FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

京都市美術館 竹内栖鳳展 ~ 無鄰菴 ~ 細見美術館

あと2日で11月というのに暖かな申し分のないお天気。今日は京都岡崎公園駐車場に車を置いて、周辺の美術館などを巡ります。まずは、京都市美術館開館80周年記念 竹内栖鳳展から。

竹内栖鳳展  京都市美術館 竹内栖鳳展

これまでも結構いろんな展覧会で目にしてきました。没後70年に当たる昨年夏には、松伯美術館でも竹内栖鳳展が開催されていたので、かなり見知ったつもりでいましたが、今回は規模が違いました。大作が多い上に、代表作がズラリと並んで見応えがあります。

京都に生まれ四条派に学び、独自の表現を求めて諸派を総合した画風は『鵺(ぬえ)派』と揶揄されながらも、渡欧からさらなる進化を遂げて『西の栖鳳、東の大観』と並び称される近代京都画壇の大家。年代順に観ていくと作風の変遷がよくわかり、晩年に迎えた新境地は老いてもますます瑞々しく感動的です。

見どころとなる『大獅子図』と『雄風』は2度目。しかし、『雄風』は何度見ても異色ですね。構図・色彩・技法とも、高みに達した後の程よく力の抜けた爽やかな自由さとでも申しましょうか。栖鳳といえばつい動物画に目が行きがちですが、今回楽しみにしていたのは『羅馬之図』。ここに描かれた古代ローマの水道橋は、セピア色の乾いた濃厚な空気に包まれ荒涼とした中で、朽ちる日を待つかのように静かに佇んでいます。橋の上に小さく鳥の群れを見つけたとき、何故かググッと引き込まれてしました。   

他にも見どころ多数。11時近くになるとかなり混み合ってきました。近くで昼食を済ませて、次は明治・大正の元老 山県有朋の別荘、無鄰菴(むりんあん)へ。

無鄰菴

無鄰菴無鄰菴無鄰菴

東山を借景にした奥行きのある池泉回遊式庭園です。ほんのりと色づいた紅葉もあって、母屋から眺めるお庭が素晴しい! 白鷺と青鷺が、池の浅瀬をゆうゆうと闊歩しています。何だかここだけ違う時間が流れているみたいですね。

その後、『琳派の伝統とモダン』と題し、神坂雪佳と江戸琳派の展覧会を開催中の細見美術館へ。ユーモラスにデザイン化された雪佳の『金魚玉図』に会いに行きます。展示室に入ると、それは丸いガラスの金魚鉢の中から、ヒレを広げてとぼけた顔でこちらを見ていました。他に、酒井抱一や鈴木其一なども。小ぢんまりした作品が大半でした。

細見美術館 神坂雪佳展

帰りは、松屋常盤で予約していた味噌松風を、ひつじで揚げたてのドーナッツを買ってお土産に。明るいうちに帰宅、早く目を休めなくては・・・
関連記事

| ◆京都 | 23:21 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

はじめまして

足跡から来ました 

栖鳳展 28日月曜日の特別鑑賞会でみてきました NHKネットクラブで案内が出ていたので応募したのです
休館日にゆっくりと見ることができてよかったです
雄風 ちょっとびっくりするような絵ですね
西宮の大谷美術館の「とら 虎 トラ展」で初めて見てびっくりしましたね
江戸時代の虎の絵を見た後でこの絵を見るとまるで着色写真のように感じましたわ
大獅子 たてがみのした毛というか フワフワとした部分の質感 すごいですね

ベニスのサン・ピエトロ大聖堂の表紙の小さなノート買ってきました

| TOSSY | 2013/11/01 21:11 | URL | >> EDIT

いらっしゃいませ、TOSSYさん

ご訪問ありがとうございます。

あ、そうでした! 大谷記念美術館でも展示されていましたね。
こんな瑞々しい絵が古希に描かれたものとはとても思えません。

休館日の特別鑑賞会に行かれたんですね。羨ましい!
この日も開館直後は並ぶことなく意外なほどスムーズでした。

大獅子は、眉間から鼻にかけてのビロード感も好きですね。
今回は班猫のネコちゃんに会えなくて残念でした。
ネコちゃんのファイルを買って我慢しました。

| まつよいぐさ | 2013/11/01 23:07 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

https://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/160-a2c53a3f

TRACKBACK

松伯美術館 「竹内栖鳳展」

積乱雲が湧き立つ残暑厳しい空の下、生駒山を越えて奈良の松伯美術館へ。今日8月23日は奇しくも竹内栖鳳の命日に当たり、今年は没後70年とのこと。 手入れの行き届いた起伏のある庭園に囲まれた松伯美術館は、閑静な住宅街の一角にある大渕池を借景にした落ち着いた佇まいで、只今松の剪定の真っ最中。こちらは、近鉄名誉会長 佐伯勇氏(故人)の旧邸宅です。   もう何度となく訪れて、上村松園・松...

| 待宵草の薄暮日記 | 2013/11/01 00:21 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>