FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

神宮参拝① Dec. 2019 

今年2度目、令和になってから初めてのお伊勢参りへ。今回は昔の習わし通り、二見興玉(ふたみおきたま)神社でお祓いをしてから神宮に。そして最後は神宮の鬼門を守る金剛證寺へお参りします。2月にはまだ修理中だった神宮美術館とせんぐう館もじっくり観覧。

例年に比べ穏やかな暖かい日が続いていたのに、出発日は時々小雨混じりで風も強く、視界も悪そうなので少し回復を待って車で出発。まずは、二見ヶ浦へ。そこには変わらない夫婦岩が。小学校の修学旅行以来という懐かしさ。

IMG_20191220_205135_convert_20191226165622.jpg

IMG_20191220_205001_convert_20191226165646.jpg

この夫婦岩は、海中に沈む猿田彦大御神の興玉神石と日の大神(日の出)を遥拝するための鳥居だとか。海沿いの細い参道の奥には、かつて伊勢神宮にお参りする人々が先にこちらで禊をしたという二見興玉神社。隣には天の岩屋。境内にはカエルがいっぱい。

IMG_20191220_204516_convert_20191226165705.jpg

IMG_20191226_171131_convert_20191226181819.jpg

IMG_20191220_205433_convert_20191226165734.jpg

みそぎ橋を渡ったすぐ横にある伊勢夫婦岩めおと横丁で 赤福のおぜんざいを。休憩のあとは、神宮美術館へ。こちらでは、神宮式年遷宮の折に献納された近代・現代作家の美術品が納められています。


庭園では落ち葉が舞い散る中、四季桜が咲いていました。美術館は外観ばかりでなく館内も大層格調高く重厚。他に誰も居なかったけど、思わず背すじが伸びます。中庭や庭園が望める休憩室にも特別感が。今回は、加藤東一氏の『かたらい』が心に残りました。

DSC_2323_convert_20191226170324.jpg

DSC_2318_convert_20191226181839.jpg

一日目の最後は、豊受大神宮(外宮)に参拝。夕方近くだからでしょうか、神気が強く感じられて身が引き締まります。

IMG_20191220_210302_convert_20191226170005.jpg

IMG_20191220_210556_convert_20191226170101.jpg

今回もお宿は神宮会館で。一人でも気軽に宿泊できて、清潔で過不足なく親切で安心。翌日はいよいよ皇大神宮(内宮)へ。6時半から宿泊者限定の早朝参拝に参加します。早く寝なくちゃと思いながら、気分が高揚してほとんど眠れず…小学生並み(いつものことです)。
関連記事

| | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

https://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/364-610004c9

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>