FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

逸翁美術館 画家「呉春」池田で復活(リボーン)

先週の初め、京都国立博物館のボランティア仲間10人が北摂に集合。車2台で逸翁美術館と小林一三記念館へ。逸翁美術館では、現在池田市制施行80周年記念の“画家「呉春」池田で復活”展を開催中。この機会に『白梅図屏風』を皆に見てもらおうという私の企画です。

836befe0c4396c00556c22e4b10ef916_convert_20191124122807.jpg

呉春は金座年寄役 松村匡程の長男として京都で生まれ、20台前半で蕪村の門人となり絵画と俳諧を学び、応挙とも親交を深めて円山派様式を取り込んで四条派の祖となります。妻と父とを続けて亡くしたとき、蕪村の勧めで一時池田に移り住み温かく迎えられ、この地で名を呉春と改めたとのこと。

俳画から写実画まで、変遷しながら完成していく過程が興味深いですね。普段から国宝や重要文化財を見慣れている向きにはやや物足りないかもしれないけど、たまにはローカルな小ぢんまりした美術館で静かに鑑賞するのもいいでしょう。

歩いて数分のところにある小林一三記念館は、阪急東宝グループの創業者・小林一三氏の旧邸で、雅俗山荘と呼ばれた洋館。以前は逸翁美術館として50年にわたり利用されていました。

_convert_20191124122830.jpg

この日はこちらのレストラン「雅俗山荘」で贅沢ランチを奮発。小林一三氏がご家族や時には招待客らと食事をしたという格調高いレトロなダイニングが素敵です。

IMG_20180124_175921_convert_20191124123444.jpg

ランチのあとは館内や庭園のお茶室を見学。そして最後に紅葉の始まった箕面の勝尾寺へ。

IMG_20191112_190329_convert_20191124122937.jpg

IMG_20191124_124934_convert_20191124125151.jpg

こちらは高野山真言宗の寺院ながら、一歩足を踏み入れるとテーマパークさながらの仕掛けで初めて訪れる人を驚かせます。

DSC_0242_convert_20191124123020.jpg

IMG_20191112_190527_convert_20191124123047.jpg

DSC_0230_convert_20191124123157.jpg

IMG_20191112_190406_convert_20191124123228.jpg

ゆっくりお参りして、この日の予定は無事終了。
関連記事

| ◆大阪 | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

https://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/356-13751546

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>