かれて猛暑日記録更新中の奈良へ。

人気のない受付でチケットの半券を切ってもらうと、10時からボランティアによる展示解説があるとのこと。これはラッキー、ぜひお願いしますと2階に上がってみれば展示室には先客が1人、間もなく解説係が来て挨拶。その後もう1人ご一緒に。

そして解説係が話し始めました、「ソガ ショウセキの・・・」。
はあっ?! 誰それ!! 耳を疑いました。

それから以降の解説と称するものは、誰でもわかる見たままを説明するだけで、ちびっこ相手でもあるまいし「きれいでしょう」「私もわからないけれど」と何の美術観もなく、あまりの稚拙さに顔を見合わせ唖然。これは、静かな鑑賞を邪魔する、ただの素人の雑談です。

呆れ返って途中からは解説係と離れました。これなら、初めから詳しく書かれた解説パネルをじっくり読んだ方が良かったと悔やまれます。仮にも県立とされる美術館で、ボランティアといえどもこれほどレベルの低い解説というのは、来場者に失礼ではないでしょうか。展示された作品が泣いています。

古都奈良の中心、観光客も多く立地も良い。周囲には奈良国立博物館や興福寺の国宝館、それに東大寺ミュージアムと見どころが集中し、美術ファンが何度も足を運びます。なのに・・・なのに何とも惜しい、残念すぎる美術館でした。

曾我蕭白と中近世美術の精華 曾我蕭白と中近世美術の精華
関連記事

| ◆奈良 | 01:30 | comments:9 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

それは実に残念でしたね。
京都の寺院などの特別公開で説明されている方たちも、学生さんのボランティアと思うのですが、ちゃんと勉強して説明されていましたけれど、それはいったいどういうことだったのでしょうね。

| Hokurajin | 2013/08/23 21:10 | URL | >> EDIT

いたたたたた

何とも残念な解説?でしたね。
人前でしゃべる以上はきちんとお勉強して頂きたいです。

展示自体は素敵な物だったのでしょうね。

| ざくろ | 2013/08/23 21:36 | URL | >> EDIT

Hokurajinさん、こんばんは

京都の寺社のボランティアは、学生さんから年配の方まで
本当に良く勉強されていますね。ボランティアとしての自負を
感じます。

’予算少ないからこの程度で、でも入場料は安くしてます’的な
熱意のなさを感じてしまうのは私だけでしょうか。
工夫次第で来場者は増えるはずなのに・・・

とにかく驚きの解説(?)でした(>_<)

| まつよいぐさ | 2013/08/23 23:14 | URL |

’ざくろさん’でいいんですか?!

そうなんです。
蕭白の名前を間違えようと、言うことがなくて「きれいでしょう」
だけで終わらせようと、全く悪びれる様子がないので
これは、そもそも何の研修も受けていないのではと感じました。

今は美術ファンの人口も増えて、みなさん結構物知りでいらっしゃいます。
こんなおざなりな解説じゃ、納得できる人はいないでしょう。

県立とはいえ美術館としての規模は小さいので、作品も少なく見どころもちょっと。
でも蕭白の美人図は、やっぱりゾクッとするような不気味な色香が漂っていました。

| まつよいぐさ | 2013/08/23 23:34 | URL |

ひょっとして…

あらぬ想像ですが、もしかして、正規の解説の人が
遅刻したとか、風邪で休んだとか
はたまた、聞く人が少ないんで嫌気がさしてやめちゃった
…とかの理由で、
急遽、代役のド素人が解説する事になって
まぁ3人くらいならどうってことなかろう…

なんて事でなきゃ、いいのですが
いくらなんでも…ねぇ(苦笑)

それとも、子供の頃、何かのはずみで間違って覚え込んで
以降、修正が効かない人名…とかだったりして

たとえば、僕なんかも
粋な…というからヤクザかなんかの「黒兵衛」と
「神輿の松」という名の子分が
あだ名を「姿」という「荒い神」ともめ事になって
それに巻き込まれて「死んだはず」の「お富さん」が
生きてて良かったなぁ…等と
小学校の3年生くらいまで思いこんでいましたが

まぁ、そんなわきゃありませんよね
しょうもないコメント、失礼いたしました。

| 癌ダム4G | 2013/08/24 03:37 | URL |

癌ダム4G さん、こんばんは

そうですね・・・
ホントにそんな理由だったら救いがあるのですが。
でも、目玉の絵師の名前間違いますか。

私もブログであまりマイナスなことは言いたくないのですが、
奈良という大きな看板を掲げている限りは、もう少し何とかならないものかと
奮起を望む思いで書きました。

それにしても、癌ダム4Gさんの勘違いって、あまりにややこしすぎて
何度読み返してもよく解らないんですけど・・・・?!
ごめんなさいm(__)m

| まつよいぐさ | 2013/08/24 22:27 | URL |

失礼いたしました・笑

粋な黒塀 見越しの松に 仇な姿の 洗い髪
死んだ筈だよ お富さん
生きていたとは お釈迦さまでも
知らぬ仏の お富さん
エーサオー 玄治店(げんやだな)

お富さん(春日八郎) Otomisan Kasuga Hachiro - YouTube

| 癌ダム4G | 2013/08/24 23:52 | URL |

何のこっちゃ、癌ダム4Gさん

ちょっと悪いんですけど、そりゃ私には無理ってもんですよ。
唄は知っていますが、歌詞までは知りませんから。
今回初めて最初から最後まで歌詞を読みました。

もしかして、春日八郎を聴いてた世代とかって思ってます?
え~~~(*_*;

| まつよいぐさ | 2013/08/26 00:46 | URL |

あ~怒られた…

その、特に他意はないんですけどね。
まつよいぐささんは、博学なんで
何でもご存知かと思っただけですよ(笑)

お詫び…という訳でもありませんが
今度の春場所でも一枡…
いや、サッカーの方がよろしければ
長居のSSでも…(苦笑)

| 癌ダム4G | 2013/08/29 01:36 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

https://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/144-dc11f6c1

TRACKBACK

『曾我蕭白』美術展をはしごする

今日は三重県の津にある三重県立美術館へ。デパ地下で鰻弁当を買って近鉄特急に乗り込みルンルン旅行気分。目的は 『蕭白ショック!! 曾我蕭白と京の画家たち』 展です。 昼下

| 待宵草の薄暮日記 | 2013/08/23 02:04 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>