FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

宇治田原町 旅の覚え書き Apr.2019 

観光地としてはそれほど知られていないローカルでも、ひっそりと伝統を守る昔からの暮らしぶりを、そこで出会った人から思いがけず見聞きしたりすると、印象深く忘れられない土地となります。

そんな場所のひとつが、宇治田原町。大阪や宇治から信楽へと続く街道沿いの、茶畑に囲まれた山里で、日本緑茶発祥の地。この日は『京都・南山城十一面観音巡礼』最後の参拝地・禅定寺と、その周辺をめぐりました。

京都・南山城十一面観音巡礼

まずは、禅定寺から。宝物殿のご本尊・十一面観音立像は、京都国立博物館へご出座の折に拝観しているはずなのに、お堂では圧倒的な存在感。藤原時代の寄木造。ご住職が「ほらっ」と指差される先に御衣黄(緑色の桜)が満開でした。

禅定寺1

禅定寺2

禅定寺3

禅定寺4

次に三十六歌仙の一人、猿丸太夫をお祀りする猿丸神社へ。道沿いの歌碑にはあの有名な歌が、やけにくっきりそれも楷書で。

猿丸太夫 歌碑

ここに来れば何かわかるかと思いきや、宮司さんに伺っても猿丸太夫はやっぱり謎の人物だそう。でも、時代を超え多くの歌人に崇められ慕われたということは確かなようです。

猿丸神社1

猿丸神社2

猿丸神社3

猿丸神社5

猿丸神社4

ランチのあとは、湯屋谷に移動。折角なので、抹茶ソフトクリームで一息入れてから茶宗明神社と永谷宗円生家へ。

現在私たちが飲んでいる香り豊かな緑茶の製法を考案したのが永谷宗円。その頃京では茶の湯文化の影響でお抹茶が最上級。そこで江戸に販路を求めてみるものの誰にも相手にされず、最後に訪ねた茶商山本屋がその美味しさに驚きすべて買い取り、「天下一」と名づけて販売すると爆発的な人気を呼んだということです。しかもその製法を独占せず全国に広めたのが凄いところ。

永谷宗円生家

茶商山本屋は、のちの「上から読んでも山本山、下から読んでも山本山」の山本山。こうして長い間Win-Winの関係が続きます。ちなみに宗円の子孫のお一人が東京に進出して創業したのが「味ひとすじ永谷園」の永谷園。

そんなお話を、復元された永谷宗円生家でお隣にお住まいの永谷家の奥さまからお伺いしました。公開日でもないのに幸運

最後に正寿院へ。重文の不動明王坐像を拝観したあと、新たに建てられた客殿に。色々と工夫を凝らした内装で、カップルや若い女子受けを狙ってますよね。お邪魔にならないようにそっと退散。

正寿院3

禅定寺5

正寿院

禅定寺→猿丸神社→ランチ(たなか屋) ・お茶の郷木谷山→湯屋谷会館→茶宗明神社→永谷宗円生家→正寿院
関連記事

| ◇京都 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

https://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/340-91d62fdb

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>