FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

奈良 春日原始林遊歩道~若草山山頂 紅葉だより

いつものウォーキングコース・箕面滝道は、この時期それはもう大混雑。特に土日となれば駅前から紅葉狩りの人・人・人で埋め尽くされます。そんなわけで、12月初めの日曜日は昨年見つけた紅葉ハイキングの超穴場へ。

8時前に家を出て、奈良の春日大社へ向います。お詣りを済ませたら、春日奥山遊歩道登り口から春日大社の神山・春日山へ。そこは千年以上伐採が禁じられ手つかずの自然が残る常緑広葉樹の原始林。木漏れ日がさす遊歩道は落ち葉を敷き詰めたようで、見上げれば木々が赤や黄に色づき輝いています。

IMG_20191202_015538_convert_20191202190332.jpg

『奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞くときぞ 秋は悲しき』ここを歩くと、猿丸大夫の歌を思い浮かべずにはいられません。途中、滝坂妙見宮の奥の院まで急な石段を上がってお詣り。奈良奥山ドライブウェイに出て若草山山頂まで歩きます。すれ違う人も数えるほど。

IMG_20191202_020213_convert_20191202190445.jpg

DSC_2303_convert_20191202190422.jpg

IMG_20191202_020737_convert_20191202190511.jpg

DSC_2317_convert_20191202191011.jpg

若草山山頂に着くと、少し賑やかに。山頂は遮るものがないので、遠くまで雄大な景色が望めて開放感抜群の気持ち良さ。向こうに見える山の中腹には霞がたなびいて、『大和は 国のまほろば たたなづく 青垣山ごもれる 大和し 美し』。


DSC_2285_convert_20191202213526.jpg

山頂の鹿さんたちはお昼寝タイム。

IMG_20191202_182351_convert_20191202191052.jpg

ベンチに腰掛け景色を眺めながらお弁当を。そのあと若草山を下って手向山八幡宮へ向うと、月次祭のあと雅楽が演奏されていました。東大寺大仏殿の中門前の人波をかき分け、春日野園地の紅葉と鹿を愛でながら吉城川沿いを歩いて、三社池前で休憩。

IMG_20191202_021402_convert_20191202191154.jpg

IMG_20191202_182727_convert_20191202191243.jpg

IMG_20191202_182941_convert_20191202191402.jpg

IMG_20191202_183159_convert_20191202191501.jpg

これにて今年最後の紅葉狩りは滞りなく終了。6時間ちかくの野外活動に、日焼けでお顔がヒリヒリ

IMG_20191201_234549_convert_20191202193414.jpg
関連記事

| ◇奈良 | 20:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

若草山、きれいですね

 若草山というと、春のイメージですが、秋もきれいですね。東大寺や、寺社の行事も、古都らしくて素敵です。

| ひねくれくうみん | 2019/12/03 15:05 | URL | >> EDIT

こんばんは、ひねくれくうみんさん

ご訪問ありがとうございます。お元気そうで何よりです。

奈良公園は観光客でいっぱいなのに、ちょっと登っただけで若草山や春日山は別世界です。でも若草山に登れるのも12月の第2日曜日までなんですよ。

日焼けと乾燥でシワシワになりました。連日パックしてみましたが、効果はe-350

| まつよいぐさ | 2019/12/03 20:12 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

https://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/359-e63b0554

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>