FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

秋の吉野② 金峯山寺~吉野上千本~丹生川上神社下社・上社

翌日は朝5時起床。支度をし夜明け前の6時にお宿を出て金峯山寺へ。

DSC_0314_convert_20191119155425.jpg

ほどなく東の空が白み始めて、振り返れば蔵王堂にかかる有明の月。澄んだ冷気が体の奥まで染み渡ります。

DSC_0315_convert_20191119155453.jpg

IMG_20191119_150108_convert_20191119155517.jpg

6時30分から蔵王堂 朝座勤行に参加。最初に鐘が鳴り、続いて法螺貝や太鼓が鳴り響く力強い独特の勤行です。必死に経本の文字を目で追い声に出しながら、チラッと横を見ると修験道の方々は次々と印を結んでおられます。木魚の音を合図にお焼香、最後にお経を唱えながらお堂を回り全ての仏さまにお参りして終了。

お宿に戻って朝食を済ませ、歩いて上千本を目指しますが、これがなかなかの急坂。ようやく花矢倉展望台に着いたら、ご褒美の絶景が待っていました。

IMG_20191119_150527_convert_20191119155559.jpg

一息ついて吉野水分神社へ。こちらは、伊邪那岐命と伊邪那美命から生まれた水の配分を司る天之水分大神(あめのみくまりのおおかみ)が主祭神。三殿一棟造りのご本殿は、長い風雪を感じさせる風格。

DSC_0346_convert_20191119161719.jpg

DSC_0343_convert_20191119160005.jpg

ここで折り返して下千本まで戻り、次は車で下市町の丹生川上神社下社へと向かいます。

DSC_0352_convert_20191119160850.jpg

IMG_20191119_151126_convert_20191119160045.jpg

伊邪那美命が火の神・火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)を生んだのが原因で神避られたのを嘆いて、伊邪那岐命が十拳剣で火之迦具土神を斬殺した際、剣の柄についた血から生まれた水の神・闇龗神(くらおかみのかみ)が、こちらの主祭神。拝殿からご本殿へと続く木製七十五段の階(きざはし)は日本最長とか。

DSC_0358_convert_20191119160637.jpg

DSC_0361_convert_20191119162442.jpg

DSC_0364_convert_20191119160206.jpg

20191119_152402-COLLAGE_convert_20191119160239.jpg

DSC_0366_convert_20191119160311.jpg

最後は、川上村の丹生川上神社上社へ。ご祭神は高龗大神(たかおかみのおおかみ)とあり、下社の闇龗神と同じく斬殺された火之迦具土神の血から生まれたとされています。

DSC_0381_convert_20191119161003.jpg

DSC_0378_convert_20191119162000.jpg

DSC_0376_convert_20191119161223.jpg

旧社地は吉野川沿いにあり大野ダム建設に伴い水没、平成10年に山の中腹に遷座。水から離れてしまいましたが、吉野川が望めます。


<2日目> 金峯山寺→吉野 花矢倉展望台→吉野水分神社→丹生川上神社下社→丹生川上神社上社

今年東日本では大規模な水害が発生。今なお多くの人々が嘆き苦しんでおられます。そんな被災地に思いを巡らせながら、水の神様をお祀りする三社をお詣りし、心を込めて拙い祈りを捧げる旅となりました。
関連記事

| | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

https://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/355-348ef124

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>