FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

特別展 みほとけのかたち

これはなかなか得がたい機会でした。ようやく猛暑も一段落、今週もふたたび奈良へ。奈良国立博物館周辺は人影もまばらです。

現在開催中の特別展には、関西各地のお寺から多くの仏像と仏画が出展されています。今回は、かたちにこだわった鑑賞ポイントに分けて展示されており、私のような仏像初心者にもわかりやすく興味の持てる内容。夏休みを意識して上手く工夫されていますね。いつものように音声ガイドを借りて中へ。

まず入口正面に、元興寺の薬師如来立像。ゆったりと衣をまとった丸みのあるどっしりと安定感のあるお姿と、見晴るかす静かな眼差しからは、光のように慈愛が降り注いでいます。カヤの木の一木造で、以前は隣のなら仏像館におられました。

赤々とした炎を背に忿怒の表情で睨みつける浄瑠璃寺の馬頭観音菩薩像や、精緻な造りと鮮やかな彩色で小さいながら(40センチ足らず)迫力ある海住山寺の四天王像など、次々と目を見張る様々な仏像が並んでいます。絹本に描かれた兵庫県・太山寺の十一面観音菩薩像の前で足が止まりました。左手に水瓶をとり右手を垂下して手首に数珠をかけ袈裟をまとう、長い髪と愁いをおびた表情が何とも美麗な菩薩像です。

心を澄ませてじーっと眺めていると、たちまち魅入られて身体から魂が抜けだしてしまいそう。浄土というものを信じたくなります。思わず手を合わせて阿弥陀如来の来迎を祈りたくなります。古の人々もまた仏像を前にして、自然と手を合わせていたのでしょう。そうしてたくさんの祈りが重なり合って霊験となるのでしょうか。

一旦外に出て奈良町の粟でランチ休憩、その後戻ってなら仏像館へ。新聞にもありましたが、先日の豪雨で雨漏りし一部の仏像が濡れてしまったとか。展示室も一部閉鎖されていました。

とにかく一度にこんなにたくさんの仏像を見るのは初めてです。月曜日にも日本仏教美術の講座で’平安時代の仏師と仏像界’について、またアジアの宗教美術講座では’感得仏の世界’について講義を受けたばかりで、今週は仏像三昧。というか、頭の中が混沌とするばかりで整理がつかずぐちゃぐちゃです。

家に帰って何気にポストをのぞくと、何と今年もまたMBS主催・音舞台の招待状が届いていました 今回は東寺で開催されます。そしてこちらにも弘法大師空海が創った立体曼荼羅に数々の仏像が・・・ ありがたく拝受いたしました

みほとけのかたち みほとけのかたち

関連記事

| ◆奈良 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

https://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/145-d1f5927b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>