FC2ブログ

待宵草の薄暮日記

今は趣味三昧の気ままなひとり暮らし。 覚悟をもって毅然と、でも時には誰かのために熱くなる、そんな日々の徒然を綴っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

それでも、けなげに花は咲く

今年の春はどこも寂しい・・・ 弾むような笑い声も、輝くような笑顔もない。

奈良・賀名生梅林 (3/9)

IMG_20200309_220102_convert_20200402122935.jpg

IMG_20200309_215825_convert_20200402122913.jpg

西吉野の丘陵をおおいつくすように咲く2万本の梅。南北朝時代に都を追われた公家たちも眺めたという風景。


嵐山・高雄パークウェイ (3/25)

IMG_20200325_221632_convert_20200402123252.jpg

IMG_20200325_220220_convert_20200402123036.jpg

IMG_20200325_220652_convert_20200402123123.jpg

IMG_20200325_220617_convert_20200402123227.jpg

IMG_20200325_220504_convert_20200402123057.jpg

鮮やかなミツバツツジが咲くワインディングロードを走る。高雄大駐車場から眺める西明寺裏山のミツバツツジは咲き始めたばかり。


醍 醐 寺 (3/25)

IMG_20200325_221848_convert_20200402123314.jpg

IMG_20200325_222010_convert_20200402123420.jpg

DSC_3162_convert_20200402123455.jpg

IMG_20200325_223107_convert_20200402124006.jpg

IMG_20200325_223011_convert_20200402123532.jpg

IMG_20200325_223349_convert_20200402131218.jpg

20200402_131032-COLLAGE_convert_20200402131337.jpg

豊太閤花見行列が中止のせいか、いつもの桐紋の入った紅白の飾り幕もなくひっそり。しだれ桜だけが艶やかに。


京都・西陣界隈の桜 (3/27)

DSC_3214_convert_20200402124350.jpg

IMG_20200327_201310_convert_20200402124123.jpg

IMG_20200328_114102_convert_20200402124157.jpg

DSC_3225_convert_20200402124422.jpg

IMG_20200328_113946_convert_20200402124448.jpg

IMG_20200328_113856_convert_20200402124527.jpg

IMG_20200328_113809_convert_20200402124556.jpg

時々小雨が降る日、早く終息しますようにと祈りを捧げる。見上げると桜が優しい。


疫病蔓延、歴史は繰り返す。でも、現代には積み重ねてきた科学の力がある。それを信じて要請を受け入れ、家にて自粛。
関連記事

| 関西のたからもん | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

https://matuyoi1203.blog.fc2.com/tb.php/368-8ebf2156

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>