FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

岡山の旅② 吉備津神社・吉備津彦神社~笠岡市立竹喬美術館

朝からしっかり腹ごしらえをして、ホテルを出発。2日目は、まず吉備の中山の麓に鎮座する吉備津神社と吉備津彦神社を参拝します。

吉備津神社のご祭神は、第7代孝霊天皇の皇子・大吉備津彦大神。第10代崇神天皇が遠国を平定するために皇族から選んだ四道将軍の一人で、鬼ノ城に住む温羅を退治した方です。281歳で薨去されたのだとか。元は三備(美作を含む備前・備中・備後)の一宮で、備中国一宮。式内社の中でも特に霊験あらたかな名神大社でした。

松並木の参道を抜けると、手水舎が見えてきました。修復中の北随神門をくぐり石段を上がって拝殿前へ。

吉備津神社3

吉備津神社5

そしていよいよサイドからご本殿を拝観。比翼入母屋造という他に類を見ない独特の構造から吉備津造ともいわれる、なんとも優美な姿です。

吉備津神社4

吉備津神社2

吉備津神社8

創建は第16代仁徳天皇という説が有力ですが、過去2回焼失。鎌倉初期の造営では、あの東大寺を再建した重源さんの天竺様という建築様式が取り入れられ、外側に柱のないスッキリした外観に。室町時代には足利義満が再興し現在の社殿になったとのこと。よく見ると足利家の五七桐紋が棟の中央にありますね。拝殿・ご本殿ともに国宝です。

廻廊の全長は360メートル。備中の有力武士らが寄進して継ぎ足してこの長さに。受付でお願いすれば神職の方が簡単な説明をしてくださいます。

吉備津神社1

吉備津神社6

黄金色に実った稲穂を眺めながら吉備の中山みちを歩いて吉備津彦神社へ。こちらは備前国一宮。

吉備津彦神社2

吉備津彦神社4
吉備津彦神社1

吉備津彦神社3

このあと近くの最上稲荷山妙教寺に寄り道。伏見・豊川と並ぶ日本三大稲荷なのに日蓮宗のお寺という、ちょっと不思議な境内でした。

IMG_20190924_225655_convert_20190925013425.jpg

IMG_20190924_225756_convert_20190925013447.jpg

吉備路もてなしの館でコーヒーブレイクを。備中といえばこの景色。

IMG_20190924_230140_convert_20190925013624.jpg

そこから小1時間車を飛ばし、最後の目的地・笠岡市立竹喬美術館へ。

笠岡市立竹喬美術館1

小野竹喬は笠岡市出身。四条派の流れをくむ竹内栖鳳に師事し、京都で活躍した日本画家です。昭和51年には文化勲章を受賞。只今生誕130年記念の特別展「小野竹喬のすべて 至純の時代 1939-1979」を開催中。

笠岡市立竹喬美術館2

笠岡市立竹喬美術館3

季節が移ろう一瞬を切り取って、ただ美しいだけではない自然を、優しく澄んだ色彩で表現。どこか悲しみを帯びた空の青と白い雲が印象的。一人の画家の半生を画業を通して辿ります。

美術館を出ると4時半に。大阪まで200キロ・・・ ノンストップで飛ばします、もちろん安全運転で。

<2日目> 吉備津神社→吉備津彦神社→最上稲荷山妙教寺→吉備路もてなしの館→笠岡市立竹喬美術館

※詳細はクリックしてリンク先でご覧くださいませ。
関連記事

| | 02:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

https://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/345-6ea22e35

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>